トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

自動車はどれぐらいの走行距離になれば、買い換えや廃車手続きを進めるようになるのでしょうか。寿命と走行距離は関係しているため、知識を深めておく必要があります。そこで本記事では、走行距離から考える廃車の時期について解説していきます。

走行距離だけではなく、車の寿命と手放すまでの期間、中古車市場での価値、おすすめの廃車買取業者についても取り上げていきましょう。自動車の走行距離が気になる人や、長い期間同じ車に乗っている人などは、本記事をお役立てください。

車の寿命と手放すまでの期間

まずは、車の寿命と手放すまでの期間をみていきましょう。自動車は、乗れるまでが寿命ですので、はっきりと寿命を定義できるものではありません。約8年で手放す人は多いですが、人によります。もちろん長く乗ったほうが節約にもなります。

壊れるまでが寿命

自動車は、走らなくなった、あるいは壊れたときが寿命になります。寿命になったら、新しい車を買い替えたり、壊れた自動車の廃車手続きをしなければなりません。しかしながら、故障しても、修理すれば長く乗り続けることは可能です。壊れたらすぐに買い替えるのは、お金がもったいないです。

走行距離10万キロで手放す人が多い

多くの人がだいたい8年で自動車を手放します。走行距離であれば、10万キロオーバーということになるでしょう。10万キロ以上になってくると、修理費用などがかかり、車検代も高くなりがちです。日本では、10年以上乗っていると長期間に感じられるかもしれませんが、外国では珍しくありません。

走行距離から考える廃車の時期

走行距離から、自動車の不具合をみていきましょう。10万キロはエンジンの寿命になり、部品交換も必要になります。15万から20万キロになると、メーカーからの部品を供給されなくなりますが、昨今では、30万キロ走行が可能な場合もあります。こうした走行距離から考える廃車の時期を詳しく解説していきましょう。

走行距離10万キロはエンジンの寿命

走行距離10万キロになると、エンジンに不具合が出てはじめます。もちろん、不具合を放置せず、しっかりとメンテナンスすることで、10万キロ以上乗り続けることは可能です。しかし、ある程度修理費用がかかりますため、乗り換えする人が多い傾向です。

10万キロを超えると部品交換が必要

エンジンだけではなく、部品の劣化が進むのも、10万キロ以上からです。部品であれば、修理するのではなく、交換が求められます。5万キロ程度では気にならなかった部分も、10万キロになると、不具合が目立つようになるでしょう。

たとえば、タイミングベルトは10万キロが交換時期となります。高くて約10万円の費用がかかります。タイミングチェーンであれば、30万キロは乗れるでしょう。ウォーターポンプやゴム類も、10万キロが交換時期目安です。

ファンベルトは5万キロで変える必要がある部品です。クラッチは人によって異なり、運転が上手な人は、10万キロはもちます。修理する箇所が多く、費用が高くなってしまう場合は、新車への買い換えを検討しましょう。

走行距離の寿命は15万から20万キロ

10万キロからエンジンや部品を交換することで、長く乗り続けることが可能ですが、15万~20万キロに達すると、修理そのものができなくなる可能性があります。なぜなら、自動車メーカーの部品供給終了時期は、約15~20年だからです。

故障しても、修理できなければ、自動車を走らせることができません。15~20年で部品の取り寄せが困難になります。いずれにせよ、走行距離の寿命は15万~20万キロと認識しておきましょう。

最近の車は30万キロ走行可能

タイミングベルトではなく、より丈夫なタイミングチェーンにすれば、30万キロ程度まで走行可能です。しかしながら、伸びてしまった場合は、交換しなければなりません。タイミングチェーンの伸びは、エンジンの不具合にもつながります。

また、タイミングチェーンでの30万キロ走行は、こまめなオイル交換が前提です。しかも、タイミングチェーンの交換費用は、高くて20万円ほどになりますので、タイミングベルトの倍です。ディーラーではなく、整備工場などに依頼すれば、もっと安くなる可能性はあるでしょう。

日頃のメンテナンスで長く乗ることができる

自動車の寿命を延ばすためには、走行距離に関わらず、しっかりとメンテナンスすることです。エンジン、バッテリー、タイヤなど、定期的に点検するようにしましょう。また、自動車の乗り方も重要です。急に止まったり、加速するようなドライビングは、車に負担をかけてしまいます。

自動車の丁寧な乗り方は、自動車教習所で教わったドライビングです。ゆっくりと発進して、ゆっくりペダルを踏んで車を停止させる方法であれば、自動車に負担をかけず、長く乗ることができるでしょう。

過走行車の中古車市場での価値

走行距離の多い自動車は、中古市場でどれぐらいの価値があるのでしょうか。基本的には、10万キロを超えると買い手が現れず、価値が下落します。しかし、外国では走行距離の多い日本車は、人気があります。こうした過走行車の中古車市場での価値について深掘りしていきましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

