トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

中古車を探していると、事故歴がある車に出会うことがあります。事故車は見た目もきれいに修復されていて、何より普通の中古車より手頃な価格なので魅力的に見えますが、本当に購入して大丈夫かどうか不安になりますよね。

事故車の購入を検討するのであれば、まずは事故車について知りましょう。この記事では、事故車とは具体的にどのような車のことを指すのか、また混同されやすい修復歴車とあわせて解説します。

また、事故車を購入する場合に確認しておきたいポイントや、自分の車が事故車となってしまった場合、売却ができるかどうかについても言及していきます。

事故車とは何か定義を確認

事故車とは一般的にはどのような車のことを指すのでしょうか。修復歴車についてもあわせて確認をすると理解が深まります。

事故車とは

「事故車」は、一般的に「事故や災害に遭遇した経歴のある車」です。しかし事故にあったか否かは、販売の際に告知をする義務がないので、わからないまま中古車として売られていることもあります。

また、事故にあった際に、フレームにダメージがあった場合には、「修復歴車」となります。

事故車と修復歴車

中古で車を探していると、「修復歴車」と表示された車を見つけることがあります。修復歴車はフレーム(車の骨格)を交換または修復したものと、日本自動車検定協会から定義されています。修復歴があるといえど、その程度は幅広くバッグで駐車をする際に、フレームをぶつけてしまった程度でも修復歴車になります。

この修復歴車と事故車の違いは、修復歴車は日本自動車検定協会が定義をしていることや、修復歴車には販売の際には、告知義務がある点です。車が安全に運行するために、一番大切なフレーム部分にダメージがあった場合、いくら修繕していも安全面での多少の不安が残るために、修復歴車にはこのような定義や告知義務があるのです。

また、事故車の定義は、単純に事故に遭った車ですが、修復歴車は事故に遭っていなくともフレームの修復や交換があれば修復歴車と呼ばれ、中古車市場では価格を抑えて販売されます。

定義中古車販売会社の告知義務
事故車一般的に事故や災害に遭遇した車義務ではない
修復歴車フレームを交換または修復したもの(日本自動車検定協会が定義)修復歴を把握している場合には、告知義務あり

良心的な販売会社であれば、「この車は軽い衝突事故に遭っていますが、フレームへの支障がない事故でしたので修復歴はなしとなっています」と事故車であることや、その経歴を教えてくれることもあります。

事故車や修復歴車を中古で購入しても大丈夫?

事故車や修復歴車は、中古市場では割安で販売されていることが多く、きれいに修復されており見た目にはわからないこともほとんどです。これらの車は購入をしても問題ないのでしょうか。リスクや、購入時に確認をしておきたいポイントをまとめています。

事故車を購入するリスクやデメリット

購入を検討している段階では、なんの問題もないように見えても、しばらくすると不具合が出てきてしまうことがあります。事故歴や修復歴に限らず、中古車にはこういったリスクがありますが、過去に事故や修復の履歴がある車であれば、リスクは多少高まると思っておいた方がよいでしょう。

また、事故をおこしていたり、修復歴がある車は、購入時の値段が抑えられるのはもちろんのこと、売却するときもあまり値段がつきません。

問題なく走行できる車もある

過去に事故にあったことがあるからといって全ての車が不具合を起こすわけではなく、なかには、軽度の接触事故や、バックの際に壁に擦ってしまった、などというレベルのものもあります。

このような車は、修理をすると通常の車と同じように、問題なく走行出来る場合がほとんどでしょう。事故車や修復歴車だからといって必要以上に嫌厭せず、事故や修復のレベルや状況を確認して個別に判断することが大切です。

事故車や修復歴車を購入する際に確認しておくこと

事故車とわかって購入を検討する場合には、自分の目でよく車の状態を確認しましょう。購入後に大きな修理が必要となるなど、思わぬ出費がかかることを避けるためです。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

外から見える場所では、外装やバンパーの隙間に違和感はないか、車体がきちんと左右対称で歪んでいないかを確認します。車体に歪みがあると、のちに走行中の不具合が起こる場合があるからです。車の内部も汚れがないかきちんと確認をしましょう。可能であれば運転をさせてもらい、動作に問題がないか確認ができればベストです。

このように、車の状態をしっかり確認をすることは中古車を買う際には重要なことですが、事故車の場合には特に注意深く確認してください。

また、購入する販売店は、できるだけアフターサービスが充実しているところがよいです。購入後に、何か不具合が起こった際に対応してくれるサービスがあるかどうか確認をしておきましょう。

事故車を買い取ってもらうには

自分の車が事故にあってしまった場合、買い取ってもらうことができるか不安になりますよね。一昔前は、「事故車は廃車にするのが当たり前」と考える人も多かったのではないでしょうか。しかし、最近は事故車であっても買取をしてもらえるケースが多くなっています。

事故車が買い取ってもらえる背景

事故車の中でも比較的軽度の破損であるなら、修理すれば売却できる可能性も高いことから、買い取ってもらえるでしょう。

また、一部が使えない状態であっても、分解した時に、部品単位で売却をすることができれば買取が期待できます。特に発売から時間が経っている車であれば、新品の修理用の部品は手に入らない状態になっていることがあります。そういった場合は、中古部品の需要が高まるために買取が期待できます

また、車の材料である鉄は資源としての価値があるので、リサイクルの観点でも事故車であっても需要があるのです。

事故車の売却は専門業者の買取サービスを利用する

最近では、事故車や廃車の買取を専門に行うサービスもたくさん登場しています。日本では、人気があまり高くない事故車や修復歴がある車でも、最近は海外での需要があります。海外では日本の質の高い車や、部品がとても重宝されています。

こういったビジネスチャンスに目をつけた買取業車が増えてきているため、事故などのネガティブな履歴がある車であっても買い取ってもらいやすくなりました。

買取サービスはカーネクストがおすすめ

さまざまな買取サービスの中で特におすすめしたいのがカーネクストです。カーネクストでは、通常の中古車に加えて、事故車や修復歴車、そして動かない車の買取や引き取りを行ってくれます。

廃車となる場合でも、引き取り費用、レッカー代、手続きなども全て無料で行ってくれ、買取価格も0円以上が保障されています。つまり、本来なら廃車費用を支払わないといけない状況の車でも、カーネクストに依頼すれば負担なく廃車買取をしてもらえます。予想外に高い値段がつくこともあります。

事故車の売却に悩んでいるのであれば、カーネクストの無料査定を受けてみることをおすすめします。

参考:カーネクスト

事故車の購入はよく確認をして、売却は専門業者に依頼しよう

事故車であっても、全ての車が不具合を起こすというわけではありません。購入を考えている中古車に事故や修復履歴がある場合には、詳細をしっかり確認してから購入を検討しましょう。加えて、自分の目で車の外装や内装をチェックすること、運転をした感覚に違和感がないかも確認しておきましょう。

また事故にあった車を売却する際には、買取時のサービスが充実した専門業車に依頼をしましょう。思っていた以上に、車や内部の部品に価値をつけてくれる可能性もあります。

0円以上買取保証