トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

事故によって損傷した車は、解体処分するしかないと考える人は多いでしょう。確かに、ボロボロに大破してしまった場合は継続使用ができず、そもそも修理すらできないことも少なくありません。

しかし、全ての事故車が処分されるわけではなく、実は中古車として販売されているものもあります。事故車は手放されたあとでどのように扱われるのか、実情を知ることが大切です。

中古車販売店で事故車は売っている

まず大前提として知っておきたいことは、中古車販売店でも事故車は売られているということです。販売されているラインナップは店舗ごとに違いますが、事故車が混ざっている可能性があることは、理解しておきましょう。

また、販売されているものの中から上手に事故車を見つけ出すためには、事故車という言葉の定義を、正しく理解しておかなければなりません。一般的にイメージされている事故車と、中古車市場における事故車は、意味合いが異なります。販売されている事故車とは、どのような状態の車を指すのか、正確な定義を把握しておきましょう。

修復歴のある車は「事故車」

中古車販売店で売られている車のうち、事故車に該当するのは修復歴のある車だと考えましょう。つまり、「事故車=修復歴車」であるといえます。修復歴が付くのは、車の骨格部分を損傷または、修理した場合です。

骨格部分の損傷といっても、車ごとに損傷の程度や理由は違いますが、基本的には事故でも起こさない限り、損傷することはないと考えられています。そのため、修復歴が付いたものは、理由に関係なく事故車に該当します。

実際に、事故で損傷しているものがほとんどですが、一部災害によって損傷し、事故車と定義付けられているものもあります。もちろん、理由は何にせよ骨格部分を損傷しているので、ひどいダメージを受けていることは確かです。

事故歴のみの車は「中古車」

ここで少しややこしいのが、事故を起こして損傷した車でも、修復歴が付いていないなら、事故車には該当しないということです。これは、中古車市場における定義ですが、車の売買の際に適用される基準です。したがって、一般的な意味の事故車とは、考え方が違うことは理解しておきましょう。

つまり、事故でどれだけ大きなダメージを受けたとしても、骨格部分さえ傷ついていなければ修復歴車にはならず、事故車には該当しないということです。事故歴はあっても事故車ではないので、販売される際には、通常の中古車の区分で売り出されています。

事故車は状態の見極めが大切

事故車は、中古車販売店で普通に売られているので、当然購入もできます。しかし、同じ中古車を買うなら、事故車ではなく、少しでもまともな車を買いたいと考える人は多いでしょう。無理に事故車を選ぶ必要はありませんが、事故車だからこその魅力やメリットは存在します。

上手に選べば、事故車でもコスパのよい買い物ができ、お得に車が手に入ることも少なくありません。上手に選ぶためには、状態の見極めが大切です。細部までチェックして、慎重に選ぶことを心がけましょう。

事故車は安く買える

事故車を購入する最大のメリットは、通常の中古車よりも安く買える点にあります。車種によって、損傷の程度によりどれくらい値下げになるかは違います。

しかし、場合によっては、数十万円近く割引になっていることもあるでしょう。事故車は、中古車の中でも特に安いので、リーズナブルに購入したい人にはおすすめです。

見た目はきれいでも不具合のあるものは多い

販売価格の安さは、事故車ならではの魅力ですが、状態には注意しなければなりません。安いものを買っても、状態が悪くて購入後のメンテナンス費用がかかれば、結果コストが高く付くことも多いです。また、悪くするとすぐに故障して、使えなくなることもあるでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

事故車を購入する際には、見た目のきれいさだけではなく、各パーツがきちんと機能しているかもチェックしなければなりません。中身はボロボロなのに、見た目だけきれいに整えて、安価で販売しているものも多いです。粗悪品をつかまされると損をするので、注意しなければなりません。

不具合を避けたいなら、修復歴の有無を参考にすることをおすすめします。修復歴がないなら、事故で多少ダメージを受けていても、問題ないケースが多いでしょう。つまり購入する際には、修復歴のある事故車ではなく、事故歴のある中古車のほうがおすすめといえます。

需要があるから事故車でも売却できる

中古車販売店で事故車が売られていることに、疑問を感じる人もいるかもしれませんが、販売されているということは、少なからず需要があるということです。

事故車は安く買いたいユーザーはもちろん、幅広い用途で車を活用したい業者からも需要があります。つまり、事故車でも売却が可能であり、愛車が事故車になった場合でも、買取で処分できるということです。

海外に輸出できる

国内で販売されている事故車は、事故車といってもある程度状態のよいものに限定されています。しかし、海外に輸出される事故車は、走りさえすれば問題ないレベルのものが多いです。

つまり、状態が悪くても走れるなら、業者は売却して利益を得られるので、事故車でも積極的に買い取ってもらえることになります。

パーツや素材の価値がある

仮にボロボロで自走できず、車としての機能が失われている場合でも、パーツ単位で見ると価値はあります。また、パーツを全て取り除いたあとは、鉄資源としての価値が残ります。

事故車でも価値がゼロになることはないので、一般的なユーザーに需要がなくても、業者への需要に向けて売却は可能です。

事故車は廃車買取で処分

事故車を手放す際には、できるだけ費用をかけずに利益を出すことが大切です。そのため、解体処分したり、中古車販売店に売却するのではなく、廃車買取業者を利用することをおすすめします。廃車買取業者なら、事故車にも対応してくれる場合が多く、少なくとも買取対応なら処分の費用はかかりません。

カーネクストなら事故車・不動車も買取

カーネクストは、状態の悪い車の買取にも幅広く対応しており、事故車や不動車でも0円以上で買い取ってくれます。無料で車両引き取りや、廃車手続きの代行もしてくれるので、処分の際には費用や手間はかかりません。

例えば、修復歴が付くほど状態の悪い車でも買い取ってくれるので、あきらめずに査定に出すことが大切でしょう。

参考:カーネクスト

事故車の売買には注意しよう

事故車でも、売ったり買ったりすることが可能で、意外にも市場に出回っている数は多いです。事故車といっても、状態は車によって違いますが、通常の中古車よりはダメージを受けているものが多いです。そのため、売買の際には扱いに十分注意して、より安全かつお得になる選択肢を選び、事故車も上手に扱いましょう。

0円以上買取保証