トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を長期間使わなくなったときには、そのまま保管すればよいと思うかもしれませんが、それは誤りです。なぜなら、車は乗らなければどんどん傷んでいきますし、さらに、その間もずっと自動車税を支払い続けることになります。そのため、適切な管理と一時抹消の手続きを行うことが正しい選択です。

今回は、一時抹消に必要な書類や手続きの流れ、注意点や一時抹消後のことについて、詳しく解説していきます。さらに、おすすめの買い取り業者についても紹介します。この記事を参考にしていただき、乗らない車の自動車税を支払い続けることがないようにしましょう。

一時抹消の手続きに必要な書類

仕事などの事情で、車を長期間使わないときには、一時抹消を行えば自動車税を支払わなくて済みます。なお、この一時抹消手続きには、書類がいくつか必要になりますが、こちらは状況によって必要な書類が異なります。

また、基本的には店舗に依頼する場合と、自分で行う場合の二つの方法でありますが、ほかにも車が盗難された場合や、車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合も考えられます。ここでは、それぞれの場合で、どんな書類が必要なのかを解説します。

店舗に依頼する場合

一時抹消登録を自分ではなく、お店などに依頼する場合は、次のものが必要になります。

  • 発行日から3カ月以内の印鑑証明書
  • 所有者の実印の押印がある委任状
  • 車検証
  • ナンバープレート

ちなみにナンバープレートに関しては、前と後ろの2個必要になります。こちらは、一番基本的な一時抹消の手続きです。なお、一時抹消を行なう目的が、車が盗難された場合や、車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合には、こちらだけではなくほかにも必要なものがあります。

自分で行う場合

一時抹消登録を自分で行う場合には、以下のものが必要になります。

  • 発行から3カ月以内の印鑑証明書
  • 所有者の押印がある委任状
  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税と自動車取得税の申告書

こちらも、依頼する場合と同様に、基本的な一時抹消の手続きに必要なものです。

車が盗難された場合

車が盗難被害を受けた場合は、ナンバープレートが手元にありません。そのため代わりの書類として、以下のものが必要になります。

  • ナンバーと車体番号を控えたメモ書き
  • 申請者の身分証明書
  • 登録事項等証明書交付請求書

また、理由書という車の盗難の届出を行った警察署名などを書き込んだものが必要です。盗難時の一時抹消の手続きの際にはこれらが追加で必要です。

車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合

車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合は、住民票や戸籍の附表などの書類が別途必要になります。なお、こちらは住所変更の回数によって、どちらの書類を用意するのか決まっています。

住所変更が1回の場合は住民票、住所変更が2回以上の場合は、戸籍の附表と定められています。車検証と印鑑証明書の住所が異なる場合には、どちらかを必要書類に加えて用意する必要があります。

一時抹消登録の当日の手続きの流れ

一時抹消に必要な書類が理解できたら、次はどのような流れで手続きを行うのかを把握しましょう。基本的には、以下のような3つの流れで行われます。

  • 運輸支局で用紙をもらって記入する
  • 書類を提出して通知書の交付を受ける
  • 自動車税事務所に通知書を提出する

必要な費用や詳しい内容について、詳しく解説していきます。

運輸支局で用紙をもらって記入する

まず、運輸支局の窓口に行って、手数料納付書や一時抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税の申告書をもらいます。その後、見本に従って記入していきます。なお、自動車税・自動車取得税の申告書に関しては、必要がないこともあるので、その場で確認してください。

そして、登録手数料分の印紙を購入し、手数料納付書に張り付けます。この一時抹消登録手数料として、350円掛かります。

書類を提出して通知書の交付を受ける

書類を書き終えたら、次は書類を運輸支局の窓口に提出します。その際に不備がなければ、登録識別情報等通知書が交付されます。なお、この登録識別情報等通知書とは、申請した一時抹消の内容が記された書類です。

この登録識別情報等通知書が交付されたら、記載に間違いがないかを、必ずしっかりと確認するようにしてください。また、万が一間違いがあればその旨を伝えましょう。

自動車税事務所に通知書を提出する

最後に行うことが、自動車税事務所に通知書を提出することです。運輸支局内にある税申告窓口に行き、自動車税・自動車取得税申告書と、登録識別情報等通知書を提出してください。これが終われば、一時抹消の手続きは終了です。

すると後日、自動車税が月割で還付されます。なお、地域によっては、申告が不要な場合もあるので、お住いの地域で必要なのかを確認してください。

一時抹消手続きを行うときの注意点

一時抹消手続きを行ううえで、注意すべきポイントが2つあります。それは、ナンバープレートを外した車に乗ることは違法であること、一時抹消登録中の車は、大切に保管するということです。これらに関してしっかりと認識したうえで、手続きを行いましょう。

