トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

自動車は、メンテナンスを続けても、いつか限界が来ます。故障の目安となる年数や走行距離はありますが、いつ愛車とさよならするのか、明確にはわかりません。そして、乗れなくなった自動車は、スクラップにされます。この記事では、このスクラップにフォーカスした内容をまとめていきます。

類似した言葉に「廃車」があります。「廃車」と「スクラップ」には違いがあります。また、スクラップの流れや業者に依頼する際の費用相場は、どのようになっているのでしょう。こうしたスクラップの詳細を紹介していきます。

廃車とスクラップの違いはあるのか?

はじめに廃車とスクラップの違いについて解説します。廃車は、永久抹消登録手続きといった事務手続きのことです。スクラップは、業者による解体そのものを意味します。こうした相違点について細かく見ていきます。

廃車は事務手続きの名称でスクラップは解体作業

乗れなくなってしまった自動車は、「廃車」や「スクラップ」を行います。これらの言葉の意味を混同している人は、多いかもしれません。廃車は、登録情報を消し、自動車税を対象外にする永久抹消登録手続きを意味しています。この手続きは、運輸局で行います。

もう乗る予定のない車は、必ず廃車の手続きを進めましょう。そうしなければ、ずっと税金がかかります。スクラップは、廃車のような事務手続きを意味するものではなく、自動車の解体です。解体作業は、専門業者によって行われます。

スクラップにしてからでないと廃車は出来ない

廃車とスクラップでは、後者を先に行います。永久抹消登録手続きのためには、スクラップ後にもらえるいくつかの重要項目が必要になるため、原則的に、廃車が先に来ることはありません。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

また、業者が廃車もスクラップも一緒に行ってくれることを基本としています。自身で手続きしたい人は、スクラップにしてからではないと廃車不可と覚えておきましょう。

車をスクラップにする流れ

スクラップにする際は、最初に解体業者を見つけます。よい業者を探したら、対象の自動車を業者まで運びます。そして、解体報告を受け、廃車手続きを進めます。スクラップにする流れの中の作業は、大半が業者により行われます。

解体を頼む業者を探す

解体業者はたくさんありますので、見つけやすいでしょう。しかしながら、業者によって解体やリサイクル方法が異なることもあります。その内容によって業者の買取価格に違いが生まるため、しっかりと情報収集してから依頼しましょう。

対象自動車は不動車も含まれるのか、どれくらいの価格になるのかなどを調べ、信用できる業者を見つけてください。

スクラップにする車を運ぶ

業者の選定、そして依頼を終えた後は、対象の自動車を運びます。動かない車だった場合、レッカーを依頼しますが、業者によっては費用がかからない可能性もあります。

自動車の運搬は、基本的に距離によって金額が異なります。そのため、できるだけ近場の業者を選ぶと無駄な出費がなくなります。全国に対応し、しかも引き取り手数料やレッカー代も無料の業者もありますので、ぜひ探してみてください。

解体業者から必要事項を聞く

業者に自動車を渡した後は、終了報告を待ちます。作業完了後は、解体報告記録日と移動報告番号を業者から聞き出しましょう。これらのメモ書きがなければ、廃車手続きは進められません。

移動報告番号はリサイクル券番号、解体報告記録日は、自動車リサイクルシステムでも確認可能です。書類記入のために必要ですので、忘れずに対応しましょう。

場合によっては廃車手続きを自分で行う

業者によっては、スクラップだけではなく、廃車手続きまで行います。自身で行う際は、必要書類を持ち、運輸局に向かいましょう。印鑑、印鑑証明書、ナンバープレート、自動車税・自動車取得税申告書などを持参します。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

廃車手続きを怠ってしまうと、税金が掛かり続けます。還付金も受け取れません。ローンが残っている場合は、すべて返済してスクラップしましょう。

車のスクラップに掛かる費用の相場

スクラップ含め廃車には、どれくらい費用がかかるのでしょうか。解体するための費用だけではなく、運搬やリサイクル費用もかかります。手続きを終えれば、自動車税の還付金がもらえることもあります。こうしたスクラップの費用相場や還付金について解説していきます。

解体費用・運搬費用・リサイクル費用から算出

廃車の手続き自体に、それほど金額はかかりませんが、解体費用などは数万円必要です。もちろん、業者によって相違がありますが、解体費用は、10,000~20,000円程度です。レッカーを使用する際は、プラスで5,000~10,000円はかかるでしょう。

さらに、ゴミを処理するためのリサイクル費用も必要です。これは自動車の種類によって異なり、8,000~20,000円が相場価格です。これらの費用、すべて合わせて支払いますので、業者がどのような金額設定にしているのか、事前に確認しておきましょう。

手続き後に還付金が貰える場合も

廃車手続きすれば、自動車税の納付は不要です。しかも、還付金がもらえる時もあります。前払いした1年分のうち、抹消登録した次の月から3月までの金額が手元に返ってくるのです。

自動車の種類によって金額は異なり、軽自動車に還付金はありません。基本的には排気量によって、還付金が決定されます。また、軽自動車含め、自動車重量税や保険料も戻ってくることがあるでしょう。

廃車専門の買取業者を利用すればお金になる場合も

廃車専門の買取業者に依頼すれば、廃車手続きを頼めるだけではなく、お金が生まれることもあります。業者の中でおすすめなのは、カーネクストです。グローバルに広がる販路を持ち、どんな車も0円以上の買取保証を実現している業者です。

また、廃車に必要な引取り手数料、全国対応のレッカー費用、解体費用、廃車手続き代行費用なども一切かかりません。自動車税の還付手続きも費用をかけずに代行してくれます。事故車も、故障者も、車検切れした自動車も、古すぎる車も、走行距離が多すぎる自動車も、すべて対象です。

査定も無料ですので、まずは金額を確認してみましょう。メーカーや氏名などを入力するだけ、非常に簡単に申し込み可能です。急いで買い取ってほしい人は、年中無休のフリーコールに電話して、相談してみてください。

参考:カーネクスト

スクラップにする車については一度買取業者へ相談を

自動車の「スクラップ」と「廃車」は、厳密には異なる意味を持ちます。スクラップは、業者による解体です。廃車は、登録抹消手続きのことです。スクラップにする流れは、専門業者に依頼して、スクラップにする車を運び、業者から必要事項を聞きましょう。場合によっては廃車手続きを自身で行う可能性もあります。

解体業者に依頼した費用は、解体費用、運搬費用、リサイクル費用が含まれます。業者によって価格設定が異なりますので、事前にチェックしましょう。前払いした自動車税は、廃車手続きすることで、還付金がもらえます。廃車専門の買取業者を利用すれば、さらに得するケースもあります。

まずは、スクラップにする車を買取業者に相談して、金額やどのようなサービス内容になっているのか、確認しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!