トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

「低年式な中古車を買取に出して買い替えを行いたいが、実際には価値はない。」このように気を落としているのであれば朗報があります。実は低年式な中古車でも価値はありますし、高く買い取ってもらえることもあります。

例えばあなたが乗っている車が走行可能であれば海外で売れますし、ビンテージであれば高く買い取ってくれることもありえるでしょう。今回はこの他に低年式な中古車を高く売るコツなど詳しく解説します。

低年式な中古車の買取が可能な理由

低年式な中古車は現在盛んに買取が行われ、売買されています。これは海外では人気があったり、ビンテージとしての価値がある。また部品やパーツを販売できるため可能になっています。

ここではこれらを詳しく掘り下げていきましょう。

海外では人気がある

日本車は燃費もよく、故障もしにくいため海外では人気が高いものです。また別に低年式だからといって嫌うこともないため、まったく問題がなく売れます。

特にこれに関しては、海外に輸出ルートのある業者であれば、日本で買い取った車を海外で売ることができるため、低年式車でも価値がつけられます。したがって低年式な中古車の買取ができるのです。

ビンテージとしての価値がある

低年式の古い車の中には、モデルチェンジが行われることなく、生産が終了しているものもあります。そのため人によってはそのような機種に愛着や憧れがあり、観賞用として欲しがる人もいます。

またそのような人たちによって、ビンテージとしての価値がある低年式車があります。ビンテージ物の低年式車は他のものと比較して高い価値がつくため扱っている業者がいるのです。

部品やパーツを販売できる

それではビンテージでもなければ、走行できないような低年式な中古車をなぜ買い取れるのか解説します。実は、このようなものは分解して部品やパーツとして販売しています。

また部品やパーツを求める業者もいるため、最終的に売れなければそのような業者に売却すること利益を得られます。

ビンテージでもなければ、走行できないような低年式な中古車も買い取ることが出来ます。実は走行できない車でも、部品やパーツとしての利用価値があります。販売から年数の経過した車は、製造中止されていることも多く部品の供給も停止しています。分解し部品やパーツを販売することは、市場での需要が高いのです。

また部品やパーツを求める専門業者もいるため、そのような業者に売却することで利益を得られます。そのため状態が悪いような低年式な中古車でも買い取れます。

低年式な中古車を高く売るコツ

低年式な中古車を売却したい。それもできれば高値でしたいのであれば、2つのコツを使えば可能です。具体的には、「査定を受ける前に車内を掃除すること」と「複数の買取業者で査定を受ける」ことです

人によっては面倒に思うかもしれませんが、多少のお手間をかけるだけで高く売れるかもしれないので、ぜひやっていただきたいです。ここではこれらを詳しく解説します。

査定を受ける前に車内を掃除する

実際古い低年式の車であっても汚れていないきれいな状態であれば、買い手がつく可能性が上がるため、高く買い取ってもらえる可能性があります。そのため車内は査定を受ける前に掃除しておいたほうがよいでしょう。

また定期的にメンテナンスを行っていたのであれば、それを証明できる「定期点検整備記録簿」を用意しておいてください。これも査定でみせることができればプラスに働くため、高く買い取れる可能性を上げられるでしょう。

複数の買取業者で査定を受ける

こちらは査定の常識ですが、査定を受ける際には複数の買取業者にお願いしましょう。業者ごとによって査定額に違いがあるため、できるだけ高い価格で買い取りを行うためにもやってください。

また価格交渉を行うことに抵抗がなければ、さらに査定額アップできるかもしれません。例えばA社とB社の2つに査定をお願いした場合に、A社のほうが少し査定が高かったが、サービス面はB社の方が優れていることがあったとしましょう。

この際にB社に「A社のほうが買取額が○○円高かったのですが、もう少し高くならないでしょうか?」などと交渉をしていけば高い価格で、サービスの質もよく買取ができるかもしれません。上手に価格交渉していくとより高い買い取りが出来ます。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

低年式な中古車に乗り続けるデメリット

低年式の中古車の買取についてこれまで解説してきました。しかし仮に低年式な中古車を処分せずに乗り続けた場合では、どのようなデメリットが生じるのでしょうか。ここではこれをお話していきます。

実は低年式な中古車に乗り続けると故障を起こしてしまったり、税金が高くなってしまうデメリットが出てきてしまいます。そのため正直にいってしまえば低年式の中古車は処分したほうが賢明です。

もし故障が事故になったり、経済的な負担がのしかかり続けることを考えると、買い替えの方がいいです。したがって低年式な中古車に乗り続けるとどうなるのかをしっかり把握し、検討してください。

故障を起こす可能性がある

低年式な中古車は長年の使用によって、エンジンや各種部品に負担がかかっています。そのため故障を起こす可能性が高くなっています。

また仮に故障が起これば、比較的新しい車で起こるような軽度の故障でなく、車にとって重要な場所が故障することもあるため、修理代が高くなる傾向にあります。

しかも故障はいつ起こるのかはわかりません。もしかすると走行中に故障することもあります。そうなれば、命を危険にするかもしれません。

税金が高くなる

実は新車登録から13年が経過すると自動車税と重量税が引き上げられます。そのため低年式な中古車に乗り続けると金銭的な負担が重くなります。またこちらは18年が経過すると重量税がさらに課税されてしまうので、より負担が重くなります。

ご存知のように車を維持していくには、タイヤ代や保険などお金が掛かります。少しでも負担を軽くするためにも、税金が上がるデメリットを抱えた低年式な中古車から、買い替えた方がおすすめです。

低年式な中古車をお得に処分するには

それでは低年式な中古車をお得に処分する方法をお伝えしていきます。コツとしては、低年式の車に詳しい業者に買取を依頼するのがよいです。こちらであれば正しく評価してくれるはずです。

なおそのような業者をしらない人に向けて、おすすめの買取業者を紹介していきます。ぜひコツを使ってお得に処分してください。

低年式の車に詳しい業者に買取を依頼する

買取業者にはそれぞれ得意分野があり、それによって査定価格にも違いが生まれます。そのため正しく低年式の車を評価してもらいたいのであれば、低年式の車に詳しい業者に買取を依頼してください。

カーネクストに買取を依頼する

上記のような業者に心当たりがない人に向け、あなたの低年式の車を正しく評価し、高く買い取ってもらえる業者を紹介します。その業者とは「カーネクスト」です。

こちらは動かなくなってしまった不動車、今回の低年式の古い車、故障車などのどんな車でも買取ってくれる業者です。しかも買取額は0円以上を保証しています。

また面倒な手続きも無料でやってくれます。もし車でお悩みなら一度利用してみてください。

参考:カーネクスト

低年式の中高車でもあきらめずに査定に出してみよう

低年式な中古車は海外では人気があるため買取が可能です。また低年式な中古車は、査定を受ける前に車内を掃除すると高く売れるかもしれません。

低年式な中古車を処分せずに乗り続けると、故障を起こす可能性などデメリットがあります。さらに低年式な中古車をお得に処分するには、車に詳しい業者に買取を依頼してください。

低年式の中高車でもあきらめずに査定に出してください。もしかすると思ってもみない買取額になるかもしれません。まずは査定からやってみましょう。

0円以上買取保証