廃車することになった場合、廃車回送はどこに持っていくのかということから悩んでいる人もいることでしょう。廃車の手続きを受け付けている業者はいくつかあります。どこに持っていくのがベストなのか、その選択を間違えないようにしましょう。

廃車回送は、自分で行う方法や業者に依頼するなど、車の状態により手続きが異なります。手続きには手間がかかりますが、なるべく手間をかけずに行う方法を選択することは可能です。さらに、手続きの方法により費用も変わるので、どの方法を選択するのかは重要なポイントです。

廃車回送するならどこに持っていくのか

廃車にする車を自分で回送する場合、廃車回送先にはいろいろな選択肢があります。例えば、解体業者やディーラー、中古車販売店、自動車修理業者、廃車買取業者です。

ただし、ディーラーや中古車販売店、自動車修理業者に廃車回送したとしても、結局はそこから解体業者に依頼するケースが多いため、中間コストがかかってしまい損をします。その場合、直接解体業者に持って行ったほうがよいでしょう。

ただし、中古車として再販できる場合は、ディーラーや中古車販売店に持ち込んだほうがよいこともあります。支払う手数料などを差し引いたとしても、買取価格が上回るのであれば、ただ廃車にするよりも得です。逆に値段がつかない車であれば、廃車の手続きにお金がかかるので注意しましょう。

業者に依頼して廃車回送の手続きを代行してもらう方法もあります。ディーラーや中古車販売店、解体業者で対応してもらえるか尋ねてみるのもよいでしょう。もしくは、廃車買取業者に依頼するのもおすすめです。廃車買取業者は廃車を専門にしているので、廃車に関する依頼をすると得することがたくさんあります。

自分で廃車回送を行う場合の手続き

廃車するにしても、「一時抹消」なのか「永久抹消」なのかで行う手続きの内容が異なります。一時抹消であれば、廃車回送の必要すらありません。それぞれの廃車回送の手続きについて確認しましょう。

一時抹消は廃車回送の必要がない

一時的に廃車をし、その後また登録し直して車に乗れるようにするには、「一時抹消」を行うことがあります。その目的は人によりますが、例えば海外出張などで車に乗らない期間の自動車税の支払いをなくす目的などです。事情があり一定期間車に乗らないけれど、その後また乗る可能性がある場合に、一時抹消を行います。

一時抹消の場合は、ナンバーを陸運局に返却するだけでよいので、廃車回送は行わなくてもよいです。一時抹消中は公道を走れませんが、再び車に乗る必要があれば、登録をし直せば公道を走れます。

永久抹消は解体業者などに廃車回送する

二度と車に乗らない場合に永久抹消をします。永久抹消をしたら、再登録ができないので再び公道を走ることはできません。中古車としての価値がなく再販できないのであれば、基本的に解体をします。そのため、許可を受けた解体業者などに廃車回送をする必要があるのです。

解体業者に依頼することになった場合、その解体費用などに約10,000円前後の費用がかかります。業者によっては解体によっては出た鉄くず代を支払ってくれる業者もあるため、事前に確認しましょう。

永久抹消の手続きは手間がかかる

自分で永久抹消をするには、手続きに手間と時間がかかることを覚悟しておきましょう。抹消登録の手続きにかかる費用は手数料が数百円程度なのでそれほど問題ではありませんが、永久抹消登録の手続きに必要な書類を用意することに手間と時間がかかります。

永久抹消登録をするには、「印鑑証明書」「実印」「車検証」「ナンバープレート前後2枚」「移動報告番号と解体通知日が記載された書類」「リサイクル券」「自動車重量税還付申請書」「マイナンバーカードまたは通知カードのコピー」が必要です。必要書類が全て用意できたら、直接運輸支局に行き、手続きをしなければなりません。

車検切れで運転できない車を廃車回送する方法

車検切れの車は運転不可能です。車検切れで運転できない車を廃車回送するには、仮ナンバーを発行します。どのように廃車回送を行うのかを知っておきましょう。

仮ナンバーを発行して自分で廃車回送する

自分で運転して車を解体業者などに持っていくには、仮ナンバーを発行して臨時運行の許可を得る必要があります。仮ナンバーとは、赤い斜線が入ったナンバーのことです。役所の窓口に申請書や必要書類を提出し、臨時運行の許可が出たら、仮ナンバー2枚を貸し出してくれるので、車の前後に付けましょう。