ナンバープレートを外した車に乗るのは違法

一時抹消登録を行うと、車は一時的に廃車になっています。また、一時抹消登録のためにナンバープレートを外した車は、交通法の違反になるため、乗ることが不可能になります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

ただし、事情によってはやむを得ず走行させることもあり得ます。この場合には、中古新規登録をすれば、公道を走れるので手続きを行いましょう。

なお、中古新規登録は、基本的には管轄する運輸支局もしくは、自動車検査登録事務所で新規登録してください。また、一時抹消登録したものが、軽四輪及び軽三輪自動車であれば、軽自動車検査協会に確認してください。

一時抹消登録中の車は大切に保管する

車は長期間走らせないと傷んでいきます。そのため、一時抹消登録中の車は大切に保管するようにしましょう。まず、保管する際にはカバーをかけるか、屋根付きの駐車場や車庫などに保管してください。なお、カバーはしっかりとした車専用のものを使用してましょう。

また、バッテリーのターミナルは外しておくことも大切です。こちらに関しては、バッテリーが放電してしまう問題以外に、火災を発生させるリスクを生じさせるのでしっかり行ってください。

そして、ガソリンを満タンにしておきましょう。こちらは、車を長期間放置する関係上、痛みを最低限にするためのベターな方法です。これらを行うことで、車の傷みを軽減させられるので、一時抹消する際にはしっかりと頭に入れておきましょう。

一時抹消登録後のパターンごとの手続きは?

一時抹消を行ったあとには、どんな手続きを行うのかをみていきます。一時抹消登録後は、以下の3つのパターンで対応が異なります。

  • 車を解体する場合
  • 車を売る場合
  • また乗る場合

それぞれの場合で、どんな手続きが必要なのかを理解していきましょう。

車を解体する場合

一時抹消登録後に車を解体する場合は、運輸局に解体届出を提出する必要があります。また、この解体届出は、車が解体されてから15日以内に行わなければなりません。

こちらは、改正道路運送車両法によって定められているので、必ず期間内に行うように注意してください。なお、解体届出の手続きには、下記の書類が必要です。

  • 所有者の委任状
  • 登録識別情報等通知書または、一時抹消登録証明書
  • 移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き

車を売る場合

一時抹消した車を売る場合は、所有者から購入者に名義を変更する必要があります。この手続きは、必要書類を揃えれば陸運支局で無料で行えます。

なお、必要書類は次のとおりです。

  • 譲渡証明書
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 登録識別情報等通知書または、一時抹消登録証明書

また乗る場合

一次抹消登録した車にまた乗る場合は、運輸支局で中古車新規登録を行う必要があります。お近くの警察署で、自動車保管場所証明書と別名車庫証明書を発行してもらい、必要書類を用意して、運輸支局や軽自動車検査協会で手続きを行ってください。

なおこちらは、所有者と使用者が同一の場合と、違う場合で必要種類が違うため、事前にしっかり確認しておきましょう。

一時抹消後の売却で利用したい買取が得意な業者は

一時抹消登録後に売却する場合には、できれば高く車を買い取ってもらいたいものです。しかし、買取の業者についてよく知らないという人は、どこで売却すればよいのかわからないことでしょう。

そこでここでは、買取が得意なおすすめの業者を紹介します。もしも、一時抹消後に買い取ってもらうのであれば、車の買取が得意な業者に依頼して、ぜひ車をより高く買い取ってもらいましょう。そうすれば、きっと満足のいく売却が可能になります。

車買取業者はカーネクストおすすめ

一時抹消後の車を、買い取ってもらうのにおすすめの業者なのが「カーネクスト」です。こちらなら、事故車や不動車など、どんな車であっても0円以上の買取保証してくれます。

また、買い取ってもらう際のレッカーや書類代行、査定がすべて無料になっています。さらに、キャッシュバックキャンペーンも行っており、車を売りたい人にはうってつけの業者だといえます。

なお、なぜこんな買取を可能としているのかといえば、カーネクストでは買い取った車を、世界中で販売しているためです。この販路の広さが、利用者のメリットを生み出しています。売却を考えているのなら、一度はこちらを検討してみてください。

参考:カーネクスト

状況に応じて計画的に手続きを進めよう

車を一時抹消する際には、お店に任せる場合と自分で手続きをする場合で、必要な書類は異なります。またに、一時抹消登録の当日の手続きは、大きく分けて3つの流れがあります。

一時抹消手続きを行うときには、ナンバープレートを外した車に乗るのは違法なので、注意してください。さらに、一時抹消登録後には車の解体や売却、また乗る場合がありますが、その際はそれぞれで手続きが必要です。

必要に応じて、買い取り業者のサービスの利用も検討してみてください。一時抹消は、状況に応じて計画的に手続きを進めることで、スムーズにことが運びます。

0円以上買取保証