トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

自動車は高値であり、すぐに買い換えができるものではありません。どれぐらいの年数であれば、乗り続けることができるのでしょうか。そこでこの記事では、新車で購入した車は何年乗れるのか、中古車は何年乗るのが一般的なのかについて取り上げていきます。

併せて、廃車を考えている人向けに、買取業者についても解説していきます。また、自動車の寿命を知りたい人、買い換えを検討している人も、ぜひこの記事を参考にしてください。

新車で購入した車は何年乗れるのか

まずは、新車はどれぐらいの年数乗れるのか解説していきましょう。10年で買い替える人も少なくありませんが、約15年が目安です。走行距離であれば、10万から15万kmになるでしょう。もちろん、できるだけ買い換えず、乗り続けた方が得です。新車で購入した車は何年乗れるのか、詳しくみていきます。

車の寿命は約15年と言われている

「自動車が好きなので5年ペースで買い替えている」「10年が目安と聞いたことがあるのでそうしている」など、人によって、新車にどれぐらい乗っているのか異なりますが、新車であれば、10年を目安にしてください。

もちろん、10年も経てば、メンテナンス費用や部品交換費用などがかかりますが、定期的に点検すれば、乗り続けることは可能です。しかしながら、メーカーから部品が供給されるのは、だいたい15年までですので、これが寿命の目安になる年数でしょう。

もちろん、車種によって違いますし、丁寧な運転を心がけている人は、長く走り続けることができます。いずれにせよ、10年以上乗っていたら、自動車の状態をチェックし、修理して乗り続けるのか、それとも買い換えるのか、検討してみてください。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

車の一般的な走行距離は10万~15万km

走行距離であれば、10万~15万kmまでは乗れます。10万kmを超えてくると、エンジンやさまざまな部品に劣化が生じ、メンテナンスを求められることになるでしょう。タイミングベルトやウォーターポンプ、クラッチなどは、10万kmが交換時期の目安となります。

もちろん、メンテナンスや部品を交換し続ければ、10万km以上乗ることも可能ですが、どうしても修理費用がかかってしまいます。金額的にあまりにも多くなってしまった場合は、別の新車を買ったほうが長期的には安上がりな可能性もあります。

車には長い期間乗る方がお得に

新車を買い換える平均年数は、だいたい8~10年ほどです。この年数に合わせて、別の自動車を購入することも悪くはありませんが、乗り続けた方が得です。乗り続けることで上がってしまう税金の種類がありますが、たいした金額ではありません。

そもそも、新しい自動車を購入する費用と、今乗っている車のメンテナンスや修理費用は、基本的には、後者の方が安値になるでしょう。日本車は、耐久性に優れ、長持ちすると言われていますので、しっかりと点検すれば、頻繁に買い換える必要はありません。

中古車は何年乗るのが一般的か

新車では、年数は約15年、走行距離は10万~15万kmが寿命とされていますが、中古車は何年乗るのが一般的なのでしょうか。まず、中古車を購入する際、走行距離は5km前後が多いです。そして、5~6年乗る人が多いといわれています。

中古車の走行距離は5km前後が多い

中古車は、もちろん新車のように、0kmではありません。誰かが乗っていた自動車であり、ある程度走行距離があります。できる限り安値で入手したい人は、5万km以上がおすすめです。なぜなら、5万kmから自動車の価格が低くなるからです。

5万kmを超えて価格が安くなっても、品質などが劣化した自動車とは限りません。たとえば、4万kmでほとんどメンテナンスしていない車と、しっかり整備された5万kmの自動車であれば、5万kmの方が長持ちする可能性があるでしょう。

中古車は5~6年乗る人が多い

中古車は、何年落ちのものを購入するのかで、何年乗るのか変わりますが、平均的には、5~6年です。中古車の走行距離は5km前後が多く、そこから5~6年なりますので、トータルで10年程度になります。中古車を購入して、10年を超えて乗り続けることは、滅多にありません。

廃車を考えているなら買取業者に依頼する

長年乗り続けている自動車の廃車を検討している人は、廃車買取業者に依頼することをおすすめします。ディーラーに下取りしてもらうと、廃車に関する費用を支払うだけではなく、高値で買い取ってもらえる確率は低いです。中古買取業者も、自動車の状態によっては、受け付けてくれません。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

いらない車はカーネクストの廃車買取にお任せ

廃車買取業者でおすすめなのは、カーネクストです。カーネクストは、不動車や事故車であっても買取可能であり、還付金が戻ってくるよう手続きの代行サービスもしてくれます。このように便利なカーネクストの特徴を紹介していきます。

売却処分よりも負担が少ない廃車買取

そもそも廃車買取は、自動車を処分するのではなく、状態に合わせて修理したり、パーツだけを再利用したり、すべてを処分するものではありません。だからこそ、カーネクストでは、0円以上の買取保証を行っています。また、海外での販売ネットワークがあり、人気のある日本の中古車は、買取可能です。

海外では、日本では需要がない自動車であっても、耐久性や優れた整備力があるからこそ、好評を得ています。もちろんエンジンが正常ではなかったり、外装が汚れていれば別ですが、そうでない場合は、高値での買い取りも夢ではありません。

カーネクストは不動車や事故車であっても買取可能

カーネクストは、旧式の自動車も、動かなくなってしまった車も、車検切れも、走行距離が多すぎる自動車も、事故車も買い取ってくれるサービスです。車の状態だけではなく、国内外問わず、どんなメーカーの自動車であっても、受付しています。場合によっては、高値の買取も実現できるでしょう。

還付金の受け取りが可能に

無料で自動車税の還付金手続きをしてくれるのも、カーネクストの特徴になるでしょう。ディーラーやほかの買取業者では、還付金手続きをしてくれない可能性があります。還付金とは、払い過ぎた自動車税が戻ってくることです。

手続きに多少時間がかかるため、早めに依頼することをおすすめします。また、軽自動車は対象外ですので、ご注意ください。還付金は、郵便局で受け取りましょう。

面倒な手続きをする必要はなし

引取り手数料、レッカー費用、解体費用、廃車手続き代行費用がすべて無料であることもメリットになるでしょう。レッカーは3,000カ所以上のネットワークで全国に対応しており、廃車の手続きも書類さえ用意すれば、すべてカーネクストが進行してくれます。廃車の引き取りも、最短当日で土日祝も可能です。

また、カーネクストでは、無料査定も行っています。メーカーや車種などを入力すれば、あとは連絡を待つだけです。年中無休のフリーコールで相談も受け付けています。廃車買取のフローは、無料査定して、成約後に引き取り、そして必要書類を記入して、最後に口座振り込みです。

参考:カーネクスト

乗りつぶした車は賢く処分しよう

新車で購入した車は、約15年は乗れます。もちろん、メンテナンスや部品の交換は必要です。走行距離は10万~15万kmを目安にしましょう。中古車は、5~6年乗ることが一般的でしょう。もともとの走行距離は5km前後が多いため、新車のように10年乗ることは難しいです。

乗れなくなった自動車は、廃車の買取業者に依頼することをおすすめします。中でも、カーネクストは、不動車であろうと、事故車であろうと、どのような状態の車でも0円以上の買取保証をしている優れたサービスです。

廃車費用や引き取りに関する料金などは、一切かからず、状態次第では、高値の買い取りも可能です。無料査定や自動車税の還付金手続きをしてくれることも魅力です。乗りつぶした車は、賢く処分しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!