「自動車が動かない」、「車が故障してしまった」という人は、修理しない場合、廃車の手続きを行わなければなりません。廃車の手続きにはいくつかの種類があり、それぞれで費用や必要書類が異なります。また、普通自動車と軽自動車によっても相違があります。本記事では、必要書類にフォーカスして解説します。

具体的には、廃車手続きの種類について深掘りし、それぞれの必要書類をまとめていきます。はじめて廃車手続きを行う人やできるだけ手間や時間をかけたくない人などは、ぜひ参考にして、スムーズに進められるようにしましょう。

廃車の手続き方法とは

普通自動車の廃車は、2種類の手続きがあります。それは、永久抹消登録と一時抹消登録で、それぞれに特徴があります。また、軽自動車は、解体返納と一時使用中止に分けられます。こうした廃車の手続き方法について解説していきます。

車としての価値がなくなる永久抹消登録

普通自動車を二度と使用しない際の廃車手続きは、永久抹消登録と呼ばれています。自動車が使えない状態であったり、解体している場合には、この手続きが必要です。

永久登録抹消には、申請費用などはかかりません。軽自動車は、解体返納という手続きが求められます。不要になった自動車は、永久抹消登録の手続きを行いましょう。

自動車税を一時的にストップできる一時抹消登録

再び走行する可能性のある自動車には、一時抹消登録が必要です。盗難被害に遭った時や、長い期間乗らない際に必要な手続きです。そうすれば、自動車税の納税が不要になります。

中古車新規登録すれば、再度公道を走らせることが可能です。軽自動車の場合は、一時使用中止の手続きを行います。どちらも手数料などがかかることは認識しておきましょう。

永久抹消登録時に必要な書類

永久抹消登録の手続きには、さまざまな必要書類があります。業者に依頼する際と、自身で行う場合に、準備する書類が異なることも頭に入れていきましょう。税金の還付金をもらえる手続きもあります。こうした永久抹消登録時に必要な書類について詳しく解説します。

所有者を証明する書類

廃車する自動車の所有者であることを証明するために必要な書類があります。発行日より3カ月以内の印鑑証明書、押印してある委任状、場合によっては、戸籍謄本や住民票も必要です。

戸籍謄本や住民票が求められる条件は、印鑑証明書と車検証の情報が異なる時です。印鑑証明書の発行は、事前に役場にて登録していないと不可能ですので、注意しましょう。

車本体に関する書類

ナンバープレートや車検証も必要です。ナンバープレートの取り外しは、業者に依頼しましょう。自身で外すことは、違法行為となります。

そして、リサイクル券に書かれている移動報告番号と、業者から連絡を受けた解体報告記録された日のメモ書きも必要書類です。リサイクル券は、自動車リサイクルシステムにて確認可能です。

自分で陸運局に手続きにいく際の書類

業者に依頼せず、自分で廃車手続きを行う際は、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書が必要ですが、手続き当日の用意で問題ありません。永久抹消登録ではなく、一時抹消登録する時は、一時抹消登録申請書も用意します。

手続き内容によって、必要書類が異なることを認識しておきましょう。また、一時抹消登録申請書は、再度公道を走らせるために求められる書類です。

重量税の還付のために

自動車重量税の還付を受けるためには、マイナンバーカード、もしくは通知カード、住民票が必要となります。他にも、金融機関情報、重量税還付金の受領権限に関する委任状などが求められます。

代理人が行う場合は、その人の身分証明書や印鑑が必要です。また、重量税の還付は、車検の有効期間が1カ月以上残っているケースのみです。

一時抹消登録時に必要な書類

一時抹消登録時に求められる書類についてもまとめていきましょう。基本的には、永久抹消登録する際の書類と変わりません。所有者を証明する書類も、車本体に関する書類もほとんど差がありません。

所有者を証明する書類

永久抹消登録する時と同様に、所有者を証明する書類は、発行日より3カ月以内の印鑑証明書、押印してある委任状、印鑑証明書と車検証に書いてある住所や氏名が違うケースでは、戸籍謄本や住民票も必要です。

自分で手続きする際は、手数料納付書や一時抹消登録申請書も求められます。自動車税・自動車取得税申告書は、地域によっては準備しなくて構いません。

車本体に関する書類

車本体に関する書類は、車検証とナンバープレートです。一時抹消登録は、自動車が盗難被害に遭った時にも行う手続きです。もちろん、車が盗まれた場合、車検証やナンバープレートは手元にありません。

その際は、身分証明書、ナンバーや車台番号のメモ書き、登録事項等証明書交付請求書が必要書類です。不明点は、窓口に問い合わせましょう。


廃車手続きは時間と手間がかかる

廃車手続きには、必要書類がたくさんあり、基本的に時間と手間がかかります。受付場所も、土日は開いていません。受付時間も、夕方までです。そのため、手続きは業者に依頼することをおすすめします。

手続きをする陸運局は平日のみ

陸運局にて廃車手続きを行いますが、平日しか対応していません。社会人であれば、平日に休みがない場合などは手続きは難しいでしょう。それに、夜遅くまで受け付けていることもありません。

こうした制限があるからこそ、混雑している可能性も考えられます。廃車手続きは、さまざまな書類を用意する必要もあり、時間と手間がかかると認識しておきましょう。

業者に依頼して簡潔に

専門業者に依頼すれば、手続きを代行してくれます。中でもカーネクストは、おすすめの業者です。書類代行の無料サービスがあり、廃車に関するレッカー代や引き取り手数料、解体費用などもかかりません。

しかも、広い販路を持ち、どのような自動車であっても0円以上の買取保証を行っています。査定する際も、費用は不要です。フリーコールで廃車の相談も受け付けています。

参考:カーネクスト

必要な書類を揃えてあとはプロに任せよう

普通自動車の廃車の手続き方法は、永久抹消登録と一時抹消登録の2種類あります。それぞれに必要な書類はほとんど変わりませんが、自分で手続きする際と業者に依頼するケースにおいて、揃えるものが異なり、またかかる費用も変わることを認識しておきましょう。

基本的に廃車手続きは、時間を取られ、そしてややこしいです。慣れないうちは、手間もかかります。業者によっては、書類代行サービスを無料で行っていますので、依頼することをおすすめします。専門業者では、廃車関連の手数料なども必要ありません。手続きを面倒だと感じる人は、プロに任せてしまいましょう。