トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車が故障した際、気になるのは修理にいくらかかるかです。車の修理代は故障の程度によって異なり、箇所によっても費用は違ってきます。修理代は時には高額になることもあり、本当に修理すべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

愛車を修理して大切に使うのはよいことですが、必ずしも修理がお得とは限りません。修理代の相場を知って、修理と処分、どちらを選ぶか正しく決めることが大切です。

故障箇所別車の修理代

ひとくちに車の修理代といっても、故障箇所によってかかる費用は全く違います。よくある故障箇所は以下の通りで、それぞれ相場の金額を参考にしておきましょう。

  • ドア:数千円~10万円程度
  • バンパー:1~20万円程度
  • バッテリー:数千円~5万円程度
  • マフラー:1~3万円程度
  • エアコン:1~20万程度
  • エンジン:20~100万円程度
  • フレーム:10~100万円以上

同じ故障でも、箇所によって費用は大きく違い、場合によっては修理せずに買い替えたほうがよい場合もあります。修理代が高くなるのは、もともとの部品が高価なものが多く、精密な機器の場合はかなりの費用がかかります。

また、上記の金額はあくまで目安であり、実際の修理ではこれ以上の費用がかかる場合も少なくありません。利用する業者や実施する修理の内容、使用する部品などによって、費用は高くも安くも変動すると考えましょう。

傷が深いと車の修理代は高い

車の修理は故障箇所だけではなく、傷の深さによっても違ってきます。同じ故障箇所でも金額にばらつきがあるのはこのためです。基本的には傷が深く、広範囲になるほど修理代は高くなります。また、故障の程度がひどい場合は、修理で対応できず丸ごと部品を交換しなければならないこともあります。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

部品交換の場合は、作業工賃に加えて別途部品代がかかるため、修理代は高くなりやすいでしょう。この時どのような部品を使用するかも重要で、メーカー純正品だと高く、中古品だと安くなります。

車の修理代を抑えたいなら、使用する部品を自分で探して、安くて品質のよい中古品を使ってもらうのもひとつの手です。部品を自分で用意すれば、作業工賃だけで部品交換を請け負ってもらえます。

車の修理代はローンで分割払いできる?

車の修理代は数千円で済むこともあれば、数十万円、場合によっては100万円以上かかることもあります。費用が高いと一括での支払いも厳しく、何とかローンで分割払いができないかと思う人も多いでしょう。車の修理代が高すぎる場合、どのような方法で支払えばよいのか、選択肢を知っておくことが大切です。

ローン払いに対応する業者はある

結論からいえば、車の修理代をローン払いで対応してくれる業者はあります。あまりにも高額な場合は、マイカーローンを適用して分割払いにできますが、ローン会社によって対応は違うので注意が必要です。

基本的には車に関する支払いならローン払いにできる場合が多いですが、ローン会社次第で適用できる範囲は違います。修理代にも対応しているかは、事前に確認しておくとよいでしょう。

また、ローンの適用対象でも、必ずしも審査が通るとは限りません。審査が通らない場合は別の方法で支払いを考えなければなりません。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

カード分割は割高に

ローン払いができない場合、業者がカード払いに対応しているならクレジットカードで分割にすることも可能です。カードの分割なら審査の手間もなく、スムーズに支払いができるでしょう。

ただし、カード分割の場合、ローンに比べると金利が高くなりやすい点には注意が必要です。高額な支払いになるほど、金利分の支払い額が多くなって負担も増えることは理解しておきましょう。

車の修理代から考える修理と処分

車が故障したら修理するというのは、多くの人が考える一般的な処置です。しかし、故障したからといって、必ずしも修理しなければならないわけではありません。場合によっては修理したほうが損になり、処分したほうがお得になることもあります。

車が故障した際には、ひとつの機会と考えて修理か処分かを検討することが大切です。車の修理代から考えて、修理と処分のどちらを選ぶべきか考えてみましょう。

自己負担がいくらあるか

修理か処分かを考える際には、自己負担金額の大きさを考慮することが大切です。故障でも事故によるものなら、保険の加入状況に応じて補償が適用されます。修理代がいかに高いとしても、保険で全部、あるいは大部分を賄えるなら、修理するメリットはあるでしょう。

反対に保険を適用しても自己負担が大きい、あるいは保険が適用できない場合は、修理せずに処分したほうがよいこともあります。保険適用の有無に関係なく、自己負担がどれくらいあるかは、車の扱いを決める上で重要な指標となります。

保険料の値上がりも視野に

保険を適用する場合は、翌年度以降の保険料の値上がりも頭に入れておきましょう。保険を適用させると、一気に3等級下がり、翌年度以降の保険料は跳ね上がります。修理代が全くかからないとしても、保険料の値上がり分で負担が大きくなりすぎるなら、修理せずに処分したほうがよい場合もあります。

また、修理代が少額の場合は、保険の適用自体を見送り、全額自己負担で処分するのもひとつの手です。保険を使う場合は長期的なコストの増加も頭に入れ、最終的にどの選択肢がもっともお得になるかを考えましょう。

修理が無理なら廃車買取を検討

故障の程度があまりにもひどいと、そもそも修理自体ができない場合もあります。また、修理はできても費用が高すぎて、とても修理代を支払えないということもあるでしょう。修理の選択肢を選ぶことが難しい場合は、廃車買取による処分を検討することも大切です。

カーネクストは故障車も買取

カーネクストはパーツ単位で車を評価してくれるので、故障車でも買取に出すことが可能です。0円以上での買取保証をしており、重度の故障を抱えていても、少なからず値は付けてもらえるでしょう。車両の引き取りも無料で行っているので、故障して動かせない車を処分した場合にもおすすめです。

参考:カーネクスト

車の修理代は負担のない範囲で支払おう

車の修理代は、故障箇所や程度によって違います。場合によっては重い負担になることもあるので、支払いが厳しいと感じたなら廃車買取で処分することも大切です。修理代は無理のない範囲で支払い、難しい場合は処分も検討しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!