トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

「今乗っている車が壊れた」、「もうこの自動車に乗らない」という人は、廃車手続きが必要です。そうしなければ、税金がかかり続け、自動車を適切に処分できません。このページでは、そんな自動車の廃車手続きに必要な費用について解説します。

具体的には、車の解体を業者に頼む費用、廃車手続きや書類の取得にかかる費用、廃車手続きを業者や専門家に頼む場合の費用などを取り上げていきましょう。「はじめて廃車手続きを行う」、「故障車をどうすればよいのかわからない」といった人などは、ぜひお役立てください。

車の解体を業者に頼む場合にかかる費用

廃車手続きは、自動車を解体するところから始まります。解体費用、運搬費用、リサイクル料金などがかかり、業者や自動車の種類によって、金額が変動します。こうした車の解体を業者に頼む場合にかかる費用について深掘りしていきます。

車を解体するための費用

廃車には二つの種類があり、自動車を解体する種類を「永久抹消登録」と言います。この手続きを進めるためには、車を解体し、解体証明書の入手が必要です。

もちろん、自身で解体することは不可能ですので、専門業者に依頼します。費用相場は、10,000円~20,000円程度です。解体しない廃車手続きであれば、この費用はかかりません。

解体する車の運搬費用

解体する自動車を工場まで運転できれば特に問題ありませんが、そうではない場合、レッカー費用がかかります。この費用相場は5,000円~10,000円程度です。

車を解体するための費用と同様に、業者によって価格が異なるため、事前に安値の業者を見つけておきましょう。業者によっては、無料サービスでレッカー代などを提供している会社もあります。

解体によるごみを処理するのに必要なリサイクル料金

リサイクル費用が必要なケースも考えられます。この料金は、ゴミに対しての費用です。そして、特徴として挙げられるのは、自動車の種類によって異なることです。

自動車を買った時期によっては支払い不要ですが、普通自動車であれば、10,000円かかります。軽自動車はもう少し安く、外国の自動車であれば、もっと高いです。金額の詳細は、事前に調べておきましょう。

廃車手続きや書類の取得にかかる費用

廃車の手続きや書類面に必要な費用について解説していきます。廃車の種類によっては、登録手数料はかかりません。必要書類の取得費用も数百円程度ですので、それほど大きな出費にはならないでしょう。

抹消登録の申請費用

廃車手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録があります。前者は、長期間自動車に乗らない人向けの登録であり、自動車税の支払いなどがなくなる種類です。再手続きすれば、公道の走行も許可されます。車が盗まれた際も、一時抹消登録を行います。

永久抹消登録は、二度と今乗っている車に乗らないための手続きです。そして、手続き代として、一時抹消登録の場合は300円程度かかり、永久抹消登録は0円で手続き可能です。

また、一時抹消登録はナンバープレートを外す費用として、最高価格で30,000円程度かかる場合もあります。ナンバープレートの取り外しは、自身で行うことは違法ですので業者に依頼しなければなりません。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

必要書類の取得費用

廃車手続きには、印鑑証明書が必要です。この書類は、3カ月以内に発行されたもので、印鑑登録していない場合は、発行不可能です。登録には500円程度かかることも認識しておきましょう。手続きは、役場の窓口にて行えます。

廃車手続きを業者や専門家に頼む場合の費用

廃車の手続きすべてを業者に依頼することは可能です。手間や時間がかからないものの、費用面は抑えることが難しいです。では、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。廃車手続きを業者や専門家に頼む場合の費用について、細かく解説していきましょう。

廃車手続きの代行を業者に頼む場合

廃車手続きは、中古販売店、もしくはディーラーに依頼できます。手続きを代行してもらうため、もちろん費用はかかります。人件費なども加えて、トータルコストは10,000円以上かかることを認識しておきましょう。これは最低限ラインの価格ですので、もっと高額になる可能性もあります。

廃車の書類作成を行政書士に頼む場合

ディーラーなどではなく、行政書士に依頼することも可能です。書類作成などを頼んだ場合、5,000円以上はかかります。さらに行政書士の場合は、他の業者とは異なり解体などは対応していません。そのため、引き取りなどは行政書士以外に頼む必要があります。

廃車にかかる費用を抑えるポイント

廃車に関連する費用を抑えるためには、自身で手続きを行うことです。代行費用や引き取り手数料などが節約できます。また、業者によっては解体費用などがすべて無料の会社もありますので、業者選びも非常に重要です。

自分で廃車の手続きを行う

業者に依頼すると、引き取り手数料、レッカー代、代行費用などがかかります。これらの支払いをなくすためには、自身で手続きすればよいだけです。そうすれば、解体費用と登録費用のみになり、費用を抑えられます。しかしながら、時間や手間がかかり、手続きする窓口は平日しか開いていません。

廃車手続きをすれば、払い過ぎている税金が戻ってきます。軽自動車は、還付金がありませんが、普通自動車であればもらえます。

カーネクストに買取を依頼する

廃車買取業者のカーネクストであれば、廃車関連の費用は、すべて無料です。全国対応のレッカー代や代行費用もかかりません。しかも、どのような状態の自動車であっても、0円以上の買取を保証しています。広い販路を持っているからこそ、0円以上を実現しています。

さらに、査定も無料です。車種、氏名などを専用フォームに入力するだけで、簡単に申し込み完了です。フリーコールもありますので、不明点があった際や早めに買い取ってほしい場合は、専門スタッフに相談しましょう。廃車にかかる費用を抑え、自動車を買い取ってもらえるのがカーネクストの特徴です。

参考:カーネクスト

廃車にする車を売却して手続き費用を抑えよう

自動車の廃車手続きには、解体費用、運搬費用、リサイクル費用、代行費用など、さまざまな出費があります。これらの費用を抑えるためには、自分で手続きするだけです。しかしながら、それには、時間と手間がかかり、手続きする窓口は平日の夕方までしか対応していません。

一時抹消登録と永久抹消登録といった廃車の手続き内容によって、金額が変わることも覚えておきましょう。もちろん、依頼する業者によっても、金額は違います。ベストな方法は、廃車にする車を売却して手続き費用を抑えることです。車種によっては、高く買い取ってくれる可能性もあります。

0円以上買取保証