車が完全に故障する、事故で大破する、確実に不要になるなど、条件が整えば廃車確定をする人は多いでしょう。しかし、廃車することは決めたものの、どのように処分すればよいのか分からず、困る人は少なくありません。

廃車確定の車を処分する方法は複数あり、どの方法を用いるかによって、コストは違ってきます。スムーズかつお得に廃車するためにも、上手な方法を知っておきましょう。

廃車確定の車を処分するには

廃車確定したなら、どのように処分するかを考えます。この時方法は複数ありますが、主なやりやり方は以下の通りです。

業者に解体を依頼

廃車確定し、完全に車体が不要になったなら業者に解体を依頼し、処分してもらいましょう。解体は単に不要になった車はもちろん、事故でボロボロになった車でも対応してもらえます。車の解体は自動車リサイクル法という法律で制限されているので、自分で行うことはできません。

必ず業者に依頼し、行ってもらう必要があります。また、業者に依頼する場合でも、きちんと都道府県から認可を受けている業者かを確認し、本当に信頼できる業者を選んで行うことが大切です。

廃車手続きを行う

車を解体した後は、廃車手続きを行わなければなりません。廃車手続きとは、車から名義を抹消する手続きを指します。解体して車体が存在しなくなっても、名義は残っており、法的には車を所有している状態になります。

名義を抹消していないと、車に関しての責任を有することになり、自動車税の課税対象にもなるので注意しましょう。また、廃車手続きには一時抹消登録というものがあり、これは解体を伴いません。解体せず、名義だけを抹消したい場合は、一時抹消登録を行います。

車を廃車処分する際にかかる費用

車を廃車処分するには、複数の費用が発生します。これらは全て必要になるとは限らず、処分の方法次第で変動すると考えましょう。

また、業者を利用する場合は、どの業者を利用するか、どのような状況にあるかといった細かい条件によっても金額は変動します。廃車全体でどれくらいの費用がかかるのか、相場を知って処分時に役立てましょう。

解体費用が1~3万円程度

車を解体する際には、解体業者にスクラップの依頼を出さなければなりません。業者によって多少の金額の違いはありますが、大体1~3万円程度と考えましょう。

普通自動車と軽自動車では、軽自動車のほうが安い傾向にありますが、それも数千円程度と微々たる差であることが多いです。解体費用が必要なのは、解体を伴う永久抹消登録で廃車手続きを行う場合のみです。

廃車代行手数料は1万円程度

廃車手続きを業者に代行してもらう場合は、1万円程度の手数料がかかります。これは永久抹消、一時抹消のどちらでも同額であることが多いでしょう。代行手数料についての取り決めは業者によって違い、場合によってはさらに高額、あるいは無料で行うこともあります。

少しでもお得に廃車したいなら、手数料が安い業者を選定するとよいでしょう。また、自身で廃車手続きを行う場合は、当然代行手数料はかかりません。廃車手続きは普通自動車なら運輸支局、軽自動車なら軽自動車検査協会で行えます。

事前準備の書類で数百円かかる場合がありますが、永久抹消登録は手数料無料、一時抹消登録は350円で申請可能です。

車両引き取りに1万円程度

車が動かず、業者に引き取ってもらわなければならない場合はレッカー代が必要です。レッカー代は車の種類や走行距離によって違いますが、大体1万程度が相場でしょう。持ち込む業者までの距離が遠かったり、特殊な形状、装備の付いた車だったりすると、別途追加料金が発生することもあります。

自身で業者に車両を持ち込むなら、費用はかかりません。自走可能な場合は、できるだけ自分で持ち込んだほうがよいでしょう。

廃車時の税・保険料還付にも注目

廃車には費用がかかりますが、一方で条件次第で還付が受けられる場合もあります。還付の対象となるのは、「自動車税」、「重量税」、「自賠責保険料」の3つで、それぞれ条件が異なります。自動車税は永久抹消登録、一時抹消登録のどちらでも還付が受けられます。

廃車翌月から年度末までの期間を月割り計算するため、年度末以外なら還付の対象です。ただし、軽自動車の場合は、どのタイミングで廃車にしても自動車税は還付されません。

重量税は永久抹消登録の場合のみ、還付の対象です。廃車時点で車検残存期間が1カ月以上残っていることが条件です。

自賠責保険料は、廃車手続きの種類に関係なく、有効期間が残っているなら還付されます。廃車手続き完了後に、自身で保険会社に解約をし、返金の手続きを行う必要があります。

廃車確定なら廃車買取業者を利用しよう

廃車確定した車を少しでもお得に手放すなら、廃車買取業者の利用がおすすめです。廃車時には複数費用が発生しますが、これは処分だけを考えた場合です。同じ処分でも、買取りに出し、売却によって手放すなら余計な費用はかかりません。

加えて、買取の場合は査定額に応じて、利益も得られます。廃車買取業者なら、通常では値段が付かないような車も買い取ってもらえる場合が多く、かつ廃車手続に関するサービスが充実している業者が多いです。

カーネクストは不動車でも買取可能

カーネクストはどのような状態の車でも0円以上で買取保証をしており、不動車や故障車でも買取に対応してくれます。廃車確定する車なら、ボロボロで動かないことも多いでしょうし、状態の悪いものでも買取対象になるのは大きな魅力でしょう。

加えて、査定から車両の引き取り、さらには廃車代行手続きまで無料で引き受けてもらえます。少なからず値段を付けて買い取ってもらえるだけではなく、費用をかけずに処分できるのは大きなメリットでしょう。

費用をかけて処分する場合と比べると、金銭的なメリットは非常に大きく、よりお得に愛車を手放すことができます。

参考:カーネクスト

廃車確定のボロボロの車もお金になる

廃車確定する場合は、ボロボロで一見すると利用価値がないように見える車が多いでしょう。しかし、どのような車でも価値がないわけではありません。廃車するしか道がないような状態の車であっても、必ず何らかの価値は残っています。

方法によっては費用をかけずに処分することもできるので、最良の方法を選択して、少しでもお得に愛車を手放しましょう。