普通車を廃車にする場合、どのような手続きが必要になるのでしょうか。
普通車の廃車を自分で行う際に必要な書類や、手続きの方法について詳しく解説していきます。

廃車手続きの種類

車のカギモノクロ

廃車にするというと、車をスクラップにすることを想像する方もいるかもしれませんが、車を解体するだけでは廃車したことにはならず、抹消登録というものを行って初めて廃車したことになります。
この抹消登録を行わなければ、自動車税が課税され続けることになります。
抹消登録には永久抹消登録と一時抹消登録の二種類があり、それぞれ手続きの方法や必要となる書類が異なります。
永久抹消登録と一時抹消登録とはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

永久抹消登録

永久抹消登録とは、車の登録情報を完全に抹消することで、公道を走行することができないようにする手続きのことです。
永久抹消登録が必要となるケースには以下のようなものがあります。

  • 既に解体してしまっている
  • 事故や災害などによって使用できない状態になった、または回収できない
  • 盗難に遭い行方不明になっている
  • 今後乗り物として使用しない

今後車として使用することができない状態であったり、車として使用する予定がない場合は永久抹消登録を行います。

一時抹消登録

一時抹消登録とは、車の解体は行わず、車の登録情報だけを一時的に抹消する手続きのことです。
一時抹消登録を行うと公道を走行することはできなくなりますが、再び車を使用したい際に「中古車新規登録」を行うことで、また公道を走行することができるようになります。
一時抹消登録が必要となるケースには以下のようなものがあります。

  • 出張や入院などで長期間車が使用できない
  • 盗難に遭ってしまった

抹消登録を行えば自動車税を止めることができるので、長期間使用しないものの、また車として使用する予定がある場合は一時抹消登録を行います。

廃車手続きに必要なもの

書類

廃車手続きに必要となるものは、永久抹消登録と一時抹消登録で異なります。
それぞれの手続きに必要なものについて詳しく見ていきましょう。

永久抹消登録に必要なもの

普通車の永久抹消登録に必要となるものは下記のとおりです。

普通車の永久抹消登録に必要なもの

  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート2枚(前面と後面)
  • 車の所有者の印鑑証明証(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • リサイクル券
  • 印鑑証明書と同じ実印
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録日」

リサイクル券は、紛失してしまっていても手続きを行うことができます。
「移動報告番号」と「解体報告記録日」は、解体業者に解体してもらった際に教えてもらう必要があります。

また、車検証に記載されている車の所有者本人以外が手続きを行う際は、所有者の実印が押印された委任状が必要となります。
委任状は、国土交通省のホームページからダウンロードすることが可能です。

一時抹消登録に必要なもの

普通車の一時抹消登録に必要となるものは下記のとおりです。

普通車の一時抹消登録に必要なもの

  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート2枚(前面と後面)
  • 車の所有者の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)
  • 印鑑証明書と同じ実印
  • 350円(一時抹消登録手数料)

永久抹消登録と同様、車検証に記載されている所有者本人以外が手続きを行う際は、所有者の実印が押印された委任状が必要となります。
委任状は、国土交通省のホームページからダウンロードすることが可能です。

廃車car手続きバナー

廃車手続きの流れ

車の模型と書類

実際に廃車手続きを行う流れについて解説していきます。
永久抹消登録と一時抹消登録とでは手続きの方法も少し異なるため、確認しておくようにしましょう。

永久抹消登録の流れ

普通車の永久抹消登録は、車を使用している現住所管轄の運輸支局にて行います。
手続きの流れは下記のとおりです。

1.運輸支局にて必要書類の受取・記入

運輸支局の窓口で下記の書類を受け取ります。

  • 手数料納付書
  • OCR第3号様式の3
  • 自動車税・自動車取得税申告書

運輸支局内に見本があるので、それを参考にして記入しましょう。
自動車税・自動車取得税申告書は地域によって不要な場合もあります。

2.ナンバープレート返納

運輸支局で受け取った書類に全て記入したら、運輸支局内にあるナンバー返納窓口に、前後2枚のナンバープレートを返納します。
ナンバープレートの返納を終えると、手数料納付書に返納確認印が押されるので確認しましょう。

3.必要書類を提出

運輸支局の窓口に、自動車税・自動車取得税申告書以外の書類を提出します。

4.税事務所に永久抹消を申告

運輸支局内にある自動車税事務所などの税申告窓口に、自動車税・自動車取得税申告書を提出します。
この自動車税・自動車取得税申告書を提出することで、残月分の自動車税が月割計算で還付されるようになります。
地域によっては税事務所への申告が不要な場合もあるので、確認しておくようにしましょう。

自賠責保険の補償期間が一定期間以上残っている場合、保険会社に申請することで、残りの補償期間分の保険料の還付金を受け取ることができます
返金額の計算方法や返金額は加入している保険会社によって異なるので、保険会社に連絡して確認するようにしましょう。
基本的には、「登録事項証明書のコピー」「自賠責保険証の原本」「所有者の認印」と振込口座を所定の用紙に記入し、保険会社に提出、または郵送することで保険金が返金されます。

