トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を買い換える際、現在の車の処遇をどのようにするべきかで、悩む人もいるのではないでしょうか。ディーラーに下取りに出すか、それとも売却をするか、どちらがお得なのでしょう。

この記事では、買い替えによる車の売却方法について解説します。売却方法の種類や、それぞれの方法のメリット・デメリット、車の買い替え時に必要な書類などもご紹介します。

車の売却方法の種類

まずは、これまで乗っていた車の売却方法として、3つの方法をご紹介します。ディーラーでの下取り、車買取店での売却、廃車買取業者での売却です。

ディーラーでの下取り

これまで乗っていた車を手放す際の手段として、ディーラーに下取りに出す方法がありますが、昔からあるポピュラーな方法です。ディーラーでの下取りとは、新車を購入したディーラーで、古い車を買い取ってもらう方法です。新車の購入も、これまで乗っていた車の売却も、同じ場所で行えるために手間が省けます。

ただし、車の状態がよい場合には、買取店などと比べると売却価格が低くなることがあります。ディーラーで下取りされた車は、中古車として同じ自動車メーカー系列の中古車販売店で売り出されるか、自動車オークションに出品されるケースが多いでしょう。

車買取店での売却

不要になった車は、車買取店で売却するという方法があります。車買取店は、買い取った車を自社の系列店で、中古車として販売します。車買取店にとって、「車の買取=仕入れ」なので、利益を上げるために多くの車を買取たいと考えています。そのため、ディーラーでの下取りに比べて、高い金額で買い取ってもらえるケースが多いでしょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

また車買取店は、全国チェーンから地域密着型まで多くの業者があり、買取価格は店によって異なります。なるべく高い価格で売却したいのであれば、複数の業者で査定を受けて、結果を見比べてから売却先を決めるとよいでしょう。

廃車買取業者での売却

車の状態が悪い場合や年式が古すぎる場合、ディーラーでの下取りや車買取店で、査定額がつかないということもあります。しかも、こういったケースの場合、廃車にするための手数料が必要だといわれてしまうことも。

こういった場合、廃車買取業者で売却を行うという選択肢があります。多くの廃車買取業者は、手数料無料で買取を行ってくれます。廃車買取業者は、買い取った車がそのまま中古車として売却できない場合、車を解体して、パーツごとの売却やリサイクルを行います。

車としては売却不可でも、パーツとしては需要があるケースも多いのです。そのため、状態の悪い車でも買い取ってもらうことが可能です。

それぞれの売却方法のメリット・デメリット

ここでは、各車の売却方法についてのメリットやデメリットを解説するので、売却先を検討する際の参考にしてください。

買取店の一括査定を使うことで高く売れる可能性が上がる

車買取店で売却する場合、いくつかの業者で査定を受けて、見比べることがおすすめです。複数の査定を受ける場合、「一括査定」を受けるとよいでしょう。

一括査定とは、インターネットで車の情報を入力することで、複数の買取店へ査定を申し込めるサービスです。一括査定を利用すると、複数の買取店から返信があるため、高額買い取りの店舗を見つけやすくなります。

一括査定のデメリットは対応が大変

一括査定は、複数の買取店に手間をかけずにコンタクトが取れる一方で、たくさんの店舗から連絡が入ります。そのため、メールや電話での対応や、査定の日にち調整が負担になる点がデメリットです。

仕事で日中の対応が難しい場合など、電話がかかってきて困る時間帯がある場合、一括査定サイトから申し込むタイミングで、対応可能な時間帯を備考欄などに記載しておくとよいでしょう。

買取店で買い取ってもらえなくてもディーラーなら下取りが可能

車買取店では、中古車として売却が難しく、事故車や年式の古いものは買い取ってもらえないケースがあります。一方で、こういった車でも、ディーラーであれば下取りをしてくれる可能性があります。ディーラーでの下取りは、新車の購入が前提のため、多少難のある車でも、対応してくれる傾向があるためです。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

一方で、ディーラーでの下取りは、買取金額が低くなりがちです。そのため、買取店で買取拒否された車は、ディーラーでの下取りと、廃車買取業者の査定額を見比べて判断するとよいでしょう。

買い替えなら廃車買取業者がおすすめ

特に、売却したい車の状態がよくない場合は、「廃車買取業者」での売却がおすすめです。ここでは、廃車売却業者について詳しく解説します。

廃車買取なら高額査定も期待できる

廃車買取業者であれば、一般の買取店では買取が難しいとされてしまうような車であっても、査定時に値段をつけてもらえます。場合によっては、思ってもいなかったような高額の査定がつくことも。

高額査定になる理由として、廃車買取業者は、パーツ単位や素材(鉄くず)単位での査定を行なっているためです。したがって、買取店では価格がつかない古い車でも、査定額が安定しているといえます。

廃車買取業者ならカーネクストがおすすめ

近年、多くの廃車買取業者が登場しています。どこの廃車買取業者に、査定を依頼すべきか悩んでしまう場合には、カーネクストがおすすめです。特に、できるだけ高く車を売却したいと考えている人は、一度カーネクストの査定を受けてみてはいかがでしょうか。

カーネクストは、不動車や古い車、故障車などどんな車でも、0円以上の買取を保証しています。なぜ買取を保証できるのかというと、海外に独自の販路があるためで、パーツ単位や素材単位の査定が可能になるからです。廃車買取業者の中でも、高い売却価格をつけてくれる可能性が高いでしょう。また、廃車手続きの書類代行やレッカー代も無料なので、安心して依頼できます。

参考:カーネクスト

車の買い替え時に必要なもの

ここからは、車の買い替え時に必要な書類などをご紹介します。いざ必要になったときに、慌てずに済むように、事前に準備しておきましょう。

車検証

車の買い替え時に必ず必要なものとして挙げられるのが、車検証です。売却の際には、軽自動車や普通車等、車の種類に限らず必要です。車検証は法律で、常に自動車の中に保管することを義務付けられています。そのため、多くの人が助手席のダッシュボードに保管しているのではないでしょうか。

万が一、車検証が見つからない場合には、管轄している運輸支局で再発行してもらう必要があります。なお、発行は即日行われ、発行手数料は申請書の用紙代を併せて400円ほどです。

自賠責保険証明書

自賠責保険証の用意も忘れずに行いましょう。自賠責保険証も車検証と同様に、助手席のダッシュボードに保管している人が多いのではないでしょうか。万が一自賠責保険の有効期限が過ぎてしまうと、名義変更ができないために、自動車の売却ができません

また、自賠責保険証が見つからない場合には、保険会社で再発行を依頼する必要があります。保険会社を失念している場合には、車を購入した店に問い合わせて確認しなくてはなりません。

リサイクル券

自動車のリサイクル券は、車の購入時に受け取っているもので、自動車リサイクル法に基づくリサイクル料が、きちんと収められているかを確認するための書類です。

このリサイクル券も、売却時の必要書類となるため、準備しておきましょう。こちらも、車検証と一緒に保管している人が多いでしょう。

メリットデメリットを考えて自分にあった売る方法を探そう

車を買い替えとき、一昔前まではディーラーでの下取りを選択する人が多かったと思います。しかし、今では売却方法の選択肢が増えています。それぞれの売却方法のメリット・デメリットを見比べて、自分の車の状態に合わせた売却方法を選びましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!