トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は使用を続けていると少しずつ消耗し、いつかは完全に壊れてしまいます。故障する、あるいは継続使用の負担が大きくなると処分を考えますが、リサイクルのことを頭に入れておかなければなりません。

車とリサイクルは密接な関係にあり、法律で決められている部分もあります。車のリサイクルに関する法律や、費用についての理解を深め、上手に愛車を手放しましょう。

自動車リサイクル法とは

車のリサイクルに関する法律に、「自動車リサイクル法」というものがあります。これは簡単にいえば、車を正しい方法でリサイクルし、資源を再活用するための法律です。車は各種パーツが組み合わさってできていますが、大きく分けると鉄や樹脂といった資源になります。

廃車時には、車を解体して処分してしまいますが、処分といっても全て捨てるわけではありません。捨てるどころかリサイクルに活用して、大部分は再利用されています。

しかし、解体して再利用するためにはお金がかかります。そのため、環境への配慮の一助を車の使用者が担うためにも、自動車リサイクル法でリサイクル料金が定められています。リサイクル料金は、車の解体やリサイクルにかかる費用を、使用者が一部負担するものと考えればよいでしょう。

そのため、解体処分する際には必要な費用で、解体費用とは別にリサイクル料金を支払い、車を処分してもらわなければなりません。

車のリサイクル料金はいくら?

自動車リサイクル法で定められているように、車を処分する際には、リサイクル料金を支払わなければなりません。リサイクル料金は処分にかかる必須の費用ですが、いくらかかるのか疑問視する人は多いでしょう。

自動車リサイクル法に該当する車は非常に多く、一部例外的なものもありますが、ほぼ全ての車両は該当し、リサイクル料金の支払いが必要です。一般的に使用されている、普通自動車、軽自動車は当然支払いが必要なため、リサイクル料金についての基本的な理解を深めておくことが大切です。

相場は20,000円以内

リサイクル料金の支払いは義務付けられていますが、金額までは固定で決まっているわけではありません。車によって料金は違い、大体20,000万円以内で収まることが多いと考えましょう。軽自動車なら安くて7,000円程度、高いと15,000円程度です。

普通自動車は10,000円程度からが多く、高いと17,000円前後になるでしょう。リサイクル料金は、車に搭載されている装備によって金額が変わり、エアバックの数やエアコンの有無によっても違ってきます。基本的には装備が少ないほど、解体作業は簡単でリサイクルもしやすいため、費用はそれほどかかりません。

反対に装備が多く、作業やリサイクルに手間がかかる場合は、同じ車種でも費用が高くなりやすいことは、理解しておきましょう。

支払いは購入時か車検時が多い

リサイクル料金支払いのタイミングは、決まっているわけではありませんが、基本的には購入時に先払いすることが多いでしょう。購入時に支払っていない人は、車検更新のタイミングで支払うことも多いです。どちらにしても先払いが基本で、最後まで支払わないというケースは少ないです。

仮にリサイクル料金を支払っていない場合は、解体処分時に料金を支払う必要があるので、結局いつ払っても負担は同じと考えましょう。タイミングによって金額が変わることもないので、忘れないうちに支払っておくことをおすすめします。

リサイクル料金を支払うと、リサイクル券が発行されます。これがリサイクル料金を支払った証明になるので、なくさないように保管しておきましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

廃車時にリサイクル券がない場合

廃車する際にはリサイクル券が必要で、解体する際にはこれを提出しなければなりません。リサイクル券がないと、リサイクル料金が未払いと判断されるので、注意が必要です。リサイクル券をなくしてしまった場合は、自動車リサイクルシステムから預託状況を検索し、その画面を印刷して代用しましょう。

リサイクル券は再発行ができないので、紛失した場合は、預託状況の印刷画面を利用するしかありません。預託状況は、車両番号といった基本的な情報を入力すると表示されます。紛失しているなら、こちらの画面を印刷したものを持って行き、廃車手続きを行いましょう。

参考:自動車リサイクルシステム

資産運用

売却時には車のリサイクル料金を還付してもらおう

車のリサイクル料金は支払ってばかりではなく、実は還付される場合があります。それが売却のタイミングで、このときにはきちんと還付をしてもらわなければなりません。

リサイクル料金は解体費用の先払い

そもそもリサイクル料金とは、解体にかかる費用を一部車の使用者が負担し、先払いしているものです。そのため、解体処分しないなら、先払いしている分、余計な費用を支払っていることになります。売却するなら、解体はなしで次の所有者に移るため、先払いした分を取り戻さなければなりません。

もちろん、売却時にリサイクル料金が未払いの場合は、新しい購入者が負担するだけで、自身に還付されることはないので覚えておきましょう。また、同じ手放す場合でも、解体処分するなら、先払い分のリサイクル料金が適用され、この場合も還付の対象にはなりません。あくまで、解体せずに手放す場合のみ、還付の対象になります。

業者依頼の場合は還付金の確認を

車を売却する際には、業者に依頼して買い取ってもらうことが多いでしょう。このとき、買取金額や廃車時にもらえる税金の還付に加えて、リサイクル料金の還付についても問い合わせておかなければなりません。業者によっては還付分の申告をせずに、全て自分たちの取り分にしてしまう場合があります。

還付金についての説明をしてくれない業者は、信頼度が低いので利用は避け、きちんと説明してくれる信頼できる業者を利用しましょう。

廃車買取で手続きをスムーズに

車を手放すなら、廃車買取の利用がおすすめです。廃車買取なら費用をかけずに車を手放せますし、買取金額に応じて資金化も可能です。状態が悪い車でも、少なからず値を付けてもらえることは多いので、積極的に利用しましょう。

カーネクストでお得に廃車買取

カーネクストは0円以上での買取保証を行っており、車両の引き取りや廃車代行手続きまで、無料で実施しています。加えて、還付金についての説明もきちんと行っているので、信頼できる業者といえるでしょう。

処分に費用をかけずに、少しでも高値で買い取ってほしい、愛車をお得に手放したいという人にはおすすめの業者です。

参考:カーネクスト

車は正しい方法で処分してリサイクル

車は資源の塊であり、処分時にはきちんとリサイクルしてもらわなければなりません。リサイクル料金は、解体費用の一部を使用者が担うもので、法律で義務付けられています。車が資源であることを認識し、正しい方法で処分して、環境への配慮も行いましょう。

0円以上買取保証