トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

不要な車を手放す際には、廃車処分を考える人が多いです。しかし、廃車処分には費用もかかり、プラスにならないのでもったいないと感じたことはないでしょうか。

同じ廃車でも、方法次第では売ることも可能です。処分方法を工夫して、少しでも利益を得て愛車を手放しましょう。

中古車として価値のない廃車でも売れるのか

結論からいえば、廃車予定の車であっても売却は可能です。しかし、売却可能といっても、状態のきれいなものに限られたり、売れてもほとんど値段を付けてもらえないのではないかと考える人も多いかもしれません。確かに廃車予定の車と新車を売るのを比較するなら、当然新車を売るほうが査定額は高くつきます。

しかし、廃車予定の車だからといって、必ずしも売れない、あるいは値段がほとんど付かないとは限りません。ボロボロの車でも、場合によっては高値がつくこともあり、実際にいくらで売れるかは査定に出してみないと分からないことも多いです。

ひとつ言えるのは、どのような状態の車でも価値は残っているということなので、すぐに廃車処分せず、まずは査定に出してみることが大切です。

廃車は専門業者に依頼するのがおすすめ

廃車は自分で行うことも可能ですが、おすすめなのは業者に代行してやってもらうことです。業者に代行してもらうメリットは大きく、自分でやる場合よりもお得かつスムーズに愛車を手放せる可能性が高いでしょう。もちろん、どの業者でも絶対にお得とは限らないので、利用先はきちんと選定しなければなりません。

業者に依頼がおすすめの理由

そもそもなぜ廃車を業者に依頼すべきか、疑問を持つ人もいるでしょう。業者に依頼すると、その分代行手数料が発生し、余計な費用を請求されるのではないかと心配する人も少なくありません。

確かに費用が発生するケースは多いですが、やり方次第では自分で廃車にするよりコストを抑えられる場合もあります。おすすめな理由は、大きく以下の3つに分けられます。

廃車でも高く売れる可能性がある

業者に廃車を引き取ってもらうなら、多くの場合で買取対応になります。買取の場合、車の状態や業者の査定の水準によって金額は違いますが、少なからず資金化できるのは確かでしょう。自分で処分する場合は、当然売却による利益は得られませんし、反対に処分時の費用を支払わなければなりません。

買取で処分できるなら、たとえ費用が発生してもそれを相殺し、より安いコストで愛車を手放せます。買取額が大きいなら、費用を完全に相殺し、利益も出ますし、廃車は買取に出したほうがお得に処分できるでしょう。

手続きに手間がかからない

廃車登録は永久抹消登録、一時抹消登録の2つに分けられ、自分で行う場合は運輸支局に出向いて手続きをしなければなりません。手続きの際には書類の事前準備も必要で、手間がかかりますが、業者に依頼するならこれらを省略できます。

書類の準備は最低限しなければなりませんが、大部分は業者が代わりに集めてくれるので、それほど面倒はないでしょう。また、業者によっては車の引き取りまでサービスで行ってくれることがあり、解体業者に持ち込む段階の手間から省ける場合もあります。

車体の処分から登録上の手続きまで、業者に依頼したほうが手間がかからず、時間的コストの削減になるのは大きな魅力でしょう。

廃車にする料金がかからない

廃車にするには、解体費用や抹消登録の費用といった、各種コストがかかりますが、業者に買取を依頼するなら、これらは無料になるケースが多いです。特に廃車買取業者の場合は、車の引き取りや廃車代行手続きの手数料まで無料にしてくれることもあり、よりコストは削減できます。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

代行手数料を取られることもありますが、それでも1万円程度が多く、買取金額によっては十分相殺が可能です。業者の選び方次第では全くコストをかけずに処分もできますし、料金的なメリットで見ても、業者に依頼するほうがお得です。

買取業者ならカーネクストの利用がおすすめ

廃車買取なら、カーネクストがおすすめです。カーネクストは古い車や過走行車、さらには不動車や故障車といった状態の悪い車の買取にも対応しています。

状態に関係なく、全て0円以上で買取保証をしているので、確実に資金化したい人におすすめです。また、査定や車両の引き取り、廃車手続きの代行まで全て無料で、処分に全くコストがかからない点も、おすすめできるポイントでしょう。

参考:カーネクスト

買取業者が廃車を買い取ってくれる理由

少しでもお得に愛車を手放したいなら、廃車でも買取に出し、処分することが大切です。廃車でも少なからず値は付けてもらえますが、そもそもなぜ廃車に価値を見出す業者があるのか、疑問に思う人もいるでしょう。廃車予定の車でも業者が買い取ってくれる理由は、大きく3つに分けられます。

使えるパーツを再利用するため

廃車する車といって、全てのパーツが完全に故障しているわけではありません。これは自走できない車でも同じで、分解すると使えるパーツが残っていることは多いです。買取業者はパーツ単位で見て価値を見出し、部品を取り出して中古品として販売しようと考えています。

廃車買取は、いわば中古パーツの仕入れであり、パーツ販売で利益を得られるからこそ、買取対応が可能です。パーツ単位で売却できるので、付属品を持ち込んで一緒に査定してもらうこともできますが、本体に最初からついているパーツの取り外しは禁じられています。

取り外しができるのはあくまで付属品のみであり、自分で外すのはリスクも高いので、できるだけいじらずに業者に持ち込んだほうが、スムーズに売却できるでしょう。

ボディの金属部分も再利用

車によっては本当にボロボロで、中には全てのパーツが故障しているケースもあります。この場合でも、ボディの金属部分の再利用は可能で、資源としての価値を見出し、業者は買い取ってくれます。車は大部分が金属や樹脂でできていて、これらはリサイクルが可能です。

資源的価値は高く、1台当たりで数万円の価値が付くことも少なくありません。完全に故障した車でも、少なくとも数万円程度の価値は残っているので、これも覚えておくとよいでしょう。

修理して海外で売れる

廃車はあくまで名義上の手続きであり、廃車にする車が全て使い物にならないわけではありません。そのため、少し修理すれば問題なく走れるものも多く、自走可能なら海外に輸出して売却する業者は多いです。日本車は海外では人気が高く、特にアジア地域を中心に中古車販売市場は拡大しています。

多少状態が悪くても、走りさえするなら高値で売れるので、廃車予定の車の中でも、比較的状態のよいものなら、思わぬ高値で売れることも少なくありません。

廃車でも買取を諦めないで査定を依頼してみる

廃車にする車でも少なからず価値は残っており、全く値が付かないということはほとんどありません。業者を正しく選び、査定に出すことで、どれだけボロボロの車でも価値を見出し、買い取ってくれます。

費用をかけないことはもちろん、少しでも利益を出すためにも、廃車予定の車はまずは査定に出して、賢く手放すことを考えましょう。

0円以上買取保証