10万キロを超えると極端に価値が下がる

走行距離が10万キロを超えた車を、過走行車と呼ぶことがあります。走行し過ぎた自動車という意味ですが、10万キロオーバーの車は、中古車市場で高い価値になることはありません。メンテナンスの有無や車の状態によっては、価値が上がることもありますが、基本的には10万キロを超えると極端に価値が下がります

海外では日本の過走行車は人気がある

外国では、日本の過走行車は中古市場で出回り、20万キロオーバーでも、走っていることがあります。日本車は耐久性があり、しかも過走行車は安値で仕入れることができるからこそ、人気です。つまりこれは、外国に販売ネットワークを持っている買取業者であれば、高値で売れる可能性があるということです。

走行距離の多い車は廃車買取業者に売ると良い

10万キロを超えるような過走行車を手放す際は、廃車買取業者を選ぶようにしましょう。廃車買取業者は、事故車や修復歴があっても買い取ってくれます。ここでは、廃車買取業者の特徴とおすすめのサイトについて詳しく取り上げていきます。

通常は買取できない車も高値がつくことも

ディーラーによる下取りで過走行車を手放すこともできますが、10万キロを超える自動車に、高い査定額を出すことはありません。そもそもディーラーは、中古市場について詳しいわけではなく、新車の専門家といえます。ディーラーによっては、廃車に関する費用を支払うことになり、所有者が損をするだけです。

また、廃車にしてしまう手段もありますが、これもディーラーの下取りと大した違いありません。もっともおすすめできるのは、廃車買取業者の利用です。中古市場に詳しく、外国に販売ネットワークがあれば、過走行車であっても、高値で買い取ってくれる可能性があります。

事故車や修復歴があっても大丈夫

今まで事故車や故障車は、廃車にしてしまうか、安値で手放すかのどちらかでした。高値で売る際は、しっかりと修理しなければならない状況だったのです。もちろん修理費用も時間もかかってしまいますので、多くの人が故障車を廃車にしていました。

しかし現在では、廃車買取業者によって、故障車であっても、使える部品だけを取り出し、売却しています。素材そのものを売っている業者もありますので、どのような状態の自動車であっても、買い取ってもらえるでしょう。

ちょっとした不具合のある自動車であれば、廃車買取業者ではなく、普通の中古車買取業者での買い取りをおすすめします。小さな剥げや傷は、修理代が高くならず、買取価格にもそれほど影響することはありません。完全に修理できない状態の自動車や水没車であれば、廃車買取業者にお願いしましょう。

高く売るためのコツは、複数の業者から査定を受けることです。業者によって査定額が異なり、もっとも高い金額を出したところを選べば、自動車を買い替える際の元手が増えます。併せて、自動車の相場価格を知っておくと、適正な査定額なのかどうか判断することができるでしょう。

過走行車の売却は廃車買取のカーネクストへ

「走行距離が多すぎるて売れないかもしれない」と悩んでいる人は、カーネクストがおすすめです。過走行車以外でも、旧式の自動車や動かない車、故障車も0円以上の買取保証サービスにより、損をしません。自動車の状態によっては、高値での買い取りも可能です。

カーネクストは、独自の海外販売ネットワークを持ち、各パーツだけの再利用もしているからこそ、0円以上の買取保証を実現しています。廃車にする前に、一度相談みるとよいでしょう。

しかも、引取り手数料、解体費用、廃車手続き代行費用、すべて無料です。全国に対応しているレッカー費用も、もちろん無料になっています。無駄な出費を回避できるだけではなく、面倒な手続きは、すべてカーネクストが対応してくれます。

また、費用をかけず、自動車税の還付手続きも代行してくれるサービスがあります。人によっては、還付金が戻ってくることも考えられるでしょう。メーカーや車種などを入力するだけで、手軽に無料査定できるだけでなく、フリーコールで相談も可能です。過走行車の売却は廃車買取のカーネクストを利用しましょう。

参考:カーネクスト

廃車時のことを考え日頃から車を大切に扱おう

自動車は、壊れてしまい、乗れなくなったら寿命です。走行距離10万キロで手放す人が多く、所有期間は、だいたい8年程度です。10万キロになると、エンジンが寿命になり、さまざまな部品を交換する時期になるからこそ、買い換えを検討する人が増えるでしょう。

もちろん、修理やメンテナンスを繰り返せば乗り続けられますが、自動車メーカーの部品供給終了時期は約15~20年ですので、走行距離の寿命は15万から20万キロと認識しておいてください。最近の車では30万キロ走行も可能であり、定期的なメンテナンスで、より長く乗ることが可能です。

10万キロを超えると、中古車市場での価値は極端に下がってしまいますが、外国では需要があり人気なため、海外販売ネットワークを持っている業者に買い取ってもらうと、高値で売却することができるでしょう。自動車を大切に扱えば、長く乗り続けられるだけではなく、高値の買取も目指せます。

0円以上買取保証