トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は消耗品であり、いつかは必ず故障して使えなくなります。メンテナンス次第で長持ちさせることはできますが、それでも古くなるごとに少しずつ劣化していくでしょう。

長年使った古い車を持ち続けている人も多いですが、問題はどのタイミングで手放すのかです。完全に故障するまで乗るのか、早い段階で手放して買い替えるのかは重要な選択です。古い車を処分する際のポイントや方法を知り、適切なタイミングで新しい車への買い替えを行いましょう。

古い車の定義は

そもそも古い車とはどのようなものを指すのでしょうか。明確な定義が決まっているわけではありません。どの程度使用すると古い車に該当するかは決まっているわけではなく、曖昧な基準で古いかどうかと判断することは理解しましょう。

古い車かどうかを見極めるポイントは、年式と走行距離です。一般的には年式は10年以上、走行距離は10万km以上を超えると、古い車と認定されます。これは年式10年、走行距離10万km以上で中古車としての価値がほとんどなくなるからです。

中古車市場での価値がなくなった車は、全て古い車とみなしても問題ありません。また、年式や走行距離の基準がこれらに到達していない場合でも、傷や汚れが多く、見た目に古く見える場合は注意が必要です。

見た目の状態も中古車の価値を決める重要な要素で、ぱっと見て古いと思えるなら、古い車と認定され、売却時に不利になることもあります。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

古い車に乗り続けるメリット・デメリット

10年10万kmは車の価値を測る基準のひとつで、これを超えるとほとんど価値のない古い車とみなされます。しかし、古い車に該当するからといって、乗り続けられないわけではなく、車の状態次第ではまだまだ使えるものも多いです。

かつては車の寿命は10年10万kmとも言われていましたが、現在は品質の向上により、20年20万km以上使えるものも多くなってきています。古くなっても現役で使えるものは多く、長く使い続けるメリットもあります。ただし、反面デメリットも存在するので、両方の面から長期使用のポイントを把握することが大切です。

古い車は希少価値が高い

古い車に乗り続けるメリットは、年数が経過するごとに希少価値が増してくことにあります。車はどんどんモデルチェンジで新しいものが発売されていき、一定程度の年数が経過すると、メーカーでも生産がストップします。

生産が終了した時点で車が増えることはなく、人気なものだとその時点でプレミアがつくこともあるでしょう。さらに年数を経ると使える車はどんどん少なくなり、希少価値はさらに高まります

単に古い車というだけではなく、オールドカー、プレミアカーという区分になれば、状態が悪くても高値で売却できることもあるでしょう。

また、プレミアがつかなかったとしても、希少性の高さは大きな魅力で、誰も乗っていない車に、自分だけは乗っているという優越感が感じられます。

古い車に乗り続けるデメリットとリスク

古い車に乗り続けることには、デメリットに加えてリスクもあります。年数を経過するごとに、マイナス要素は大きくなりやすいので注意しなければなりません。

メンテナンス費用が高くなる

車は使い続けるうちに少しずつ劣化し、故障箇所も増えていきます。古い車ほどメンテナンス費用がかかり、合計すると新しい車が買えるほどに修理の費用がかかるということも少なくありません。

新車で購入したてのうちは、劣化や故障がほとんどないためメンテナンスもそれほど必要ありませんが、古い車はこまめに状態をチェックする必要があります。

少しでも整備を怠ると、すぐに故障を招く可能性もあるので、現状維持だけでも手間暇がかかるでしょう。長く使うには消耗品の交換も必要で、細かい出費はもちろん、部品によっては数十万円かかるなど、単体でも高額になることはあります。

思い切って新しい車を買ったほうが、メンテナンス費用がかからず、結果的にコストが安くなる場合もあることは覚えておきましょう。

税金の負担が大きくなる

車を継続して使用するには、自動車税と重量税を支払わなければなりません。これらは一定時期ごとに定額の支払いが必要ですが、年数が13年を超えると税額がアップします。長く使うごとに税金が高くなり、維持費が絶対的に上がってしまうリスクがあることは理解しておきましょう。

