自動車はメンテナンスを続けていれば長年乗れますが、いつかは故障などで乗れなくなります。また、別の自動車が欲しくなり、買い替えを検討することもあるでしょう。その際、中古車の引き取りは、買い取りと廃車という二つの手段があり、どちらかを選ぶ必要があります。

このページでは、中古車の引き取りにフォーカスして解説します。具体的には、買い取りと廃車のどちらかを選ぶコツ、自分で廃車にする方法、業者に廃車にしてもらうのに注意することなど紹介していきます。「ボロボロの車を高値で売りたい」、「廃車手続きをしたことがない」という人などは、参考にしてください。

中古車は買い取りと廃車どちらにする

買い取りと廃車を見極めるポイントは、自動車の状態が重要です。過去に事故を起こしてしまった自動車や状態がよくない車の場合、廃車がおすすめです。そうではない車は、買取業者に依頼しましょう。

買い取り業者にお願いする

ディーラーや中古買取業者では、自動車を引き取ってくれます。自動車の状態がよく、また事故歴などがなければ、これらの業者に買い取りを依頼しましょう。諸費用をかけずに手放したい人は、中古買取業者がおすすめです。

状態次第では、高く買い取ってくれる可能性があり、ディーラーの下取りであれば、新車の割引も実現可能です。しかしながら、高く売れそうにない自動車だった場合、引き取りを断られたり、値段がつかない場合もあります。 

廃車業者にお願いする

ディーラーや中古買取業者で価値のある自動車と判断されなかった際は、廃車業者がおすすめです。この業者では、どのような状態の自動車であっても引き取ってくれ、パーツを再利用するなど価値を生み出しています

車種などによっては、高値査定も夢ではありません。事故歴などがある車や走行距離多く、年式が古い自動車などは、廃車業者にお願いしましょう。

自分で廃車にする方法

廃車は業者に依頼せずに、自身でも対応可能です。そうすれば、手続き代行費用などがかかりません。必要書類はさまざまあり、手続きは運輸支局で行います。自分で廃車にする方法について詳しく解説していきます。

必要書類を自分で用意

3カ月以内に発行された印鑑証明書、委任状、車検証、ナンバープレート、移動報告番号と解体報告記録日のメモ、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書が必要書類です。

印鑑証明書と車検証の情報が異なる時は、3カ月以内に発行された戸籍謄本や住民票が必要になるケースもあります。必要書類がなければ、もちろん廃車手続きは完了しません。

運輸支局で手続き

運輸支局の窓口に作成した必要書類を提出して、普通自動車であれば、自動車税の還付を受けましょう。自賠責保険の還付については、保険会社に聞いてみてください

手続きすべてを業者に依頼することは可能ですが、自動車の引き取り費用や解体費用などもかかり、これらのコストが抑えられている会社を選ぶようにしましょう。

引き取ってもらい廃車にしてもらうのに注意すること

廃車を業者に依頼する際は、許認可工場なのかどうかがポイントです。認可されていなければ、安心して廃車を任せられません。また、自動車の状態によっては、廃車業者に依頼するのではなく、中古引き取りサービスを利用した方がお得です。こうした引き取ってもらい廃車にする際の注意点を紹介します。

認可されている業者を選ぶ

廃車業者を選ぶ際は、自分の会社で工場を所有しているところがおすすめです。しっかりと廃車に価値を生み出してくれるだけではなく、認可されている業者でなければ、横流しにより、別途費用がかかることも考えられます。

正式な許可をもらった廃車業者を選ぶことにより、お得に廃車を処分できますので、事前に情報を収集しておきましょう。

廃車の方がお得なのか確認する

自動車が動かない状態であり、売れそうにない場合は、廃車業者に依頼した方がお得です。しかしながら、まだまだ走れる状態の自動車は、買取業者の方が高値で売れます

中古買取業者は、ほとんどの自動車を買い取ってくれるため、廃車にするよりも得する可能性が高いです。古い自動車であっても、業者によっては希少車種として売れます。

中古車を引き取って廃車にするなら

「面倒な手続きは避けたい」、「廃車手続きをしている時間が取れない」という人は、業者に依頼してしまいましょう。代行してくれる業者は数多く存在しています。また、廃車関連費用がかからない業者を選び、コストを抑えることも廃車手続きにおいては重要です。

業者に頼むメリット

はじめて廃車する人は、手続きを代行してくれる業者を選び、時間や手間をかけないようにしましょう。手続きは、難しいわけではありませんが、面倒ではあります。

業者によっては、専門スタッフが丁寧に説明してくれ、そして代わりに手続きを行ってくれます。しかもその費用が無料サービスの業者もありますので、出費することなく、すべてを任せられます。

引き取りをしてもらうならカーネクストへ

廃車買取でおすすめの業者は、カーネクストです。カーネクストは、故障した自動車、車検切れしている車、古いモデルの自動車、走行距離が多すぎる車など、さまざまな自動車を対象に0円以上の買取保証を行っている業者です。海外に広がる販路があるからこそ、日本では価値のない自動車であっても、売買可能です。

また、ディーラーなどであれば数万円かかってしまう廃車費用も、すべて無料です。引取り手数料、解体費用、廃車手続き代行費用の支払いはありません。日本全国に対応しているレッカー費用も、無料です。自動車税の還付手続き代行もありますので、還付金がもらえる人もいるでしょう。

査定依頼にも費用はかかりません。しかも、専用フォームに車種や氏名などを入力するだけで、あっという間に申し込み完了です。車種によっては、高値査定も不可能ではありません。年中無休のフリーコールもありますので、不明点を相談しましょう。カーネクストで損をせずに、高値査定を目指しませんか。

参考:カーネクスト

中古車を引き取ってくれる業者に頼むと手続きがスムーズに

中古車を手放す際は、自分の自動車がどのような状態なのかチェックします。過去に事故を起こした車などであれば、中古車市場では不人気の可能性が高く、高値査定は難しいです。そのため、廃車業者に依頼することをおすすめします。状態によっては、中古買取業者に引き取ってもらい、高額買取を目指しましょう。

廃車の手続きは自分で行えますが、手間や時間、費用もかかります。そのため、無料代行サービスを提供している会社に依頼して、任せてしまいましょう。優良な業者を見つけ出し、スムーズに手続きが進められるようにしてください。