車の故障の中で特に怖いのが、オーバーヒートです。これはエンジンの焼き付きとも言われるもので、エンジンの温度が高くなりすぎて、故障することを指します。

オーバーヒートの原因は複数あり、対処法もそれぞれ違います。重大な故障を防ぐためにも、原因や対処法への理解を深めておきましょう。

オーバーヒートの原因

まずオーバーヒートを起こしてしまう原因ですが、これは複数考えられます。

  • 冷却水の不足
  • 冷却用電動ファンが原因
  • ウォーターポンプが原因
  • サーモスタットが原因

主な原因はこれらです。スムーズに対処するためにも、まずは何が原因になっているかを知らなければなりません。症状を把握して、原因を正しく追及しましょう。

冷却水の不足

車には冷却水と呼ばれるものが搭載されており、これは簡単に言えばエンジンを冷やすためのものです。冷却水がエンジンに送られ、温度を下げることで、オーバーヒートするのを防いでいます。冷却水は規定量があり、これが減っていると温度が上がりやすくなるので注意が必要です。

少し減ったくらいなら問題はありませんが、大幅に目減りしてしまうと、冷却機能が弱くなってしまいます。完全になくなると全く冷却ができず、エンジンが燃えてしまう危険性すらあります。

冷却用電動ファンが原因

エンジンを冷やすための部品は多数存在し、冷却用の電動ファンもそのひとつです。これは電気の力で動いているファンであり、送風によって温度が上がるのを防いでいます。送風機能が正しく作動していないと、温度が上がりやすくなり、オーバーヒートに繋がることが多いです。

これはファン自体の故障はもちろん、電気系統全体の不具合が原因となっていることも多いため注意が必要です。エンジン以外の電子回路に問題があるケースも多く、車全体の故障を疑わなければなりません。

ウォーターポンプが原因

冷却水はエンジンを冷やす役割を担っていますが、これ単体ではエンジンの温度は下げられません。温度を下げるには冷却水を送り出す装置が必要で、これをウォーターポンプが担っています。

つまり、ウォーターポンプに何らかの異常がある場合も、オーバーヒートを起こしてしまう可能性があるため注意しなければなりません。

冷却水はたっぷり入っていても、それがスムーズに送り出されていないことで、エンジンの温度が上昇してしまうこともあります。冷却する役割を担うものだけではなく、それに関連する部品もチェックしておかなければなりません。

サーモスタットが原因

冷却水に関係する部品には、サーモスタットというものもあります。これは冷却水の温度を管理するもので、温度が上がりすぎることを防いでいます。

そのため、サーモスタットが正しく作動していないと、冷却水が熱くなりすぎて、エンジンを余計に過熱してしまうため注意が必要です。冷却水が十分あり、送り出しも上手くいっているのにオーバーヒートを起こすなら、温度管理の機能が正常に機能していない可能性が高いでしょう。

オーバーヒートの対処法

重大な故障であるオーバーヒートは、放っておくと火災や爆発といった、重大な事故を引き起こすことも少なくありません。

そのため、事前に対処して防ぐことが大切で、万が一起きてしまった場合も、被害を最小限に抑えることが重要です。正しい対処法を知って、被害を拡大しないよう注意しましょう。

エンジンを停止させる

運転中にオーバーヒートに気づくのは難しいですが、何らかの異変が起きたなら、ただちに走行をストップしましょう。この時ただ止まるだけではなく、エンジンも切ることが大切で、通電しない状態にしなければなりません。

エンジンから異音がしたり、車内が異常に暑かったり、焦げ臭いにおいがしたりするなら、オーバーヒートを起こしている可能性が高いです。そのまま使用を続けていると、エンジンが完全に焼き付いてしまい、突然動かなくなることもあります。

また、場合によってはオイルに引火し、火災や爆発を起こしてしまう危険性もあるため、注意しなければなりません。オーバーヒートが起きた状態では、とにかく動かさないことが重要です。

少し動かしただけでも、深刻なダメージを受けてしまう可能性があることは理解しておきましょう。少しでも疑わしい場合は即刻使用をやめて、エンジンに負担をかけないようにしましょう。

