トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車が事故で全損となった場合、修理をしてそのまま乗り続けるかどうかは、安全性や金銭的な負担について事前に知ってから判断をする必要があります。ここでは、修理か買い替えかを迷った時に、押さえておきたいポイントを確認していきます。また、全損とはどのような状態を指すのか、詳しく見ていきましょう。

車が全損となる場合

事故で車が大きなダメージを受けてしまった場合、全損と判断されることがあります。全損とは、具体的にどのような状態を指しているのでしょうか。ここでは全損の定義や状態を確認しましょう。

車が全損と判断される場合とは

自動車保険による全損の定義は大きく分けて3つあります。物理的全損と経済的全損、それから盗難による全損です。それぞれの特徴を解説します。

物理的全損とは

車が事故に遭い、修理が不可能な状態まで破損してしまった状態です。全損と聞いて多くの人がイメージするのはこの物理的全損であることが多いでしょう。

経済的全損とは

車が物理的に修理が可能な状態であっても、修理費用がその車の時価額を上回った場合には、全損扱いとなります。これを経済的全損といいます。修理はできるけれども、保険の保証額内では対応ができないという状態です。

この際の、時価額は車が事故を起こしたタイミングのものではなく、保険を契約した際の時価額が基準となります。特に古い車であれば、時価額がかなり下がっていることが想定され、事故で経済的全損扱いになる可能性が高まります。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

盗難による全損

車がなんらかの理由で盗難にあってしまい、手元に返ってこないときも全損となります。盗難による全損は発生数は少ないですが、珍しい車や人気の車種だと盗難に遭うことも稀に発生します。

車が全損となったら買い換えか修理か

車が経済的全損の場合には、買い換えるか、それとも修理をして走れるようにするか判断に悩むこともあります。愛着がある車であれば、修理をして乗り続けたいと考える人も多いでしょう。全損車の修理をする場合には、どのようなことを考えなければならないのでしょうか。

修理をしても元どおりにはなりにくい

全損の車を修理をすることで、また乗車できる状態に戻すことができても、事故で受けたダメージがなくなるわけではありません

車の骨組み部分が損傷を受けている場合には、修理を行ったとしても、安全に対する不安を抱えたまま乗り続けなければなりませんし、乗り心地が悪くなってしまうことも多いです。場合によっては、或る日突然動かなくなることもあるかもしれません。

一度、全損レベルまでダメージを受けた車を修理して乗り続ける場合、このように安全性のリスクに不安を抱えることにもなります。そういった部分も含め、修理をするかどうか判断しましょう。

修理をすると高くついてしまう

思い入れが強い大切な車であれば、修理をして乗り続けることも可能です。しかし、全損扱いになっているということは、車の時価額が修理の総額よりも低いということ。そうすると修理代が保険だけでは不足してしまい、持ち出し資金が数十万円単位で必要になってしまう場合もあります。

高い修理代を自己負担しても、その車を乗り続けたいかどうかを判断する必要があります。

全損を修理する場合保険を確認

基本的には全損と判断された車は、保険金だけだと対応ができません。しかし加入している自動車保険によっては、全損車でも修理費用を受け取ることができる特約がついている場合があります。もちろん特約に入っていたとしても修理代が全て保証されるわけではありませんが、一度保証内容を確認しましょう。

保険の内容をきちんと把握しておらず、いざ事故に遭ってから、保険会社に問い合わせたところそのような特約がついていた、などという話もよく聞きます。

転売する時に査定額が下がってしまう

修理をして、のちに売却することを考えている際、一度全損状態になった車はどうしても査定額が下がってしまうことも覚えておいたほうがよいでしょう。

修理後、問題なく走行できていたとしても、一度全損車レベルの破損があった車はそれを伝えなくてはいけませんし、結果としてよい査定金額を期待することが難しいです。廃車費用がかかってしまう場合もあるでしょう。

そのため、最後に売却してお金が入ってくることを期待して、高い修理代を払って修理したとしても、それほど手元にお金が戻らずに結果として損になってしまうこともあります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

どうしても乗り続けたい場合以外は買い替えがおすすめ

全損車を修理して乗り続けるには、費用面で負担が大きくなる可能性が高いことや、修理後の安全性の観点などからも懸念が残ります。ご自身の車の状態や、自動車保険の特約をつけていたかにもよりますが、あまり得な判断であるとはいえません。

そのため、どうしても愛着が強く、損得に関係なく乗り続けたいという場合以外は、買い替えがおすすめです。

全損車の廃車手続きを依頼する

全損によって車の買い替えをすると決めた場合には、これまで乗っていた車の廃車手続きを行わなくてはなりません。ここでは、廃車手続きをする際に、ディーラーに依頼する場合と、廃車買取業者に依頼する場合の詳細をご紹介します。

ディーラーに相談する

全損となってしまった車をディラーで購入した場合には、最初にディーラーに相談をする人も多いのではないでしょうか。ディーラーに相談することで、ディーラーで廃車手続きと、解体業者への対応まで行ってくれます。

廃車に必要な書類の作成や提出代行はディーラーが行ってくれるため、手間がかかりませんが、廃車のための手数料は請求される場合がほとんどでしょう。引き取り料金やレッカー代、解体費用、手続き代行代で、トータル10万円弱の費用になる場合もあります。

廃車買取業者に依頼

最近は廃車買取専門の業者で、廃車手続きをする人も増えています。特に廃車や事故車を専門とする廃車買取業者であれば、査定額が0やマイナスになることがほぼなく、買取をしてもらえることが多いです。現金で買い取ってくれるサービスもあります。

これは、パーツや部品ごとに使えるかどうか判断するシステムがあり、それらを売却できる独自のネットワークがあるために、車自体が全損状態でも、査定額がつく仕組みになっているためです。

面倒な廃車の手続きを行ってくれる上に、お金を受け取ることができるので、廃車買取業者への依頼を検討してみるのもおすすめです。

廃車買取サービスならカーネクストがおすすめ

カーネクストの廃車買取サービスは、どんなに破損をしている車であっても、0円以上の買取を保証しています。その他にも、車引き取り時のレッカー代や手続き代行料金が無料となっています。

また、カーネクストでは、自動車税の還付金を受け取ることができます。毎年4月に一括払いをしていることが多い自動車税ですが、廃車のタイミングによっては、自動車税を過払いしてしまうことになります。一般的には廃車時に払いすぎた自動車税が戻ってくることはありませんが、カーネクストでは、自動車税の還付手続きも無料で代行してくれます。

このようにカーネクストの廃車買取サービスなら、損することなく廃車手続きを行うことができ、さらに思わぬ買取価格で買い取ってもらえる可能性や、税金が戻ってくる可能性があるのです。

全損で廃車手続きを行う場合には、一度カーネクストに査定を受けてみることをおすすめします。

参考:カーネクスト

車が全損の場合には買い替えがおすすめ

車が全損となってしまうような事故や盗難に遭ってしまったら、精神的にもとても大きなショックを受けてしまいます。まずは、落ち着いてから車の扱いについて判断をしましょう。

愛着が強く、金銭的な損得にこだわらず乗り続けたい場合には、修理をして引き続き大切に乗り続けることをおすすめします。

一方で、全損になってしまったことが、車買い替えの契機だと考えることもできます。修理代の負担や安全性の観点からは買い替えることがおすすめです。買い替えで廃車にする場合には、廃車買取サービスなどを使って、お得に手続きを進めましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!