トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車検証は期限が切れないうちに更新しなければなりませんが、それだけではなく常に携帯することも求められます。そのため、紛失したなら素早く対処しなければなりません。なくしたままにしていると、思わぬデメリットや罰則を被ることもあるので注意が必要です。紛失した際の対処法を知り、車検証を正しく扱いましょう。

車検証を紛失した場合の罰則と対処方法

そもそも車検証をなくした場合、どのような問題があるのか疑問に思う人も多いでしょう。車検証は携帯が義務付けられており、紛失したままだと罰則があるので注意しなければなりません。処罰の対象とならないためにも、紛失に気付いたら素早く対処することが大切です。

車検証なしでの走行は禁止されている

車検証不携帯での公道の走行は、法律で禁止されています。紛失したままで走行すると、道路交通法違反で、50万円以下の罰金と重たい処罰が下るので注意しましょう。これは車検の有効期限の有無に限ったことではありません。

たとえ有効期限が十分残っている場合でも、車検証を持っていないだけで処罰の対象となります。また、有効期限が切れている場合は、罰則がさらに重くなるのでその点も理解しておきましょう。車検証不携帯は罰金だけで済みますが、有効期限切れの場合は違反点数が付き、場合によっては懲役が科せられることもあります。

車検証を紛失していると、有効期限満了日の詳細が分からず、気づいた時には超過していることもあるでしょう。車検証は大切なものなので、なくさないよう車内の動かさない場所に保管するのが基本です。

ないことに気づいたら再発行の手続きを行う

車検証を紛失したことに気付いたなら、その段階で素早く再発行を行いましょう。車検証は普段は使用することがなく、廃車やそれに伴う売却、車検の更新といった、特定のタイミングでしか使用しません。

しかし、故意でない場合でも、不携帯での走行は禁止されているので、気づいたなら速やかに再発行することが求められます。仮に事故や検問などで警察に止められた場合、車検証の提示を求められ見せることができないと、処罰の対象となります。

車検証の有無は外から見るだけでは分かりませんが、どのようなシーンで求められるかも分からないので注意しなければなりません。車検証不携帯での車の使用は余計なリスクを抱えることになるので、後でと思わず、今すぐ再発行すべきと考えておきましょう。

車検証の再発行する方法

車検証を紛失したなら再発行をしなければならないので、その方法を知っておきましょう。車検証は車検更新時に発行されるとイメージする人が多く、なくした場合の対処法を知らない人は少なくありません。再発行の方法は、大きく2つに分けられ、やりやすい方法で行うことが大切です。

自分で手続きを行う

車検証の再発行は自分で行うことができ、必要書類を持って運輸支局に届け出ることで手続きは完了します。再発行時に必要な書類は、以下の通りです。

  • 使用者の認印の押印がある理由書
  • 申請者の身分証明書
  • 手数料納付書
  • 申請書

手数料納付書や申請書は、当日窓口で受け取りとなるので事前準備の必要はありません。これらの書類を持って、窓口に提出すると、即日再発行してもらえますが、混み具合によっては若干時間がかかることもあるので注意が必要です。

年度末は廃車で運輸支局に訪れる人が多く、通常時よりも混み合う傾向にあるので、この時期に再発行する場合は多少時間がかかりやすいと考えましょう。また、再発行の手続きは平日しかできず、午前中は9~12時、午後は13~16時の間のみ窓口は開いています。

時間の制限があり、運輸支局まで行くのは面倒でしょうが、自分で行う場合は手数料の300円だけで再発行ができるので、安く済ませたい人にはおすすめです。

代理人を立てる

自分で手続きをするのが面倒、あるいは平日に時間を取れない場合は、代理人を立てる方法もあります。代理人は家族や友人・知人か、業者かに分けられます。知り合いに頼む場合なら、特別に費用はかからないので、基本的に自分で行う場合と同じ費用で済みます。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

業者に依頼する場合は、手数料に加えて別途業者に代行してもらう費用がかかるので注意しましょう。業者ごとに金額は違いますが、1万円前後取られることが多いです。また、知り合いでも業者でも、代理人を立てるなら委任状を作成しなければなりません。

手続きの方法がよく分からない場合は、若干コストは上がりますが、業者に依頼したほうが書類の作成方法も教えてもらえて、スムーズに手続きを済ませやすいでしょう。

車検証再発行の手続きの注意点

車検証の再発行を受け付ける機関は、普通自動車と軽自動車で違うので注意しなければなりません。普通自動車は運輸支局で行いますが、軽自動車は軽自動車検査協会で行います。窓口の場所を間違えると、必要書類が揃っていても再発行はできないので注意が必要です。

また、軽自動車の場合も、普通自動車と同様車検証不携帯での公道の走行には罰則があります。車検証を紛失した場合は、車種に関係なく素早い再発行が必要なことは覚えておきましょう。

次の車検に費用がかかりそうなら買い替えもおすすめ

車検証は普段から頻繁に目にするものではなく、車検の更新が近づいたタイミングで、時期の確認で見ることが多いでしょう。車検証を紛失したなら再発行が必要ですが、再発行後は、車検更新も考えなければなりません。

車検は一定期間ごとに更新しなければなりませんが、費用が高く付きそうなら、更新はせず、買い替えを検討するのもおすすめです。

高い費用をかけて車検を更新するよりも、状態の良い車に買い替えて、維持費を抑えたほうが結果的にお得なケースは多いです。車検更新は買い替えに適したタイミングなので、費用次第で継続使用か、買い替えかを上手に選びましょう。

早めに相談すれば高く売れる

買い替えの際には古い車を処分しなければなりませんが、手放す際には買取業者に出すのがおすすめです。買取なら査定額に応じてお金がもらえ、買い替え費用の足しにできます。買取に出すなら少しでも早めが望ましく、早くから相談するとより高く売りやすくなります。

車は経年劣化するので、売却時期が遅くなるほど価値は下がると考えましょう。少しでも価値が高いうちに売るためにも、車検更新の少し前から動き出すことが大切です。

買取業者はカーネクストがおすすめ

買取に出すなら、0円以上での買取保証をしているカーネクストがおすすめです。カーネクストなら状態の悪い車でも評価し、値段を付けてくれるので、車検前の未整備状態でも好条件で買い取ってくれるでしょう。加えて、査定や車両の引き取り、廃車代行手続きまで無料でやってもらえるのも魅力です。

好条件での買取に加えて、処分に費用もかからないので、スムーズに愛車を手放し、買い替えを進められるでしょう。

参考:カーネクスト

車検証をなくしたら速やかに再発行の手続きを行う

車検証の携帯は法律で定められており、なくしたならすぐに再発行しなければなりません。車検証を持たずに走行すると、高額な罰金が科せられるので注意が必要です。再発行は300円と安いですが、手間がかかるのでなくさないよう保管場所を工夫しましょう。

0円以上買取保証