一時抹消登録の流れ

普通車の一時抹消登録は、車を使用している現住所管轄の運輸支局にて行います。
手続きの流れは下記のとおりです。

1.運輸支局にて必要書類を受取・記入

運輸支局の窓口で下記の書類を受け取ります。

  • 手数料納付書
  • OCR第3号様式の2
  • 自動車税・自動車取得税申告書

運輸支局内に見本があるので、それを参考にして記入しましょう。自動車税・自動車取得税申告書は地域によって不要な場合もあります。

2.一時抹消登録手数料の支払い

一時抹消登録には、一時抹消登録手数料が必要になります。
運輸支局内の印紙販売窓口で一時抹消登録手数料分(350円)の印紙を購入し、購入した印紙を手数料納付書に貼り付けましょう。

3.ナンバープレート返納

運輸支局で受け取った書類に全て記入したら、運輸支局内にあるナンバー返納窓口に、前後2枚のナンバープレートを返納します。
ナンバープレートの返納を終えると、手数料納付書に返納確認印が押されるので確認しましょう。

4.必要書類を提出

運輸支局の窓口に、自動車税・自動車取得税申告書以外の書類を提出します。
提出した書類に不備がなければ、登録識別情報等通知書が交付されるまで待機します。
月末などの繁忙期は運輸支局の窓口が混み合い、登録識別情報等通知書の交付まで時間がかかることがあるので注意しましょう。

5.登録識別情報等通知書の受取

運輸支局の窓口で、名前もしくは整理番号が呼ばれたら、登録識別情報等通知書を受け取ります。
交付された登録識別情報等通知書に記載されている情報に、誤りがないかどうかを確認しておきましょう。

6.税事務所に一時抹消を申告

運輸支局内にある自動車税事務所などの税申告窓口に、自動車税・自動車取得税申告書を提出します。この自動車税・自動車取得税申告書を提出することで、残月分の自動車税が月割計算で還付されるようになります。地域によっては税事務所への申告が不要な場合もあるので確認しておくようにしましょう。

自賠責保険の補償期間が一定期間以上残っている場合、保険会社に申請することで残りの補償期間分の保険料の還付金を受け取ることができます
返金額の計算方法や返金額は加入している保険会社によって異なるので、保険会社に連絡して確認するようにしましょう。
基本的には、「一時抹消登録証明書」「自賠責保険証の原本」「所有者の認印」と振込口座を所定の用紙に記入し、保険会社に提出、または郵送することで保険金が返金されます。

廃車手続きを楽に行うには?

車と手

ここまで、廃車手続きに必要な書類や、手続きの流れなどについてご紹介しました。
ご紹介したのは自分で廃車手続きを行う方法ですが、もっと楽に廃車手続きを行える方法はあるのでしょうか。

自分で廃車手続きを行うデメリット

ご紹介したとおり、廃車手続きを行うためには、運輸支局まで足を運ぶ必要があります。
運輸支局の営業時間は地域によって異なりますが、平日の8:45~12:0013:00~16:00であることがほとんどです。
そのため、平日の日中は仕事の方など、運輸支局に行く時間を取ることができない方も多いかと思います。
特に一時抹消登録の場合は、登録識別情報等通知書の交付に時間がかかる可能性が高く、半休を取ったとしても時間内に手続きを終えれるという保証はありません。

また、永久抹消登録を行う際は、自分で解体業者を探して依頼する必要があります。
その際に解体業者から、永久抹消登録に必要な「移動報告番号」と「解体報告記録日」を教えてもらいます。
こういった手間がかかるのは、自分で廃車手続きを行うデメリットであると言えるでしょう。

廃車買取業者に全て任せる

廃車買取業者に車を買い取ってもらうと、廃車手続きを無料で代行してくれることがほとんどです。
自分で運輸支局に行く必要もないため、時間を気にすることなく廃車手続きを任せることができます。
永久抹消を行う場合も解体業者を自分で選ぶ必要がなく、解体から手続きまでを全て任せることができるので、自分で何かをする必要はありません。
それだけでなく、廃車にするつもりの車に値段が付けば嬉しいですよね。

また、日本車は海外での人気が高く、日本では値段の付かないような車であっても、海外では高値で取引されることもあります。
そのため、海外への販路を持っている車買取業者であれば、思わぬ値段が付くこともあります。
ガリバーやカーネクストなどの廃車買取業者は海外への販路を持っており、中古車としての価値だけでなくパーツとしての価値まで見てくれるためおすすめです。
自分で廃車手続きを行うのが面倒だという方や、廃車にする車に値段が付けば…という方は、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

参考:カーネクスト

廃車CAR電話で完結バナー

まとめ

廃車手続きを自分で行う際の手続きや必要書類についてお話ししました。
地域によって必要な手続きなどが異なることもあるので、詳しくは車を使用している現住所管轄の運輸支局に確認するようにしましょう。
また、廃車買取業者に買取を依頼すれば、自分で廃車手続きを行うよりも楽に廃車でき、買取価格が付く可能性もあるためおすすめです。

都道府県別 運輸支局情報

都道府県別の運輸支局の情報を掲載しています。
車を使用している現住所管轄の運輸支局などはこちらから確認できます。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県