トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は持っていると便利ですが、必ずしも必要とは限りません。絶対に無いと困るという人がいる一方で、別に無くても困らない、あればたまには使う程度の人もいます。

車は保有しているだけでもコストになるので、不要になったなら手放すことも考えましょう。車を手放す際にはどのような点に注目すべきかを知り、最適なタイミングを見つけましょう。

車を手放すメリット・デメリット

不要なものは手放し、身の回りをすっきりさせるのは大切で、ミニマリスト的な生活に憧れを持つ人もいるでしょう。実際に車を手放すことで得られるメリットは存在し、環境次第では早々に手放したほうがよい場合もあります。

しかし、反面手放すことによって生じるデメリットもあるので、これも押さえておかなければなりません。深く考えずに処分すると、デメリットが大きくなって困る可能性もあります。メリット・デメリットは両面とも確実に存在するので、自分にとってどちらが大きくなるかを考えましょう。

節約できるのは大きなメリット

車を手放す最大のメリットは、大幅な節約になることです。車は購入時にお金がかかるだけではなく、維持するのにもかなりの費用を必要とします。固定で必要な費用を考えると、毎年課税される自動車税や2年ごとに必要な車検の費用が挙げられ、この時にも税金や保険料は支払わなければなりません。

加えて、故障したなら修理に費用がかかり、日常的な使用ではガソリン代もかかります。使用頻度や使い方によって維持費がどれだけかかるかは異なりますが、もろもろ合計すると月に数万円以上かかっているということも多いでしょう。

車を手放すことで、これらの費用が一切なくなるため、毎月の出費は大きく減って生活の負担を軽減させられます。

生活に不便を感じやすいのはデメリット

車を手放すと、当然車を利用した移動ができなくなり、行動に制限が出やすいです。車が使えないことで、長距離の移動が難しくなることはもちろん、荷物が多い場合の移動にも支障が出やすいです。例えば普段買い物で使用していた場合は、荷物の持ち運びだけでも不便を感じてしまうでしょう。

また、どこかに出かけるとなった場合も、公共交通機関を利用しなければなりません。都市部でアクセスがよいなら問題はありませんが、地方でアクセスが悪い場合は、特に大きなデメリットとなって降りかかってくるでしょう。

交通の便がひとつなくなってしまうので、手放すなら日常生活の移動に支障が出ないかをよく考えてから決めましょう。

後悔しない車を手放すタイミング

車を手放す際には、メリット・デメリットから考えることが大切ですが、それだけではなくいつ手放すのか、タイミングも重要です。タイミング次第でメリットとデメリットのどちらが大きくなるか変わることも多いので、上手に見極めなければなりません。

また、自分に合ったタイミングを選ぶことで、手放す際の決断の後押しにもなり、処分に迷いもなくなるでしょう。おすすめのタイミングは、大きく3つに分けられます。

ライフスタイルの変化

居住地の移動や子供の成長といった、ライフスタイルの変化は、愛車を手放すことを考えるタイミングのひとつです。車は環境次第で必要、不要が変わってくるものです。例えば地方から都市部に引っ越したなら、渋滞が多く、公共交通機関が整備されているので、不要になることが多いでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

子供の成長でみても、家族が増えるなら大きな車が、独立して乗車人数が減るなら小さい車が適しています。その時のライフスタイルに合わない車なら手放すことを考え、必要に応じて買い替えを選択するのがおすすめです。また、完全に車が不要なら、手放すだけで終わってもよいでしょう。

車検前

車検前も手放すことを考えるタイミングのひとつで、車検時にかかる費用を参考にするとよいでしょう。簡単に言えば車検の費用が高く付くなら手放して買い替え、安いなら車検を更新して継続して使用するのがおすすめです。

車検時には、保険料や税金の法定費用に加えて、整備・メンテナンスの費用が必要です。法定費用は基本的には固定ですが、整備・メンテナンスの費用は車の状態によって変わります。古くなり、よく使っている車ほど劣化は進んでおり、費用がかかりやすい傾向にあります。

場合によっては1回の車検で買い替えができるほどの費用が必要な場合もあり、それだけ高いなら手放したほうがお得です。車検は更新しても、また2年後必要で、回数を重ねるごとに費用が高く付くことがほとんどです。ある程度コストアップしてきたと感じたなら、車検更新前に手放すことを考えましょう。

故障・不具合が発生した時

故障や不具合が発生した場合も、修理費が高い、あるいは直しても劣化したままなら手放すことを考えましょう。車の故障は大抵のものなら直して使えますが、故障の程度や箇所によっては、莫大な費用がかかることもあります。

例えばエンジンやフレームが故障した場合、高いと50~100万円以上かかることもあるでしょう。高すぎる費用を払い、かつ状態がそれほどよくならないなら、修理せずにそのまま手放すのがおすすめです。

車を手放す際の手続き

車を手放す際には、廃車手続きを行わなければなりません。廃車は名義だけを抹消する一時抹消登録と、車体を解体して行う永久抹消登録の2つに分けられます。

完全に手放すなら永久抹消登録を、車体は保存する、あるいは売却するなら一時抹消登録を行いましょう。どちらの手続きも、普通自動車なら運輸支局で行えます。

廃車買取で手放す手続きを簡略化おすすめ

車を手放す際の廃車手続きは自分でやるのは面倒になりやすいため、業者に依頼するのがおすすめです。廃車を代行してもらい、かつ車を手放したいなら廃車買取業者を利用しましょう。廃車買取業者なら、廃車手続きを代行してくれるだけではなく、買取によって車を引き取ってくれます。

カーネクストは廃車手続きも無料で代行

通常廃車手続きの代行には1万円程度の手数料がかかることが多いですが、カーネクストなら無料で行ってもらえます。手続きの代行だけではなく、査定から車両の引き取りまで無料なので、手放す際に余計な費用をかけずに済むでしょう。

また、0円以上での買取保証も行っているので、古くなって状態の悪い車でも値段を付けてもらえます。単に手放すだけではなく、資金化してお得に処分できるのも、カーネクストならではの魅力です。

参考:カーネクスト

本当に手放してもよいかをよく考えよう

愛車を手放す際には、処分して本当に後悔しないか、よく考えることが大切です。深く考えずに手放して後悔したり、実際的に不便を感じたりする人も多いです。手放す際にはメリット・デメリット、適切なタイミングから方法まで考慮して、上手に処分を検討しましょう。

0円以上買取保証