トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

長期間乗っている自動車は、おのずと走行距離が多くなり、いつしか乗れない状態になってしまうものです。走行距離が多いほど、メンテナンス代などがかかりますが、はたして走行距離に限界はあるのでしょうか。

この記事では、走行距離の限界の目安になるタイミングベルトにフォーカスします。さらに、タイミングベルトとはどういった部品なのかや、交換方法、費用についても触れていきましょう。「走行距離の限界を知りたい」「自動車を買い替えるか修理するか迷っている」という人は、ぜひ参考にしてください。

走行距離の限界の目安になるのはタイミングベルト

タイミングベルトは、エンジンに欠かせない自動車のパーツです。タイミングベルトを交換する時期が、走行限界の目安になり、切れるなどの故障をした場合、自動車にも影響があります。そのため、早めに交換して、未然に事故を防ぐことが求められています。

タイミングベルトとはなにか

タイミングベルトは、自動車のパーツの中で非常に重要な役割を担っています。エンジンは空気を取り込み、そしてマフラーへと汚れた空気を送りますが、タイミングベルトはそのタイミングに関わるパーツです。

仮にタイミングがおかしくなってしまった際は、エンジンに不具合が出てしまいます。そして、自動車事故にもつながるので、タイミングベルトの交換は、安全運転のためにも必要不可欠です。

タイミングベルトの交換時期が走行限界の目安になる

タイミングベルトは、どれぐらいの時期で交換すればよいのでしょうか。走行距離であれば、10万kmが目安で、年数でいえば約10年です。そのため、人によっては修理することはなく、買い替えを選択する場合もあります。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

当然ながら、車種や自動車の扱い方などによって、交換時期が早まることも考えられます。軽自動車のほうが、早めに交換する可能性が高いでしょう。

タイミングベルトが切れるとどうなるのか

タイミングベルトが破損した場合、エンジンの反応がなくなります。そのため、走行中の車は減速してしまいます。自動車がたくさん走っている道路だったとしたら、非常に危険な状態だといえるでしょう。

また、回り続けているピストンがバブルに当たり、両方が壊れてしまうリスクもあります。タイミングベルトは、何の脈絡もなく切れてしまう部品なので、交換時期を目安に、事前に対応しておくことをおすすめします。

目安よりも早めに交換をしておこう

タイミングベルトは、約10万kmを交換する時期としていますが、走行距離7~8万km程度でトラブルが発生するケースが多く見られます。そのため、早めに交換したり、小まめにメンテナンスしたりすることを心掛けましょう。切れてしまう前に交換して、事故を起こさないようにしてください。

タイミングベルトの交換方法や費用を知っておこう

タイミングベルトは、どのように交換して、交換の際はどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。交換してくれる場所やかかる費用のディテールについて、取り上げていきます。

どこで交換してもらえるのか

タイミングベルトは自身で交換可能ですが、非常に難易度が高く、手間や時間もかかります。そのため業者に依頼して、確実に修理してもらったほうがよいです。

交換してくれる場所は、ディーラーだけでなく、整備工場、カー用品店などでも可能です。まずは見積もりを取り、各店舗の金額を比較して、自分に合った場所を選ぶようにしましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

交換にかかる費用について

タイミングベルトの交換費用は、自動車の排気量によって異なります。タイミングベルトそのものは、高いわけではありません。また、周辺パーツを一緒に交換する可能性もあるので、その分費用がプラスされます。

タイミングベルト自体は比較的安価

タイミングベルトを交換する費用は、普通自動車の場合、3,000円~8,000円ぐらいかかります。軽自動車はこれほど広い価格幅はなく、約3,000円です。これらの金額は、タイミングベルトそのものの値段であり、工賃とは異なります。

排気量によって異なる工賃

工賃は、排気量の大小によって異なります。排気量の少ない普通車は25,000円程度、大きい普通車は40,000円~60,000円程度です。軽自動車なら、もちろんもう少し費用は安くなります。エンジン周りの修理となり、大がかりなメンテナンスに分類されるので、全体的に工賃は高めになるでしょう。

周辺部品の交換が必要な場合もある

およそ10年を目安に交換するタイミングベルトですが、ほかの自動車のパーツ交換を勧められるときがあります。例えば、ウォーターポンプやエンジンオイルなどは、交換時期が一緒になる可能性があるでしょう。その場合、同時交換で工賃を抑えられるときもあるので、交換を検討してみてはいかがでしょうか。

買い替え予定ならタイミングベルトは交換しないでおこう

長年乗っている車を買い替える予定のある人は、タイミングベルトを修理しなくても構いません。なぜなら、損するリスクがあるためです。買い取りを依頼する際は、業者選びには慎重になりましょう。

査定前のベルト交換は費用を損する可能性が高い

タイミングベルトを交換して、その自動車を売却したとしても、査定額に大きな影響はありません。そのため、交換費用分だけ損してしまう可能性があります。

だからこそ、買い替え予定がある人は、タイミングベルトは交換しないでおきましょう。また、できるだけ査定額を上げたい人は、ディーラーではなく買取業者がおすすめです。

買取サービスならカーネクスト

故障車、多走行車、不動車、旧式車などであれば、カーネクストがおすすめの業者です。なぜなら、どんな状態の自動車でも、0円以上の買取保証をしているためです。車種によっては、高値査定も実現できるでしょう。広い販路を持っているからこそ、0円以上で引き取るサービスを実施しています。

また、廃車に関する費用もかからない特徴があります。全国対応のレッカー費用や、面倒な手続きを代わりにしてくれる、廃車手続き代行費用も無料です。他業者の場合、これらの費用に数万円かかってしまう可能性もあります。査定も無料なので、まずは金額を確かめてみましょう。不明点は、フリーコールで相談できます。

参考:カーネクスト

タイミングベルトと走行距離の関係を知って早めの交換をしよう

タイミングベルトが切れてしまったら、自動車の走行が難しいです。走行距離約10万km、年数約10年が交換時期の目安ですが、早めに交換することをおすすめします。なぜなら、故障する前兆がないパーツだからです。

工賃は高めに設定されていますが、他パーツと同時交換すれば、コストを抑えられることも可能です。ただし、自動車を買い替える場合は、交換しても査定にほとんど影響されないため、無理に交換する必要はありません。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!