トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車には数多くの税金がかかりますが、自動車税はその中のひとつです。自動車税は、毎年4月1日時点で車の名義を持っている人が課税対象になり、1年分をまとめて支払わなければなりません。

そのため、年度途中で廃車すると多く払い過ぎていることになり、損をしたと感じる人もいるでしょう。しかし、実際には還付制度があり、年度途中で廃車にしても損をすることはありません。

廃車で戻ってくる自動車税

自動車税は廃車手続きをすることで、還付の対象になります。自動車税の還付要件は、廃車した翌月から年度末(3月)までの期間を月割り計算して、税金を返金するというものです。つまり、10月に廃車したなら、翌月の11月から3月までの分の税金を、月割りで計算して還付金を受け取れます。

廃車した翌月から計算するので、3月に廃車すると丸々1年分を使い切ったことになり、還付はありません。また、廃車には「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2つがありますが、自動車税はどちらの方法で廃車しても還付されます。

廃車手続きの完了を持って還付の申請も完了するので、還付されるかどうかは、廃車時期によって変わると考えましょう。

自動車税還付を狙った廃車すべきタイミングとは

廃車時には自動車税の還付が受けられますが、同じ還付を受けるなら、少しでも得をしたいと考える人は多いでしょう。自動車税は、廃車の時期によって還付可能な金額が変わります。そのため、廃車に適したタイミングと適さないタイミングが存在します。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

タイミングが少しずれるだけで、損得が違ってくることも多いです。よって、廃車に適したタイミングを知って、上手に自動車税の還付を受けましょう。

基本的にはいつでもOK

自動車税は、廃車の翌月から年度末までの期間で計算して還付されるので、基本的にはいつ廃車にしても問題ありません。仮に廃車が年度末ぎりぎりになったとしても、そこまで車を使っているなら、支払った分が無駄になることはないでしょう。

ただし、車を使用せずに放置しているだけなら、早めに廃車したほうがお得です。廃車時期が遅れると、還付金も少なくなるので、不要になった段階で、素早く廃車手続きを済ませることが大切です。

翌月にならないうちに廃車

自動車税の還付金額は月割りで計算されるので、月をまたぐと1カ月分の還付金額が減ってしまいます。基本的には、車を使用しなくなったタイミングで廃車すればよいです。ただし、月末に廃車を考えている場合は、当月内に手続きを完了させたほうがよいでしょう。

例えば9月30日に廃車する場合と、10月1日に廃車する場合では、9月30日に廃車したほうが還付金額が1カ月分多くなってお得です。しかし月末は、当月内に廃車を完了させようとして、混み合うことが多いので注意が必要です。

また業者に廃車を依頼して、還付金を受け取ることもできますが、廃車を依頼したタイミングと、廃車が完了するタイミングは同じではありません。月末最終日に廃車を依頼すると、廃車完了は翌月になるので、その月に収めたいなら、中旬くらいまでには依頼をしておきましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

自動車税を考えた際の廃車の注意点

廃車する際には、単に抹消登録を済ませることを考えるだけでなく、自動車税のことも頭に入れておかなければなりません。自動車税のことを考えずに廃車手続きを進めると、損をすることも多いです。注意点を正しく理解し、自動車税にも気を配ってスムーズに廃車を完了させましょう。

4月1日になると課税される

自動車税は毎年4月1日に課税されるので、廃車するなら4月を迎えないうちに、実施することをおすすめします。4月1日に廃車すると、翌月5月から年度末までの期間を月割り計算して、自動車税が還付されます。払い過ぎた分はきちんと戻ってきますが、一度一括で支払い、それを還付されるという余計な手間がかかります。

自動車税の支払いは5月中旬頃で、ここで1年分を一括負担しなければならないことは、理解しておきましょう。3月末に廃車すると還付金はないものの、余計な手続きは不要なので、廃車もスムーズに完了します。

軽自動車は還付なし

自動車税の還付があるのは普通自動車だけで、軽自動車には還付の制度はありません。そもそも軽自動車の場合、軽自動車税と区分が異なり、普通自動車よりも税額が安いです。そのため、いつ廃車にしても還付はなく、年度初めに廃車すると丸1年分損をします。

したがって、軽自動車を廃車にするなら、年度末ぎりぎりに行ったほうがお得です。ただし、年度末は廃車を行う人が殺到して、手続きが翌月にまたがってしまう可能性もあります。そのため、3月ぎりぎりまで待たずに、早めに済ませたほうがよいでしょう。

長期滞納していると廃車できない

自動車税は、車の名義を持つ人全員にかけられる税金で、支払う義務があります。自動車税を滞納すると、追徴課税がなされ、さらに長期間滞納すると、廃車できなくなることがあります。廃車をするためには、滞納分を納める必要があり、当初必要な金額よりも多くなっているので注意が必要です。

また、短期間の滞納なら廃車にすることが可能ですが、廃車後も納税の義務は残ります。還付金がある場合はそれが充当され、それでも支払いが残っている場合は、素早く納めなければなりません。自動車税は、少しでも納税が遅れるとペナルティが発生するので、通知書がきた時点できちんと期限内に納めるようにしましょう。

廃車買取で面倒な手続きを簡略化

自動車税は方法に関係なく、廃車することで還付されます。しかし廃車の手続きは、業者に依頼すると費用がかかるため、躊躇してしまうという人も多いでしょう。少しでもお得に廃車したいなら、廃車買取に出すことをおすすめします。

カーネクストなら廃車手続きも無料で代行

カーネクストは、どのような車でも0円以上での買取保証をしていて、廃車予定の車でも値をつけてくれます。パーツ単位で見て評価してくれるので、ボロボロの車でも残っている部品次第では、高値が付く可能性があります。

また、廃車の手続きも無料で代行してもらえて、還付金まで受け取れることは大きな魅力です。スムーズに手続きを完了させ、より多くの利益を得たいなら、ぜひ利用しましょう。

参考:カーネクスト

廃車で自動車税を正しく還付

自動車税は廃車することで還付されますが、金額は手続き完了の時期によって異なります。少しでもお得に還付を受けるためには、月をまたがないうちに還付することが大切です。スムーズに廃車手続きを完了させるためにも、信頼できる業者に廃車買取に出し、手間を省いて廃車にしてもらうとよいでしょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!