トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車の買い替えを検討し始める頃合いとして、「10万キロ」や「10年」など、走行距離や使用年数等を目安にすることがあります。たしかに、走行距離は車の寿命を決定する大きな要因になり得るでしょう。過酷な屋外の路上を数十キロメートルのスピードで走るわけですから、走ることで各部が消耗するのは当然です。

そして、部品や外装の消耗には、乗り続けた年数も関連してきます。直射日光が塗装やタイヤの寿命にも影響を与え、年数が経過した部品は劣化が早まります。したがって、車の寿命を判断するポイントは、走行距離と使用年数の2つが大きく関わってきます。

一般的な車の寿命は?

利用環境やオーナーのメンテナンス次第で、車の寿命は大きく変わります。ここでは、一般的な利用における車の寿命について、見ていきましょう。

走行距離は10万キロが目安

まったく路上走行をしていない新車を購入した場合、そのエンジンはおおむね10~15万キロメートルの走行で寿命を迎えると言われています。ただし、これはエンジンまわりの消耗品交換を最低限行った場合における数字であって、10万キロメートル付近から何かしらのトラブルを起こすことが多いという統計的な見方です。

したがって、エンジンまわりのメンテナンスを定期的に行えば、そのつど若干費用はかかるものの、20万キロメートル以上の利用に耐えることも珍しくありません。

トラブルで多いのは、タイミングベルトが切れる現象です。エンジン内部のパーツの中でも劣化が進みやすく、自動車メーカーの多くが10万キロを目安に交換するよう推奨しています。最近では、タイミングチェーンという金属製のパーツを使用するエンジンも多く見られ、この場合の交換目安は30万キロメートルにまで伸びます。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

タイミングベルト以外にも、エンジン部品はおおむね10万キロメートル前後で寿命を迎えるとされており、車の心臓部でもあるエンジンの修理には費用がかかります。同時に、他の部品も劣化している可能性があるため、総合的に判断して10万キロメートルを買い替えの目安にしている人が多い傾向にあります。

走行年数は13年が平均

使用年数から見た寿命は、おおむね13年と見積もられます。これは自動車の平均使用年数から求められた数字で、自動車検査登録情報協会の調査によると、2015年3月末の乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は12.38年でした。

これは、あくまで新車登録から抹消までの年数によるものであり、自動車が完全にスクラップされるまでの期間とは若干異なります。とはいえ、1975年ごろの平均使用年数は約7年だったことから見ると、約40年で6年程度も使用期間が延びているのがわかるでしょう。

この背景には、新開発素材の利用や安全性能の向上によって故障や事故が減り、使用年数が伸びていることがあります。また、低炭素社会の実現に向けた風潮から、公共交通機関の利用が勧められていることもあり、車に乗る機会が減って、買い替え時期が延びていることも影響しているとみられています。

車の寿命を判断する時の基準

走行距離や使用年数以外にも、愛車の寿命が近づいていることを判断する基準はいくつかあります。自動車そのものの機械的な要素と、新車発売などの周辺的要素のそれぞれについて見てみましょう。

エンジン内のパーツ交換が必要になった時

毎分何千回転も稼働するエンジンは、適切なメンテナンスを継続していても、走行距離に応じて劣化します。エンジン内部の部品を交換する場合には、工賃と部品を合わせると10数万円以上の高額な出費を覚悟しなくてはなりません。

さらに劣化が激しく部品交換だけで間に合わない場合は、エンジンそのものを乗せ替えることもあります。しかし、安全面やコストから考えれば、エンジン内のパーツ交換が必要になったタイミングは、車の買い替えを検討するひとつの契機と考えても良いでしょう。

買い替えたいと思った時

自動車メーカーは、消費者の購買意欲を刺激する魅力的なモデルを次々と発表します。モデルチェンジを重ねていかなければ、メーカー側の売り上げも先細りしてしまうので、技術の刷新やデザインの変更に意欲的なのは当然といえるでしょう。

新車発売にともない、旧車種の部品の製造が徐々に打ち切られ、供給期限も迫ってきます。部品が入手できなくなった段階で修理もできなくなることから、その時点が寿命という見方もできるでしょう。

また、新しい環境基準や安全基準を満たしたことで、大幅な減税や優遇措置を受けられる車種も登場します。補助金制度などを利用して新しい車に買い替えたいと思うユーザーも多く、そういった社会制度も新車への乗り換えを後押しします。このように、車の寿命は耐用年数とイコールではない側面もあります。

車の寿命をできる限り伸ばす方法

マイカーローンを組んだり、貯金を取り崩して購入した大切な愛車。少しでも長く乗り続けたいですよね。ここからは車の寿命を伸ばすためのコツについて見ていきます。

定期的にパーツを交換する

少しでも愛車に長く乗りたいなら、定期的なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスを定期的に行うことで各部を良好な状態に保つことができるので、結果として故障が少なくなって、車は長持ちします。オイルなどの消耗品はもちろんのこと、適切な交換時期を目安にパーツを交換していく必要もあるでしょう。

