トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

不要な車はいつまでも保有しているとコストがかかるので、早めに手放さなければなりません。しかし、廃車をする際にも費用はかかり、料金が一体いくらくらいするのか疑問に思う人は多いでしょう。実は廃車にかかる料金は定額ではなく、いくらかかるかは方法によって異なります。

やり方次第では予想外に料金がかかったり、反対に比較的安く抑えられたりもするでしょう。何にいくらくらいの料金がかかるのかを知り、お得に済ませる方法を把握することが大切です。

廃車にかかる料金の相場は4~7万円程度

まず廃車全体でかかる料金を見ると、相場は4~7万円程度であることが多いです。廃車の際に発生する料金は複数あり、必ずしも全てが必要になるとは限りません。何に料金がかかるかによって、全体の費用が違うことは理解しておきましょう。

また、廃車のやり方次第で、ひとつひとつにかかる料金が変動することもあります。廃車の料金は固定ではないことを頭に入れ、少しでも安く抑えられるよう工夫することが大切です。

廃車のレッカー引き取り料金は1万円程度

廃車処分を決めた車なら、自走できないということも多いでしょう。不動車を処分するにはレッカーによって引き取りを依頼しなければならず、これには大体1万円程度の費用がかかります。

レッカーを依頼する業者や車の種類に、業者までの走行距離によっては、さらに追加で費用を請求される場合もあるため注意しなければなりません。同じ廃車にする場合でも、自身で業者に持ち込めるなら引き取り費用は発生しないので、できる限り自分で持ち込むようにしましょう。

完全に故障して動かないなら引き取りを依頼するしかありませんが、車検切れで動かせないだけなら、仮ナンバーを取得して持ち込むという方法もあります。

業者の代行手数料は1万円程度

廃車手続きを業者に代行してもらう場合の手数料の相場は、1万円程度です。業者によって若干の違いはありますが、数万円も違うということはないでしょう。また、廃車手続きは自身で行うことも可能で、その場合は代行手数料は発生しません。

自分で行う場合は、解体を伴う永久抹消登録なら手数料無料、名義を抹消するだけの一時抹消登録なら350円で行えます。金額だけで考えるなら自分で手続きしたほうがお得ですが、一部業者では代行手数料無料としている場合もあります。

自分でやると安いですが、その分手間がかかるのは確かです。手続きのスムーズさも考慮するなら、無料サービスでやってくれる業者を探し、代行依頼したほうがお得でしょう。

解体費用は1~3万円程度

廃車に伴い解体する場合は、その費用も必要です。解体費用は車の種類や業者によって違いますが、大体1~3万円程度で収まるでしょう。軽自動車のほうが安く、車体が大きくなるにつれて解体費用が高くなることもありますが、その場合でも差額はそれほど大きくありません。

大体の費用は同じで、違っても数千円程度と考えましょう。また、名義だけを抹消する一時抹消登録なら解体は費用なので、解体費用は必要ありません。

リサイクル料金は7,000~2万円程度

事前にリサイクル料金を支払っていない場合は、解体時にこれも支払わなければなりません。リサイクル料金とは自動車リサイクル法で決められたもので、解体費用を車の使用者が一部負担するというものです。

多くの場合で車の購入時か車検時に支払っていますが、廃車時まで支払っていない場合は、解体に際して支払わなければなりません。未払いで解体する場合は、解体費用に加え、別途リサイクル料金も発生するので注意しましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

リサイクル料金は車種や搭載されている装備によって違いますが、2万円あれば足りることがほとんどです。また、廃車でも解体しない一時抹消登録の場合はリサイクル料金は不要で、すでに支払っている場合は還付を受けられます。

廃車時には税金・保険料の還付がある

廃車時には複数の料金がかかりますが、実はコストがかかるばかりではありません。廃車の方法や条件次第で、各種税金や保険料の還付も受けられます。

自動車税は普通自動車のみ還付

自動車税は永久抹消登録、一時抹消登録のどちらの方法で廃車にしても還付されますが、対象となるのは普通自動車のみです。普通自動車を廃車にした場合、廃車した翌月から年度末までの期間を月割り計算して、還付金額を決定します。

つまり、いつ廃車にしても損を払いすぎで損をするということはありませんが、軽自動車の場合は還付がないので、年度初めに廃車すると損になるので注意が必要です。また、還付金額は月割りなので、少しでも多く受け取るためには、翌月にまたがらないうちに廃車を完了させることが大切です。

重量税は永久抹消登録の場合のみ

車検更新時に支払う重量税は、永久抹消登録を行った場合のみ還付の対象となります。これは普通自動車に限ったことではなく、軽自動車でも同じです。還付の条件は永久抹消登録をすること、廃車時に車検の残存期間が1カ月以上残っていることです。

車検が1カ月以上残っていない、あるいは車検切れの車の場合は、永久抹消登録をしても還付の対象にはなりません。

自賠責保険料は廃車後に保険会社に解約申請

強制加入の自賠責保険料は、廃車後に解約すると返金してもらえます。注意が必要なのは、廃車した時点で自動的に解約が決まるわけではなく、自身で解約の手続きをしなければならないことです。

解約日をベースに月割り計算で保険料の返金となるので、廃車後は素早く手続きを行いましょう。自賠責保険の解約には廃車完了を証明する書類が必要なので、廃車前に解約することはできません。

廃車買取でお得に手放そう

廃車にかかる料金は複数あり、高いと数万円程もします。費用をネックに思う人は多いかもしれませんが、実はコストゼロで手放す方法も存在します。それが廃車買取で、少しでもお得に廃車処分したいなら、積極的に利用しましょう。

カーネクストなら廃車料金は無料

廃車買取業者のカーネクストは、各種無料サービスが充実していることが特徴です。買取査定から車両の引き取り、廃車手続きの代行まで全て無料で、愛車を手放すのに費用がかかりません。加えて、どのような状態の車でも0円以上で買取保証をしています。

費用をかけずに処分でき、かつ少なからず値段を付けてもらえるので、お得に愛車を処分できるでしょう。

参考:カーネクスト

料金をかけずにお得に廃車

廃車をする際には複数の料金がかかりますが、これは工夫次第でカットできます。いかに余計なコストをかけず、お得に処分できるかを考えることが大切です。廃車の方法を工夫して、料金をかけず、プラスを出してお得に愛車を処分しましょう。

0円以上買取保証