トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

事故に遭うと、愛車が修復できないほどに損傷してしまうこともあるでしょう。また、修理はできても費用が高く付きすぎる、直しても不具合が残るといった理由で、修理を諦めることも少なくありません。事故車を手放す際には解体処分を検討する人が多いかもしれませんが、実は買取査定に出すことも可能です。

減額はされても買い取ってもらえることは多いので、諦めずに査定に出し、少しでもお得な処分を目指しましょう。

事故車の査定額はどのくらい下がる?

事故車でも買取に出し、値を付けてもらうことは可能です。しかし、損傷している以上、通常よりも査定額が安くなるのは事実で、実際にどれくらい減額されるのか気になる人は多いでしょう。せっかく買取に出しても、ほとんど値が付かないなら修理して継続して乗ることを考える人もいます。

買取に出すとどれくらい減額されるのかを知り、修理と買取による処分、どちらがお得か判断の材料にしましょう。

30万円~半額程度減額される

ひとくちに事故車といっても、車によって損傷の程度は違います。小さく傷がついただけで済むこともあれば、激しくダメージを受けて故障することもあるでしょう。ひどく故障するほど査定額も大きく減額され、場合によっては30万円から半額程度まで評価額が落ちることもあります。

反対に小さな傷程度で済むなら、事故車でもほとんど値が下がらないということもあります。小さくても傷があると減額されるのは確かですが、使用に問題がない程度なら、数千円から数万円程度ということが多いです。数十万円単位で減額されるのは、大破と呼べるレベルのダメージを受けた場合です。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

修復歴の有無が重要

事故車の査定額がどれくらい下がるかは、修復歴が付くかどうかが大きく影響します。修復歴とは、車の骨格部分を損傷、修理した際につく履歴です。骨格部分は一度傷つくと、完全に修復することはできません。

見た目はきれいに戻っていても、性能や耐久性が著しく劣化し、使用に問題が出るケースが多いことは理解しておきましょう。車の価値が大幅に下がり、実際的な問題が発生しやすいことから、査定額も大きく減額されてしまいます。

反対に修復歴が付かない程度の故障なら、見た目のダメージが派手でも、それほど大幅な減額にならないことも多いです。直しても修復歴が付かないなら、修理して通常の中古車として売られることも少なくありません。

中古車市場における事故車とは、単に事故を起こした車ではなく、修復歴のある車を指します。中古車市場の定義における「事故車」になり得るかどうかが、買取査定の金額を決める重要な要素になると考えましょう。

事故車でも買取査定で値が付く理由

そもそもダメージの程度に関係なく、事故で故障した時点で価値が大幅に下がるとイメージする人は多いでしょう。そのため、事故で故障したなら、買取には出さず、すぐに処分してしまうという人も少なくありません。

確かに事故車は解体して処分するのもひとつの手ですが、それでは処分に費用がかかって損をします。買取なら、ほとんど利益が出ないとしても、処分の費用をかけずに済むので、その分は確実にお得です。

また、事故車でも、意外な高値で売れるケースも珍しくありません。なぜ事故車でも買取査定で価値が付くのか、業者が得られる利益から理由を知りましょう。

直して売れる

事故車でも値段を付けて買い取ってもらえるのは、修理すれば中古車として売却し、利益を得られるからです。事故車でもそれほど大きな故障でないなら、修理して問題なく使えるケースも多く、場合によっては少し手直しをするだけですぐに再販できることもあります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

業者にしてみれば安い金額で在庫を仕入れ、少し手間をかけるだけで売れるので、多少値段を付けてでも買い取りたいと考えるのは当然でしょう。人気の車、珍しい車なら事故車でも欲しがる人は多く、高値を付けてもらえることもあります。

パーツや資源的な価値がある

仮に修理ができない場合でも、パーツ単位、資源単位で見ると価値は残っています。ボロボロに大破した車でも業者が買取を行うのは、パーツ取り用、資源のリサイクル用としての価値を見出しているからです。

走行できないからといって、全てのパーツが使えないわけではなく、分解、洗浄することで再び使えるようになるものは数多くあります。

また、パーツを完全に取り切った後のガラになった車は、鉄や樹脂にリサイクルして、資源として売却できます。事故車になってもこれらの価値が失われることはないので、業者は値段を付けてでも買い取ることが可能です。

事故車の買取査定で損をしないためには

事故車は普通なら処分するもの、買取で少しでも値が付くならそれだけでお得と考える人は多いでしょう。確かに買取で処分できるならお得ではありますが、深く考えずに売ると、本来得られたはずの利益を逃してしまう可能性があります。買取査定で損をしないためにも、ポイントを踏まえて売却を目指しましょう。

故障箇所は直さず売る

事故車を売る場合は、故障箇所は直さず、そのままにしておきましょう。これは故障の程度に関係なく、どのような損傷でも同じです。修理して直すと、その分査定額はアップしますが、修理費用と差し引きすると、コストのほうが高くなることが多いです。

壊れたままでは減額対象にはなりますが、コストをかけない分、結果的にお得になります。小さな傷でも、修復歴が付くほど大きな故障でも、事故車の買取査定は手を加えずに、そのままの状態で見てもらうことが大切です。

事故車でも車内の清掃は怠らない

そのままの状態で売るのが事故車の基本ですが、車内の清掃だけはきちんとやっておきましょう。いかに事故車といえども、車内がごちゃごちゃに散らかっていると印象が悪く、マイナス査定に繋がる可能性があります。車内はきれいに清掃して、少しでも印象をよくすることが、高額査定を目指すコツです。

廃車買取で高額査定を目指そう

事故車を売るなら、廃車買取がおすすめです。廃車買取なら、中古車として買い取ってくれることはもちろん、パーツ単位、素材単位での買取を行っている場合が多いです。通常の中古車買取店では売れなかった車でも、廃車買取業者なら高値で売れることもあるでしょう。

カーネクストは事故車でも買取

カーネクストは車の状態に関係なく0円以上での買取保証をしており、事故車や不動車の買取にも対応しています。

少なくとも0円以上の価値で買い取ってくれるだけではなく、車両の引き取りも無料なので、大破して動かせない車の処分も安心です。加えて、廃車手続きまで無料で代行してくれるので、手間をかけず、お得かつスムーズに処分できるでしょう。

参考:カーネクスト

事故車は減額査定されても売却できる

事故車は価値がないとイメージする人が多いかもしれませんが、実際はそうではありません。事故車にも一定の価値は残っており、たとえ減額されても買取査定で評価してもらうことはできます。事故でボロボロになっても諦めて処分せず、まずは買取査定に出して、少しでもお得な処分を目指しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!