トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車に乗るためには、自賠責保険に必ず加入しなければなりません。自賠責保険は強制加入で、未加入や期限切れで運転すると、処罰の対象になることは覚えておきましょう。

車を廃車にして処分したら、自賠責保険も必要なくなるので、払いすぎた保険料は返金してもらわなければなりません。返金の手続きを忘れていると損をするので、忘れずに行い、スムーズに返金を受けましょう。

自賠責保険は解約後に返金される

自賠責保険は、廃車と同時に勝手に返金の対象になるわけではありません。返金してもらうためには、保険の解約手続きを踏まなければならず、解約しないといつまでも返金対象にならないことは理解しておきましょう。自賠責保険は、解約した翌月から残りの有効期間を月割り計算し、返金額が決定します。

そのため、保険料を返金してもらうためには、最低でも1カ月以上有効期間が残っていなければなりません。有効期間が残っているか確認したうえで、解約の手続きを行うことが大切です。

自賠責保険料はいつ返金されるのか

自賠責保険料は、解約の手続きをしてもすぐに返金してもらえるわけではありません。返金までには1~2週間程度かかるので、手続きから実際にお金を受け取るまでには、若干のタイムラグがあることは理解しておきましょう。

返金手続きの際には、振り込み先の銀行口座も指定されます。ある程度時間がたったら、本当に振り込まれているか確認することが大切です。例えば、口座番号を書き間違えたり、保険会社が送金ミスをしたりして、振込が滞ってしまう可能性もゼロではありません。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

トラブルにもスムーズに対処できるように、入金の有無は必ず確認し、あまりに遅いようなら保険会社に問い合わせましょう。

自賠責保険料の返金に必要なもの

自賠責保険料を返金してもらうためには、以下のものが必要です。

  • 廃車を証明できる書類(コピーで可)
  • 自賠責保険証の原本
  • 認印
  • 振込先の口座情報

自賠責保険は、車の名義を持っている以上、加入し続けなければなりません。そのため、解約できるのは廃車が完了してからに限られ、廃車が済んだことを証明する書類を、提示する必要があります。廃車を証明する書類は、一時抹消登録なら「一時抹消登録証明書」、永久抹消登録は「登録事項等証明書」です。

ほかにも自賠責保険証や認印、口座情報などが必要ですが、詳細な持ち物については保険会社ごとに異なります。以上のものは基本で必要になると考え、細部の必要書類は、保険会社に事前に問い合わせておくとよいでしょう。

自賠責保険料の返金手続きの注意点

自賠責保険料を返金してもらうためには、解約の手続きを行わなければなりませんが、その際にはいくつか注意点があります。

注意点を把握していないと、スムーズに手続きが進められず、場合によっては返金が受けられなくなることもあるので気をつけましょう。細部のポイントまで正しく理解し、滞りなく手続きを完了させることが大切です。

廃車日ではなく解約日から返金額を計算

自賠責保険は、解約することで返金の対象になりますが、返金額が決まるのは廃車時点ではなく、解約時点です。廃車時には、自動車税や重量税が還付されるため、それらと一緒に自賠責保険も、返金が決まると誤解している人は多いでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

税金の還付は廃車時点で確定しますが、自賠責保険は解約手続きをしないと、いつまでも返金額が確定しません。仮に有効期間が長期間残っていても、解約をせずに期間を満了すると、残った分全てが返金不可となるので注意しましょう。

自賠責保険の返金額は、月割り計算で算出されるので、月をまたぐと1カ月分の金額が少なくなってしまいます。特に注意が必要なのは、月末ぎりぎりに廃車した場合です。

廃車による税還付も月割り計算なので、翌月にまたがらないうちに完了させることが大切です。しかし、月末ぎりぎりだと自賠責保険の解約が、当月内に収まらない可能性があります。廃車後にしか解約手続きができないからこそ、廃車時に保険解約のことも頭に入れて、余裕を持ってスケジュールを組むことが大切です。

バイクの自賠責保険も返金対象

自賠責保険に加入しているのは車だけではなく、バイクも該当します。バイクも廃車にしたなら、車と同様に解約手続きを踏むことで、払いすぎている分の保険料は返金されます。

車に比べるとバイクの保険料は低額ですが、少なくても戻ってくるなら受け取って損はありません。バイクの自賠責保険は解約を忘れがちなので、廃車時には保険のことも頭に入れておきましょう。

任意保険に加入しているならそれも解約しよう

自賠責保険とは区分が違いますが、別途任意保険に加入している人もいるでしょう。任意の車両保険も、解約すれば支払いすぎた保険料を、返金してもらえることが多いです。したがって、廃車して不要になったなら、素早く解約して少しでも損なく返金を受けましょう。

ただし、廃車後に新しい車を購入する場合は、必ずしも解約する必要はありません。車両入替の手続きを行うことで、解約して新規加入せずとも、これまでの内容で保険を継続利用することは可能です。また、しばらく車を持たない場合でも、完全に解約せずに休止させて、等級をそのまま保存することもできます。

廃車し、車を完全に手放すなら任意保険も解約が基本ですが、状況次第では、あえて解約しない方法があることも覚えておきましょう。

廃車買取なら廃車手続きが簡略化できる

愛車を処分する際には廃車手続きが必要で、これが面倒に感じる人も多いでしょう。廃車手続きに手間がかかり、自賠責保険の返金を忘れてしまうことも少なくありません。少しでも手間をかけずに、手続きを簡略化させたいなら、廃車買取業者の利用がおすすめです。

カーネクストなら無料で買取

カーネクストは買取の際に費用が発生せず、無料で愛車を処分してもらえます。査定から引き取り、廃車代行手続きも全て無料で、これだけでも利用する価値があるでしょう。加えて、0円以上での買取保証をしているので、状態の悪い車でも安心して手放せます。

さらに、サポート体制が充実しているので、廃車手続きはほとんど任せられます。よって、自賠責保険の返金手続きに集中でき、損なく愛車を処分できるでしょう。また、廃車時の還付金もきちんと受け取れるので、この点もおすすめできる理由です。

参考:カーネクスト

廃車後は自賠責保険料の返金も受けよう

廃車の際には、処分や税金還付の手続きとやるべきことが多いですが、廃車完了後もやることが残っています。廃車完了後は、自賠責保険の解約手続きが必要で、これを怠ると保険料を払い過ぎて損をします。保険の解約までが廃車手続きであると考え、最後まできちんと手続きを進め、損なく廃車を完了させましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!