トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を手放す際には廃車登録が必要です。廃車登録とは、簡単にいえば車の名義を抹消する手続きで、法的に車を手放すために必要と考えましょう。

たとえ、車がボロボロで動かせない、あるいは何年も使っていない場合でも、廃車登録をしていないと名義は残ったままで、自動車税の課税対象になります。余計なコストを抱えないためにも、廃車登録の基本を詳しく解説していくので、参考にしていただきスムーズに手続きを完了させましょう。

普通自動車の廃車登録の種類と手続きの仕方

廃車登録には種類があり、処分の際にはどの方法で行うのか、考えなければなりません。それぞれで手続きの方法が違うので、その点にも注意しましょう。

また、普通自動車か軽自動車かという、車種の違いでも廃車登録は異なります。ここでは、普通自動車の手続きを解説します。

永久抹消登録

名義を抹消するだけでなく、解体して車体まで処分する場合は、永久抹消登録を行います。永久抹消登録は、解体してから廃車登録の手続きになるので、先に解体業者に車を引き渡さなければなりません。

車を渡し、解体報告を受けてから15日以内に手続きが必要で、これを超えると処罰の対象になるので注意しましょう。ちなみに、普通自動車の永久抹消登録は、運輸支局で行います。

一時抹消登録

解体処分せず、名義だけを抹消するなら一時抹消登録を行います。この方法だと車体を残し、名義だけを抹消できるので、廃車登録完了後も車を自由に扱えます。例えば、名義を持たないままでも所有することは可能ですし、業者に売却して資金化することも自由です。

ただし、一時抹消登録後は自走の可否に関係なく、公道の走行は認められていないので注意が必要です。一時抹消登録の場合も、永久抹消登録と同じく運輸支局で手続きをします。解体が必要ないので、廃車登録をしようと思ったタイミングで手続きができます。必要な書類を提出するだけなので、簡単な廃車方法といえるでしょう。

軽自動車の廃車登録について

軽自動車の場合、普通自動車とは廃車登録の方法が若干異なるので、注意しなければなりません。また、軽自動車でも、廃車登録の方法は複数存在します。

軽自動車の廃車登録の種類も2つ

軽自動車の廃車登録は、「解体返納」と「自動車検査証返納届」の2つです。名称こそ違うものの、内容は普通自動車と同じです。

今後は乗らないという場合は解体返納になり、普通自動車でいう永久抹消登録と同様です。一時的に乗らない場合は自動車検査証返納届ですが、一時抹消登録に該当すると考えましょう。ちなみに、自動車検査証返納届の手続き後に解体した場合は、解体届出が必要です。

手続きはすべて軽自動車検査協会で行う

軽自動車の廃車登録は、軽自動車検査協会で行います。普通自動車の場合は運輸支局で手続きをしますが、軽自動車は手続きの場所が異なるので、混同しないように注意しましょう。廃車登録ができる場所は、車種ごとに決まっていて、それぞれ別の場所では申請できません。

軽自動車の場合も普通自動車と同じように、まずは車を解体してから届け出の手続きになります。業者から解体が完了した旨の連絡を受けたあと、軽自動車検査協会で手続きをしましょう。

廃車登録手続きをする方法は2つ

永久抹消登録と一時抹消登録から、廃車登録の種類を選びますが、それだけでなくどのような方法で行うかも考えなければなりません。廃車登録の方法は、自分でやるか業者に依頼するかのどちらかです。

自分で行う

廃車登録を自分で行う場合は、運輸支局、あるいは軽自動車検査協会に足を運び、窓口で手続きを行います。廃車登録の申請には書類を提出しなければならず、必要なものは車種によって、手続きの種類によって違います。普通自動車の永久抹消登録の場合は、以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後両2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

上記の手数料納付書から下の書類は、当日窓口で入手できます。事前に用意が必要なのは、印鑑証明書から「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きまでです。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

一時抹消登録の場合は、解体をしないので「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きは不要で、当日入手の書類の名称が変わると考えましょう。

軽自動車の場合も必要書類は大体同じですが、印鑑証明書は不要で認印で代用できます。軽自動車のほうが手続きは簡単で、自分でやってもそれほど手間なく終えられるでしょう。

業者に依頼する

廃車登録を業者に依頼する場合は、当日入手の書類がないので必要書類も少なく、手続きに手間もかかりません。代行手数料が10,000円程度かかりますが、これも業者によっては無料なので、サービス内容をチェックして利用先を選びましょう。

手順さえ知っていれば自分でも手続きできますが、運輸支局や軽自動車検査協会は、平日の日中しか空いていません。このタイミングで時間が取れないなら、業者に依頼したほうがスムーズで、スケジュールを調整する余計な手間もかからないでしょう。

一時抹消登録した車を再登録する方法

車の名義を抹消しただけで車体が残っているなら、名義を再登録して使用を再開できます。名義の再登録は、「中古車新規登録」といい、普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で申請できます。

使用を再開するためには、名義再登録の届出と車検の受け直しが必要ですが、新しく車を買うよりは安く済む場合も多いでしょう。名義を抹消しただけで車体を残している場合は、必要に応じて再登録することもおすすめです。

廃車手続きは廃車買取業者に依頼すると便利

廃車手続きの代行まで含めて車の処分を考えるなら、廃車買取業者の利用がおすすめです。

書類手続きから車両の解体までを無料で代行してもらえる

廃車買取業者は、単に車を買い取るだけではなく、廃車関連のサービスが充実している点が特徴です。通常なら費用がかかる車両の引き取りや解体、廃車手続きの代行手数料が無料な場合が多く、費用をかけずに処分できます。

加えて、車をパーツ単位、素材単位で見て評価してくれるので、ほかの業者で買値が付かなかったものでも、買い取ってもらえることが多いです。費用がかからないことに加えて、少しでも値段を付けて買い取ってもらえる点は、大きな魅力でしょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

カーネクストは、どのような状態の車でも積極的に買取対応してくれて、0円以上での買取保証も付いています。状態が悪くても買取できるのは、パーツや素材として評価してくれることはもちろん、世界中に幅広く販路を持つことも理由です。

買い取ったあとの転売先が多いので、買取対応の幅も非常に広いです。さらに、廃車関連のサービスも充実していて、処分に費用はかかりません。コストを削減し、少しでもお得に売りたい人にはおすすめの業者です。

参考:カーネクスト

必要なくなった車は廃車登録の手続きが必要

不要な車を手放すためには、廃車登録をしなければなりません。廃車登録の方法は複数あり、車種によって違うことも覚えておきましょう。面倒な手続きを簡単に済ませたいなら、業者に売却して手続きも代行してもらうことがおすすめです。

廃車登録を無料代行してくれて、サービスがよく好条件での買取が可能な業者を選び、愛車をお得に処分しましょう。

0円以上買取保証