仮ナンバーは、「車検が切れた場合」「盗難などでナンバープレートをなくした場合」「一時的に廃車した車のナンバーを再び取得する場合」などに認められます。車検、登録、販売など、正当な理由がないと、仮ナンバーの取得が認められません。

仮ナンバーは、審査後すぐに発行されますが、申請には車検証や一時抹消謄本などの書類の用意が必要です。また、自賠責保険に未加入であれば、保険料を支払って加入する必要もあります。仮ナンバーの使用期限は5日間です。そのため、5日以内に返納することを忘れないようにしましょう。役所によっては、郵送でも返納できる可能性があります。

故障などにより車が動かない場合は、レッカー牽引しなければなりません。その場合は、レッカーの費用がかかります。

回送運行ナンバーを使用して業者が廃車回送する

業者が発行する回送運行ナンバーというものがあります。ディーラーナンバーや赤枠ナンバーとも呼ばれていますが、正式名称は回送運行許可番号票です。仮ナンバーは赤い斜線が入ったナンバーですが、回送運行ナンバーは赤く囲まれています。

仮ナンバーは一台ごとに許可申請が必要ですが、回送運行ナンバーは業者に対して発行されるもので、一台ごとに許可申請する必要はありません。廃車回送を業者に依頼する場合は、回送運行ナンバーを使用し、業者が廃車する車を運びます。


車が動かない場合の廃車回送はレッカー費用がかかる

自走できるのであればよいのですが、車が動かない場合は、廃車回送先まで運ぶのにレッカー費用がかかります。レッカー費用は10,000円~10万円以上です。JAF会員かどうか、レッカー移動の距離、車がある場所、車の状態など、状況により費用が大きく異なります。

車が動く状態だったとしても、車検が切れており整備されていない場合はエンジンやブレーキなどに問題がある可能性があるので、運転するのは危険です。そのような場合も、レッカー車で運んだほうが安全ですが、やはり費用が高くなることが気になります。

レッカー費用をかけずに廃車回送をしたいなら、廃車買取業者に相談してみましょう。動かない車でも、無料で廃車回送してくれます。

廃車回送は廃車買取業者に依頼するとよい

廃車回送なら、廃車買取業者に依頼すると手間も費用もかからずに済む可能性が高いです。車の引取り、廃車回送、抹消登録申請など、廃車に関するさまざまな手続きを無料で代行してくれます。

代行してもらうために必要な書類を用意するだけなので、自分で廃車回送の手続きを行うよりも手間や費用を大幅に削減できるのです。

ディーラーや中古車販売業者でも手続きを代行してもらえることがありますが、引取り費用やレッカー費用などを請求されることがあります。廃車買取業者は、それらの費用を無料で行ってくれるところが多いです。

廃車買取業者は、中古車としての価値を見るのではなく、車の部品を中古品として販売したり、金属を鉄やアルミなどに分別してリサイクルすることを目的にしています。

そのため、ディーラーや中古車販売業者では取扱いを断られたような車でも、値段をつけてくれる可能性があります。廃車買取業者では、相談や査定を無料で行ってくれることが多いため、気軽に相談してみましょう。

廃車回送するなら廃車費用すべて無料のカーネクストがおすすめ

廃車買取業者を利用するなら、信頼できる業者かどうかを見極めることも大切です。おすすめの廃車買取業者の一つにカーネクストがあります。引取り手数料、廃車回送費用、解体費用、廃車手続き代行費用など、廃車にかかる費用はすべて無料です。一部離島を除き、日本全国どこでも無料で陸送対応してくれます。

仮ナンバーの取得や自賠責保険の加入の手間や費用もかかりません。動かない車でもレッカー費用を支払う必要がないため、手間や費用をかけることなく廃車回送を含む全ての廃車手続きを行えます。必要書類や手続きについてわからないことがあれば、専門のオペレーターが年中無休で案内してくれるため安心です。

参考:カーネクスト

廃車回送は廃車買取業者に依頼するとお得

古い車や走行距離が多い車、故障車や動かない車などは、中古車市場ではほぼ需要がありません。そのため、ディーラーや中古車販売業者に依頼しても買い取ってもらえず、逆に廃車回送や解体などの手続きに費用がかかってしまいます。

しかし、廃車買取業者なら、廃車回送などの廃車に関する全ての手続きを無料で代行してくれるのでお得です。さらに、車の部品代や鉄くず代として買い取ってもらえる可能性もあります。廃車回送するなら、廃車買取業者に依頼しましょう。