トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を買い替えるなら、新車であろうと中古車であろうと、相当の出費を覚悟しなくてはなりません。しかしそれでも、「より自分好みの車を」「より維持費の安い車を」と考えれば仕方ない費用です。通常なら、今乗っている車を下取りに出し、少しはお得に手に入れられるのですが、それが事故に遭った車だった場合はどうなるのでしょうか。

事故車でも「下取り」はしてもらえるのか、また最近人気の「車買取」は、事故車でも買い取ってくれるのか。今回は、「事故車とは何か」といった基礎から、順を追って解説します。

事故車の市場での価値

事故車でも価値があって、市場で必要とする人がいればお金になるはずです。ここでは、そもそも「事故車とは何か」、またその価値について見てみましょう。

事故車とは

事故車と呼ばれる車は、事故を起こして変形したり傷ついたりしたままの車か、過去に事故に遭い、すでに修復している車のどちらかです。傷ついたままの場合は、多くが原形をとどめておらず、とても修理して使えるとは考えられない状態や、今後車が必要なら新たに買うしかない状態をいいます。

一方、修復した車は修復歴ありの中古車として、市場に現れることがあります。それでも事故後に、ある程度は車として使えた車なので、乗れる車だといえるでしょう。ただし、今後も問題なく乗れるかどうかは不明です。

問題となる部分が、全て修復や交換されていればよいですが、修復が十分でない、または交換できない部分があれば、すぐに乗れなくなることも考えられます。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

不具合があれば事故車とされる部品とは

事故車の判断の元となる修復歴とは、車の強度を保つ車両の骨格部分に影響を及ぼすような、交換や修正した履歴をいいます。具体的には、以下の部分を修理や交換すると「修復歴あり」とされます。

  • フレーム
  • クロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー(フロント・センター・リア)
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • フロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエターコアサポート(交換のみ)

ということは、損傷がこれら以外のフェンダーやドアのちょっとした凹みだけなら、事故歴とはされないことになります。これらはただの交換・板金で修復できるもので、車の走行には影響がないためです。

事故車の価値は半分以下

事故車を買う人の立場になって考えると、車の主要部分に不安がある車を、買おうという人は少ないこともうなずけます。また引き取る業者としても、その保管場所や状態の維持費を考えると、そんな事故車を引き取るメリットは、ゼロ以下とされても仕方ありません。

損傷の度合いによって違いはありますが、その価値は高くても同タイプ中古車の半分、多くの場合はゼロとされます。

事故車は下取りしてもらえるか

修復歴のある事故車は、下取りしてもらえることはあるのでしょうか。まずその「下取り」そのものについて解説します。

下取りとは

下取りとは、新しい商品を買うことを前提として、それまで使っていた古い商品を引き取る契約、またはそういった商売上の習慣のことです。買取とは違い、引き取った商品を再流通させることを前提にしていないため、古い商品が故障しているなど、問題があっても対象とされます

しかし事故車に限れば、ディーラーが金額をつけて下取りすることはほとんどありません。もしあるとすれば、その分買い換える車の値引きを、抑えられている可能性が高いといってよいでしょう。

事故車は下取りしないことがほとんど

どれほど安くても売れない、すでに車として使えない事故車は、引き取っても簡単に捨てられません。産業廃棄物として正式に解体して分別し、素材ごとに処分しなくてはならず、その他廃車とするための登録手続きも必要です。

また、車検が切れていたり故障したりしていれば、レッカー車で運ばなくてはなりません。さらに、解体も正規の業者に依頼しなくてはならず、廃車手続きにもそれぞれ手間と費用がかかります。そんな余計なお金がかかる事故車を下取りする業者は、ほとんどないのはこのような理由からです。

事故車を下取りに出すメリット

金額的な面では、事故車を下取りに出すことはおすすめできませんが、時間がない人にとっては「代わりに手続きしてもらえる」といったメリットはあります。中には新しく買う車の値引きができないため、下取り額としてキャッシュバックする場合もあるようですが、これは非常に稀なケースです。

