トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

自動車を処分する際には、廃車登録をしなければなりません。これは名義の抹消登録とも言われており、名義の抹消まで済ませて、自動車は完全に処分できます。

仮に車体を処分しても、名義が残っていると廃車は完了していないので注意が必要です。抹消登録とはどのように進めるのか、基礎知識を身につけてスムーズに行いましょう。

自動車の抹消登録の種類

抹消登録をする際には、まずはどの方法を用いるかを選ばなければなりません。抹消登録は大きく2つの種類に分けられ、どちらを選ぶかで車の処分方法が変わります。

名義を抹消した後、車をどのように扱うのかによって、登録方法を変える必要があります。それぞれの手続きの特徴を知り、自分の場合はどちらを選ぶべきか考えましょう。

一時的に車の使用を停止する一時抹消

二度とその車に乗らないわけではなく、一時的に使用しないだけなら、一時抹消登録を行います。これは車体の処分はせず、名義だけを抹消する方法です。抹消登録後の車は公道を走れませんが、再登録することで使用の再開は可能です。

また、廃車しても車体は残るので、譲渡したり、売却したりもできます。保有し続けるかどうかに関係なく、車体を解体せずに扱いたい場合は、一時抹消登録を選びましょう。

永久に車の使用を停止する永久抹消

名義を抹消した後、二度とその車に乗らないなら、永久抹消登録を行います。これは解体を伴う廃車方法で、車体まで完全に処分したい人に向いています。使用再開の見通しが立たない、あるいは譲渡や売却による処分が難しい場合には、解体によって処分することもあるでしょう。

基本的には事故車や故障車に用いられる方法ですが、例外的に盗難車や災害で紛失した車に適用されることもあります。これらの場合は実際の解体は不要で、理由書を届け出ることで、永久抹消登録の適用が可能です。

自動車の抹消登録手続きの流れ

抹消登録をスムーズに行うには、全体の流れを知っておくことが大切です。大部分の流れは、一時抹消登録も永久抹消登録も同じですが、細部に違いがあることは覚えておきましょう。

抹消登録は複雑で面倒とイメージされることも多いでしょうが、実際にはそれほど難しくはありません。手順の流れさえ知っていれば、誰でも簡単に手続きできます。

一時抹消登録の場合

名義の抹消だけを行う一時抹消登録では、必要書類を集め、運輸支局に提出するだけで手続きは完了します。書類が揃い次第、いつでも手続きはできるので、永久抹消登録と比べてもハードルは低いでしょう。

一時抹消登録の場合は、運輸支局の窓口で必要書類を提出するとともに、窓口で入手できる手数料納付書に印紙を貼りつけて提出しなければなりません。印紙代は350円で、これが抹消登録の手数料になります。

永久抹消登録の場合

解体が必要な永久抹消登録は、手順が少し増えるので注意が必要です。最初に解体業者に車を引き渡し、解体の報告を受けてから運輸支局で書類提出を行います。提出書類には、解体報告に関係するものも含まれるので、事前解体は必須です。

また、解体報告を受けてから15日以内に手続きをするのが原則で、これを破ると処罰の対象になる場合があります。解体後すぐに手続きができるよう、スケジュールを確保し、必要書類も揃えておくとよいでしょう。

抹消登録完了後に税金還付の手続きを行う

必要書類を提出すれば、抹消登録自体は完了しますが、その後税還付の手続きも行わなければなりません。還付手続きは運輸支局内の税申告窓口から行えますので、必ずそこに立ち寄りましょう。窓口で自動車税の申告書を提出すると、廃車翌月から年度末までの期間を月割り計算して、自動車税が還付されます。

また、永久抹消登録の場合は、車検の残存期間に応じて重量税も還付対象です。重量税の還付申請は税申告窓口ではなく、永久抹消登録の申請書内で行うので、これも忘れず記入しておきましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

自動車の抹消登録に必要な書類

抹消登録の手続き自体はそれほど複雑ではありませんが、必要書類が多いため、これを難しく感じる人は多いでしょう。廃車時の必要書類は、一時抹消登録と永久抹消登録で違うので注意しなければなりません。

また、業者に依頼する場合と、自分で行う場合でも、必要書類は異なります。それぞれの違いを把握することが、スムーズな抹消登録の完了に繋がります。

一時抹消の場合

一時抹消登録を行う場合は、以下の書類が必要です。

自分で行う場合業者に依頼する場合
所有者の印鑑証明書所有者の印鑑証明書
車検証所有者の委任状
ナンバープレート前後2枚車検証
手数料納付書ナンバープレート前後2枚
一時抹消等登録申請書
自動車税・自動車取得税申告書

自分で行う場合は、必要書類がやや多くなるので注意しましょう。業者に依頼する場合の必要書類が少ないのは、運輸支局の窓口で入手する書類が省略できるからです。

手数料納付書以下の書類は、当日入手できるので、自分で行う場合に事前準備が必要なのは、印鑑証明書からナンバープレートまでと考えましょう。

永久抹消の場合

永久抹消登録を行う場合は、以下の書類が必要です。

自分で行う場合業者に依頼する場合
所有者の印鑑証明書所有者の印鑑証明書
車検証所有者の委任状
ナンバープレート前後両2枚車検証
「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きナンバープレート前後両2枚
手数料納付書「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
永久抹消登録申請書
自動車税・自動車取得税申告書

永久抹消登録の場合、運輸支局で入手する書類が違うほかに、解体を証明する書類も必要です。「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きは、業者から解体報告を受けて作成するので、廃車手続きを代行してもらう場合は不要なケースもあります

先に解体し、廃車手続きだけを代行してもらう場合は必要、解体から廃車手続きまで代行してもらう場合は不要と考えましょう。

抹消登録する自動車をお得に処分する方法

抹消登録の方法によって自動車の処分は違いますが、どちらを選択する場合でもお得に手放す方法はあります。抹消登録する車は使い道がなく、業者に引き取ってもらえないとイメージする人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

廃車する車でも欲しがる業者は多く、場合によっては高値で買い取ってくれることもあります。お得に手放すにはどのような方法を選ぶべきかを知って、賢く処分しましょう。

廃車買取専門店に査定を依頼する

抹消登録するしかないほどボロボロの車でも、廃車買取専門店なら価値を見出し、買い取ってくれることが多いです。廃車買取専門店は、状態の悪い車を再利用するノウハウにたけているのが特徴です。例えば自走可能な車なら、海外に輸出して再販できますし、動かなくても分解して中古パーツとして再販できます。

また、最終的に残ったくず鉄は、資源として再利用し、これもお金になります。ディーラーの下取りや中古車買取業者の買取では値が付かなくても、廃車買取専門店ならお得に売却できることが多いでしょう。

カーネクストに買取を依頼する

廃車買取専門店の中でも、特におすすめなのはサービスが充実しているカーネクストです。カーネクストは故障車や不動車でも0円以上で買取保証をしており、値が付かないということはありません。

さらに、車両の引き取りや廃車鉄続きも無料で代行してもらえるので、手間とお金をかけずに処分できるでしょう。通常廃車手続の代行には1万円程度の費用がかかるので、これを削減できるだけでも利用するメリットは大きいです。

参考:カーネクスト

車の状態に合わせた手続きを選ぼう

自動車の抹消登録は、一時と永久に分けられ、それぞれで手続き後の自動車の扱い方が違います。どちらでも名義の抹消はできますが、処分方法が変わってくるので、自動車の状態に合わせて種類を選ばなければなりません。状態に合わせた適切な抹消登録を選んで、スムーズに廃車手続きを完了させましょう。

0円以上買取保証