また、重量税に関しては18年でさらにもう一段階引き上げられます。仮にメンテナンスにほとんど費用がかからないとしても、税額が引き上げられていると、それだけで新しい車よりコスト負担は大きくなります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

買い替えを検討した方が良いケース

車は長く使い続けることも大切で、乗り潰すことで結果的にコスパが良くなることも多いです。一方で、早めに手放し、買い替えたほうが良いケースもあります。買い替えがおすすめなのは、車の維持にかかる費用が大きくなり、長い目で見ると新しい車のほうがコスト負担が小さくなる時です。

車の購入は、新車か中古車かに限らずまとまったお金が必要で、購入すると絶対的にコストが高く付くとイメージする人も多いでしょう。

しかし、古い車で頻発する維持費を総計すると、一定時期で新しい車が購入できるくらい、お金をかけてしまっている場合もあります。費用をかければ長く使えるのには確かですが、それにも限界があり、いつかは必ず手放さなければなりません。

使える年数が残り少ないものに大きなお金をかけるよりは、まだまだ長く使える車にお金をかけたほうが、結果的にはお得でしょう。

もちろん、車への思い入れが強いなら、どれだけコストがかかっても満足するまで乗り続けるのもひとつの手です。メリット・デメリットはあくまで参考にし、自分が後悔しない選択をすることが大切です。

車を買い換えるなら廃車買取がおすすめ

買い替えを選択する場合は、今持っている車を処分しなければなりません。車の処分には費用がかかり、相場は数万円程度です。新しい車の購入には費用がかかるので、処分にかかる費用をできるだけカットしたいと考える人は多いでしょう。買い替えの際に少しでもお得に車を処分したいなら、廃車買取がおすすめです。

古い車でも買取ができる

通常の中古車買取や下取りだと、ある程度状態が良くないと値が付けてもらえず、場合によっては処分にかかる費用を請求されることもあります。

しかし、廃車買取なら、車をパーツや資源単位で見てもらえるので、古くて市場価値がなくなった車でも買い取ってもらえます。

プレミアがついていない古いだけの車でも、少なからず値を付けてくれることが多いので、費用をかけて手放すよりは断然お得に処分できるでしょう。

廃車買取なら古い車をお得に処分できる

そもそも廃車買取の場合、処分に費用がかかりません。普通なら車の解体や廃車手続きなどで費用が発生しますが、買取の場合はそれらのコストが不要です。車の処分にかかる手続きも全て業者がやってくれるので、お得かつ楽に車を手放せるでしょう。

廃車買取に特化した業者を選ぶ

廃車買取を検討する場合は、どの業者に依頼するかが重要です。ひとくちに廃車買取業者といっても数は多く、どこに依頼するかでメリットは違ってきます。

廃車の買取に特化し、古い車でも好条件で買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。業者によってサービス内容も違うので、それも参考にしながら依頼先を慎重に選定しましょう。

廃車買取ならカーネクスト

古い車を廃車買取に出すなら、カーネクストの利用がおすすめです。カーネクストはどのような状態の車でも0円以上で買取保証をしており、古い車でも少なからず値を付けてくれます。

これはパーツ単位での買取、資源としての買取が可能だからで、古くて故障している場合でも、買取は可能でしょう。

加えて、廃車にかかる費用も無料で、廃車手続きの代行から車両引き取りまで行ってもらえます。車の処分から廃車の手続きまでスムーズに終えられるので、初めて車を手放す人でも安心して利用できるでしょう。

参考:カーネクスト

古い車を賢く処分しよう

古い車は乗り続けるか、買い替えるかの選択が重要です。乗り続けることにはメリット・デメリットの両方があるので、自分にとってどちらが大きいかを考え、意志決定することが大切です。買い替えを選ぶなら、少しでもお得に処分できる方法を考えましょう。

古い車でも、廃車買取なら好条件で売却できることが多いです。少しでもお得に処分して、スムーズな買い替えを目指しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!