トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

愛車を処分するためには廃車手続きが必要で、車体ごと手放す永久抹消登録の場合、事前にスクラップしなければなりません。スクラップ処分には費用がかかり、これがいくらなのか気になる人は多いでしょう。

余分なコストをかけずに処分するためにも、料金の相場や節約の方法を紹介するので、事前に知っておきましょう。

車をスクラップにした場合に発生する料金

車をスクラップ処分する際には費用がかかりますが、このときの料金は複数のものに分けられます。スクラップのコストを考える場合は、全体の料金を合算しなければならないので、何にどれだけの費用がかかるのか知っておきましょう。料金がかかる項目は複数ありますが、方法次第ではお金をかけずに済むものもあります。

車を解体するのにかかる費用

スクラップとは解体処分のことなので、解体費用が発生します。解体費用は、実は明確に決まっているわけではなく、業者によって違うので注意しなければなりません。また、車種によって変わることも多く、基本的には軽自動車やコンパクトカーほど安く、大型の車ほど高くなると考えましょう。

相場は10,000~20,000円程度ですが、高い業者だと30,000円以上かかることもあります。業者ごとに金額の差があるので、複数社の料金を比較したほうがよいでしょう。

車の運搬にかかるレッカー費用

故障したり、車検切れで動かせなかったりする車は、スクラップ工場まで運んでもらわなければなりません。運搬にはレッカー費用が発生し、距離や車種によって料金は変動するので、注意が必要です。その時々の条件によって金額が変わるので、一概にいくらとはいえませんが、少なくとも10,000円以上はかかると考えましょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

走行距離が長いとさらに料金は高くなり、カスタムカーのように普通の車と違って運搬しづらいものは、特別料金が発生する可能性もあります。どのような車でも、自分で持ち込むならレッカー費用はかからないので、動く限りは持ち込みをおすすめします。

車のリサイクル料金

車の解体については法律で厳しく定められており、使用者が解体費用の一部を負担しなければならない決まりです。これはリサイクル料金と呼ばれるもので、車種によって違いますが、安くて6,000円、高いと18,000円程度かかるでしょう。

リサイクル料金は、購入時や車検更新時に先払いしていることも多く、すでに払っているなら廃車時に支払う必要はありません。リサイクル券を持っているなら支払いは済んでいるので、廃車時には不要と考えましょう。

また、万が一リサイクル券を紛失しても、廃車時にリサイクル料金を二重取りされる心配はありません。自動車リサイクルシステムで預託状況を検索すると、支払いの有無が分かり、その画面を印刷しておくことで、リサイクル券なしでも廃車できます。

抹消登録にかかる料金

永久抹消登録の際の手数料は無料ですが、申請書の購入に100円程度かかります。また、印鑑証明書の発行料金も併せると、全部で数百円程度必要です。書類の代金はそれほど高くなく、複数必要でも大体1,000円以内には収まります。

車のスクラップ料金を抑えるためのポイント

愛車をスクラップにするためには複数の費用がかかり、料金を総額すると50,000円以上かかる場合もあります。ただ手放すだけに、それだけのお金をかけることはもったいないので、少しでも安く済むように工夫しなければなりません。スクラップ処分する場合でも、料金は抑えられるので、その方法を知っておきましょう。

抹消登録は自分で行う

抹消登録は、業者や行政書士に代行してもらうと便利で、手続きもスムーズに完了します。しかし、代行依頼には手数料がかかり、安くても10,000円、高いと30,000円程度かかる場合も少なくありません。抹消登録は、手順さえ知っていれば自分でもできるので、費用節約のためには、できるだけ自分でやったほうがよいでしょう。

普通自動車なら運輸支局、軽自動車なら軽自動車検査協会で登録は可能です。それぞれ必要な書類を持ち込み、不備のないように書き込んで提出するだけです。もし、運輸支局が開いている平日の日中に時間が取れるなら、自分でやることがおすすめでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

廃車手続きが終わったら還付金を受け取る

スクラップ処分にはお金がかかりますが、解体を前提とした永久抹消登録の場合、廃車によって複数の還付金が得られます。廃車する時期や、車検の残存期間によって異なりますが、永久抹消登録なら、自動車税と自動車重量税が戻ってくるので、必ず手続きを行いましょう。

また、軽自動車の場合、軽自動車税は戻りませんが、スクラップ処分なら普通自動車と同様に、重量税は還付対象です。廃車後の手続きになりますが、普通自動車でも軽自動車でも、保険の有効期間が残っているなら、解約すると自賠責保険も還付されます。

自賠責保険は廃車時ではなく、廃車後と解約のタイミングが独立しているので、忘れないように素早く手続きを済ませましょう。

スクラップ業者の車買取相場

廃車予定の車は、解体処分してもらうだけでなく、実は買取にも出せます。解体を請け負うスクラップ業者でも、車の買取をやっている場合があるので、費用をかけたくないなら売却がおすすめです。スクラップ業者の買取は、車本体の価値ではなく、鉄の価値として買取金額が決まります。

そのため、大きい車ほど高く、小さい車は安くなると考えましょう。鉄の相場によっても値段が変動しますが、大体10,000~30,000円くらいの金額にはなります。場合によっては、さらに値段がつく可能性もあるので、費用をかけて処分するよりは断然お得です。

スクラップ以外で車をお得に処分するには

「車の処分=スクラップ業者に引き渡す」とイメージする人も多いかもしれませんが、実はそうとは限りません。仮に、最終的な処分がスクラップだったとしても、これ以外の処分方法はあります。廃車予定のボロボロの車でも、お得に手放すために、スクラップ以外の処分方法を知っておきましょう。

廃車買取専門業者に依頼する

廃車寸前の車は、買取に出しても値をつけてもらえないことも多いですが、廃車買取専門業者は違います。廃車買取専門業者は、自走できない車でも、パーツや素材としての価値を見出してくれるので、値段をつけて買い取ってくれることが多いです。

買取相場を比較しても、スクラップ業者より高いことがほとんどなので、よりお得に手放したいならおすすめの業者といえるでしょう。

カーネクストに買取を依頼する

廃車買取専門業者の中でも、特におすすめなのがサービスの充実したカーネクストです。カーネクストは、どのような状態の車でも、0円以上での買取保証をしています。

加えて、通常費用がかかるはずのレッカー引き取りや、廃車手続きの代行まで無料なので、コストは一切かかりません。コストゼロで少なからず査定額をつけてもらえるので、ボロボロの車でも資金化して処分できます。

参考:カーネクスト

スクラップ料金を把握して車をお得に処分しよう

車のスクラップ料金は、複数の費用で構成されていますが、必ずしも全て必要なわけではありません。処分方法を工夫すれば、一部費用を抑えるか完全に除外して処分できます。

何にいくらかかるのか、どのようにすれば安くなるかを正しく把握して、少しでもお得に愛車を手放しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!