買取は下取りよりもメリットがあるか

事故車には価値がないため、下取りでは金額上のメリットはほとんどありません。しかし、最近人気の高い「車買取」となると事情が変わります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

広告で見かける「廃車費用無料」といったキャッチコピーを見れば、事故車の価値というより、それにまつわる費用についてのメリットを強調していることがわかります。

事故車でも買取してもらえる理由

多くの車買取業車が「廃車・故障車・事故車でも買取します」といったふれ込みで、多くの人に利用されています。一見すると、下取りと同じように思える買取とは、どのようなビジネスなのでしょうか。

日本車は世界市場では価値が高い

東アジアでは、かなり古い年式の日本車が現役で使われています。これは、日本車がそれほど長持ちする、またはメンテナンスすれば、長く使える品質であることを示しています。実際に使っている人が、乗りやすい、メンテナンスしやすい、故障しにくいといった利点をあげることからも、日本車の人気がどれほどかがわかります。

しかし、いかに品質がよくても部品は劣化するものなので、代わりの部品が必要になるときは必ず来ます。日本の自動車メーカーは、多くの部品を新車発売から15年程度を目安に調達しなくなります。その車に乗る人が減り、部品のニーズが下がるためです。その区切りとして、概ね15年後にはその多くが乗らなくなるとして、調達を停止するのです。

日本車の部品の価値は高い

年式の古い車の部品がより必要とされる海外では、事故車であろうとその部品が健在なら、それを欲しいというユーザーがまだいるはずです。品質の高い日本車に使われている部品は、それぞれ厳しい検査を通過していることから、一定以上の品質であることは明らかです。

事故車は、車としての価値はないとしても、健在の部品が生産されていない以上は「部品取り用」としてのニーズは高いのです。よって、部品を必要としている海外のユーザーはまだ多いといえます。

お得な車買取業者で事故車をお得に処分

事故車でも、お得に処分できる車買取業者を選ぶポイントは、「かかる費用がゼロに近い」「車体の買取金額」の2点です。事故車は、廃車にするにも費用と手間がかかりますし、仮に値段がつくなら、たとえ数百円でも得られるに越したことはありません。

廃車手続き・運搬費用無料

下取りに出さなければ、持っている事故車は早くに廃車手続きをしないと、自動車税が無駄にかかってしまいます。しかし、手続きできるのは最寄りの陸運局なので、住んでいる場所によっては1日仕事になることも。しかも、手続きできるのは平日昼間だけとなれば、仕事を休むことになるかもしれません。

また、事故車を解体するなら、業者へ運搬する費用もかかります。平均すると数万円程度ですが、はっきり言って「何も手元に残らないただの費用」です。

車買取業車の中には、全国引き取り無料・廃車手続き代行・手続き費用無料として、事故車を引き取ってくれる業者もあります。今ネットで話題の「カーネクスト」もそんな人気の車買取業車です。

車体買取0円以上を保証

カーネクストでは「車体買取0円以上保証」をしている点も、人気の理由の一つです。カーネクストは、車体そのものはもちろん、その部品などについてさまざまな販路を持っています。そのため、たとえ事故車であっても、何かしらの価値があれば買取金額をつけられます。

また、廃車・運搬費用が無料で、手続きや代行、さらに車体買取0円以上保証となれば、顧客としては、原則費用がかからないばかりか、車の状態によってはお金が返ってくる可能性さえあります。事故車だからと諦めることはありません。買い替えにはカーネクストを利用して、賢く事故車を処分しましょう。

参考:カーネクスト

事故車をお得に処分するなら車買取を利用しよう

事故車を買い替えるとき、下取りにするとあまりメリットは得られません。メリットがあるとすれば、手続き上の手間がないことくらいで、金銭的なメリットがあることは極めて稀です。だからと言って、廃車・解体手続きを自分でするとなると、手間だけでなく費用もかかり大変です。

車買取なら、事故車にも部品単位での価値があれば、買取に値段がつき、しかも廃車・解体費用も無料とする業者があります。事故車を賢く処分、利用するなら、下取りではなく車買取を利用しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!