タイミングベルトやウォーターポンプ、ラジェーターホース、そしてサーモスタットなど、多くの部品の交換目安は、おおむね10万キロメートルとされていますが、車検や定期点検で劣化が確認された場合は、その限りではありません。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

必要に応じて部品交換やオーバーホールを行い、車全体を気に掛けることが、連鎖的な故障や大きな事故を防ぐ秘訣です。そして、メンテナンスが行き届いた車は、もし売却することになった場合も査定価格が上がるというメリットがあります。

消耗品はこまめな交換を心がける

オーナーの中には、車検や定期点検時のメンテナンスにまかせっきりで、自分では日常のメンテナンスをあまり行わないという人もいます。

しかし、エンジンオイルやタイヤなどの消耗品をこまめに交換することは、エンジンなどの主要部品にかかる負担を軽減することにつながります。ぜひ日頃から愛車の状態を気にかけるようにしましょう。

車を定期的に動かす

エンジンやブレーキなど、車の多くの部品は定期的に動作することを前提として作られています。したがって、ほとんど動かさないから長持ちするというわけではなく、あまり放置された状態が続くとエンジンオイルが腐ったり、油膜が切れてしまったりして、車にとっては好ましくない状態になります。

人間の身体と同じで、各部の動作を確かめる意味でも、せめて定期的にエンジンをかけるようにしましょう。

電気の無駄遣いを防ぐ

最近は、カーライフを充実させるためのさまざまな電気機器が搭載されるようになりました。もともと車内用に作られていない製品も、車載キットが販売されるようになり、車の電気使用量はどんどん上がっていく一方です。

ところが、車のバッテリーは走らせることで充電が行われます。ふだんからあまり運転をしないにもかかわらず、電気を多く使用していると、バッテリーが劣化しやすくなってしまうので注意しましょう。不要な電力使用は避けるようにして、バッテリーが消耗しないように配慮する必要があります。

定期的に洗車をする

定期的な洗車は、車の汚れを取り除くことだけが目的ではありません。簡易的なワックスでも、塗装面に被膜をつくることでボディーを保護し、小石の跳ねや軽微な接触では傷がつきにくくなります。また、傷による腐食からボディの塗装を守ることができるうえに、洗車時に車体の異常に気付くこともあるでしょう。

車の寿命を縮めてしまうNGな行為

ここからは、車の寿命に悪影響を与える行為について見ていきます。急いでいるときについやってしまわないよう、気持ちに余裕を持ってカーライフを楽しみましょう。

急停止や急ハンドルなどの無理な運転

急停止や急ハンドルなど、車体や部品に負荷のかかる運転はやめましょう。エンジンの回転数が急激に上昇し、部品の劣化を早めてしまいます。もちろんこれらは、安全運転のための鉄則でもあります。余裕をもって安全に走行することが、あなたの車を守ることにつながります。

エンジンをかけてからすぐに走りだす

最近の車は電子制御であり、低温時でもコンピューターが燃料の射出やエンジン回転数を適切に制御します。したがって暖機運転は必要ないとも言われてはいますが、エンジンをかけてからオイルが回るまで少し待ち、水温計が動くまでは控えめに走るようにしたほうが、愛車への負荷は少ないといえます。

屋外に車を停める

国内の住宅事情や、都市部の駐車場料金の高騰などにより、どうしても屋根のない場所に駐停車しなくてはならない状況は多く見られます。しかし、愛車が風雨や直射日光にさらされると、ボディが雨で傷んだり、飛んで来た小石がぶつかってキズがついてしまう可能性もあります。

外観を美しく保ち、寿命を伸ばしたいのであれば、雨風を防げる屋根付き車庫やカーポートの設置を検討しましょう。

車が寿命を迎えた時に利用したい買取業者は

長く大切に乗ってきた愛車も、いつかは手放さなくてはならない時期が訪れます。そんなとき、中古車の買い取りに特化した業者に相談することで、より高く買い取ってもらうことがでます。走行距離や使用年数を気にすることはありません。まずは気軽に問い合わせをしてみましょう。

車買取業者はカーネクストおすすめ

「廃車予定の愛車も0円以上買取り保証」「査定は無料」「世界中で販売」を売りにしているのがカーネクストです。顧客満足度は95%と高く、レッカー引き取りや書類手続代行などの廃車費用は全て無料。また、海外にも独自のルートがあり、どんな車も値段がつくのが特徴です。

申し込みも簡単で、入力フォームに、メーカー・車種・走行距離などの簡単な事項を入力するだけです。最短5分以内に回答がもらえます。なお、メールフォームは年中無休、24時間受付です。

参考:カーネクスト

愛車を大切にメンテナンスして長く乗り続けよう

愛車に長く乗り続けるには、やはり日頃から適切なメンテナンスを行い、こまめにその状態に目や耳を傾ける姿勢が大切です。定期点検時の部品交換やオーバーホールはもちろんのこと、洗車やタイヤ圧のチェックなど、自分でできる日常的なケアが、あなたと愛車の長いお付き合いにつながります。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!