冷却水の確認をする

オーバーヒートを起こさない事前策としては、冷却水の確認がおすすめです。冷却水は蒸発して減ってしまうだけではなく、部品の不具合によって漏れ出してしまうこともあります。規定量から減っていると、エンジンが熱を持ちやすくなるため、定期的に確認し、補充しておかなければなりません。

最近のものでは、5年や10年長持ちする質のよいものも増えていますが、通常のものなら2~3年を目安に交換することがおすすめです。

冷却水は、冷却水用の水で交換、補充しなければなりませんが、緊急事態の場合は水道水で応急処置をしても構いません。走行中に異変を感じ、冷却水が減っているのを見つけたなら、素早く補充して、温度を下げられるようにしましょう。

エンジンオイルの確認をする

エンジンを円滑に作動させるためには、エンジンオイルが必要で、オーバーヒート時はこれも確認しなければなりません。エンジンを切ってすぐに確認するのは危険なので、5~10分程度待って確認しましょう。オイルレベルケージを引き抜き、量が減っているなら補充や交換をしなければなりません。

また、オイルがどろどろに濁っていたり、不純物が混ざったりしている場合も、交換が必要です。エンジンオイルが劣化していると、エンジンにかかる負担が大きくなり、熱も発生しやすくなります。同じものを使い続けていると、負担が増えてオーバーヒートにも繋がりやすいため、注意が必要です。

ロードサービスに連絡しよう

応急処置で対応しきれないなら、無理せずロードサービスを呼ぶことが大切です。少しくらいなら大丈夫と油断して乗ると、取り返しのつかない故障や事故に繋がることもあります。

オーバーヒートしている可能性が高い状態で使用を続けるのは、あまりにもリスクが高いです。手間やお金を惜しんで後で後悔するケースも多いので、無理だと判断したなら業者に運んでもらいましょう。

定期点検をきちんとする

オーバーヒートは起きてから対処するよりも、起こさないよう予防することが大切です。エンジンルーム内の各部位は定期的に点検し、消耗品もこまめに変えておきましょう。定期的に点検するくせをつけておくと、万が一不具合があっても初期段階で見つけられます

故障や不具合がすぐにオーバーヒートに直結するとは限らず、長い年月を経て、少しずつエンジンが焼き付いていくということも多いです。早めに見つけられるなら対処もしやすいので、定期的な点検は欠かさず行いましょう。

買い替えを考えるなら廃車買取専門業者にしよう

オーバーヒートした車は、修理できない場合が多く、できても費用は高額になりやすいです。そのため、無理に直すよりも、買い替えがおすすめです。

オーバーヒートした状態の悪い車でも、廃車買取専門業者なら、好条件で買い取ってくれる場合が多いでしょう。

査定額が低すぎると感じる場合

オーバーヒートした車でも下取りやその他業者に買取には出せますが、査定額が大幅に下がることが多いです。場合によっては値段が全くつかず、反対に処分にかかる費用を請求されることも少なくありません。

廃車買取専門業者なら、少なくとも値段がつかないことはなく、多少なりとも利益は得られます。また、処分に関するコストは無料の場合が多く、手間とお金をかけずに処分したい人にはおすすめの選択です。

廃車買取ならカーネクスト

廃車買取専門業者は数多くありますが、その中でもカーネクストはおすすめです。カーネクストは故障車や不動車でも買い取ってくれ、状態に関係なく0円以上の買取保証をしています。また、レッカー引き取りも無料で、オーバーヒートして動かせない車でも、安心して売却できます

廃車手続きの代行手数料もかからず、処分時のコストは0円で済みます。費用をかけずに手放せ、かつ充実したサービスが受けられるので、状態の悪い車をスムーズに売りたい人には、特におすすめです。


オーバーヒートにならないように点検をしよう

不具合に気づいてから適切に対処することも重要ですが、まずはオーバーヒートを起こさないことが大切です。オーバーヒートの原因は複数ありますが、どれも定期的な点検と整備で事前に防ぐことができます

まめなメンテナンスで常に良好な状態を保ち、オーバーヒートを含む、重大な故障を招かないよう、大切に扱いましょう。