トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

愛車を手放す際には、少しでも資金化することを考え、買取処分を希望する人は多いでしょう。しかし、車の状態次第では買取を拒否されたり、費用をかけて処分したりすることも少なくありません。

買取対応してもらえるのは、ある程度状態のよい車と考える人も多いかもしれませんが、実はどんな車でも買取の対象ではあります。状態の悪い車を売却するなら、買取業者の選び方が重要になります。

どんな車でも買取できる業者とは

状態が悪い車、例えば経年劣化車や過走行車、さらには不動車や故障車でも、買い取ってくれる業者は存在します。しかし、どのような業者が買取対応してくれるのか、知らない人も多いのではないでしょうか。どんな車でも買取ができる業者は、大きく2つに分けられます。

車をスクラップにする解体業者

解体業者は、車をスクラップ処分してもらう業者で、車両の引き取りには費用がかかると考える人も多いでしょう。確かに処分してもらう場合は解体費用を支払わなければなりませんが、買取対応してくれる業者なら、反対にお金がもらえます。

解体業者の場合、中古車として買い取るのではなく、鉄資源として買い取ります。そのため、買取金額は車から取れる鉄の量、鉄の相場によって変動し、車体が大きいものほど、高く売れやすいと考えましょう。

車そのものの状態は関係なく、どれくらいの鉄が取れるかが査定の対象です。車によって違うものの、大体2~4万円程度になることが多いでしょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

豊富な販路がある廃車買取専門業者

状態の悪い車だと、中古車買取業者では買取を拒否されることもあるかもしれませんが、同じ買取業者でも、廃車専門の場合は違います。廃車買取専門業者の場合は、文字通り廃車寸前のボロボロの車でも買取対応をしており、解体業者よりも好条件で売却可能なケースも多いです。

廃車買取専門業者は、豊富な販路を持っていることが多く、買い取った車を幅広く活用し、売却しやすいことから、好条件での買取ができます。

資産運用

廃車買取業者がどんな車でも買取可能な理由

廃車買取業者は販路が広くて、活用の選択肢が多いとはいえ、ボロボロの車からどのように利益を得ているのか、疑問に思う人は多いでしょう。解体業者なら、鉄資源としてリサイクルという明確な目的がありますが、廃車買取業者の場合は目的が定まっているわけではありません。

なぜ廃車買取業者はどんな車でも買い取ってくれるのか、それによって利益を上げられるのか、理由や買い取られた車がどのように扱われるのかを知りましょう。

部品やパーツを販売できる

廃車買取業者は、買い取った車を分解し、中古部品・パーツを販売して利益を得ています。状態の悪い車の買い取りは、いわば中古部品販売の仕入れであり、パーツを安く入手して売ることで、利益を得ていると考えましょう。

解体処分するしかないようなボロボロの車でも、分解すると使えるパーツが残っていることは多いです。場合によっては高額なパーツが残っていて、部品単位で見ると価値が高いこともあるでしょう。部品・パーツ単位で細かく評価し、買取金額を決定するので、廃車買取業者はボロボロの車でも積極的に買い取ってくれます。

海外に輸出して販売する

処分を考える車でも、全てが使えないわけではなく、年式が古く走行距離が長いだけで、十分使えるものは存在します。また、仮に故障していても、簡単な修理で使用を再開できるものは多いです。廃車買取業者は、これらの車を買い取った後、海外に輸出して売却しています。

日本ではリセールが難しい車でも、海外なら問題なく売れることは多く、状態の悪い中古車が高値で売れることも少なくありません。これは日本車のブランド価値の高さや、海外では走りさえするなら、車の状態はそれほど気にしないという事情が理由です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

経年劣化した車や過走行車でも積極的に買い取れるのは、状態の悪い車でも売りやすい海外に販路を持つ業者ならではの強みでしょう。

廃車買取業者の選び方

車を売却するなら業者の選び方が重要で、廃車買取業者を利用する場合もこれは同じです。業者によってサービス内容は違い、同じ車でも買取の条件が変わることは珍しくありません。少しでもお得に売却するためにも、上手な業者の選び方を知っておきましょう。

還付金を買取金額に上乗せしてくれる

買取で処分する際には名義の抹消が必要で、廃車手続きを行わなければなりません。廃車手続きは業者に代行してもらえますが、この時還付金を正しく支払ってくる業者を選ぶことが大切です。解体を伴う場合は自動車税と重量税が、転売を前提とした売却の場合は自動車税が還付対象です。

手放す時期や車検の残存期間に応じて、金額は変わり、還付金の有無も違いますが、条件を満たしているなら買取の場合でも還付金はもらえます。業者によっては、還付金の説明をせずに全て業者の取り分にすることもあるので、きちんと説明し、買取金額に上乗せして返してくれる業者を選びましょう。

廃車に必要な費用がかからない

車を手放し、廃車にするには、レッカー代や廃車手続きの代行手数料といった各種費用が発生します。レッカー代、廃車手続きの代行手数料ともに1万円程度が相場ですが、業者によってはこれらを無料サービスにしていることもあります。

廃車の際に費用がかからないなら、実質の買取金額もプラスになり、よりお得に処分できるでしょう。業者を選ぶ際には、無料サービスがどこまで充実しているかチェックすることも大切です。

不要な車を処分する時のポイント

愛車を処分する際には、いかにお得に手放すかを考えることが大切です。同じ車を処分する場合でも、方法次第でメリットは変わると考えましょう。

中古車販売業者には買取を依頼しない

廃車予定でボロボロの車を処分する場合は、中古車販売業者への売却はおすすめできません。中古車販売業者でも買取は行っていますが、基本的には状態のよい車、人気の車に限られます。状態の悪いものだと、査定額を大幅に減額されたり、値段が全くつかなかったりすることも少なくありません。

場合によっては、引き取りや処分の費用を請求されて、マイナスが出ることもあるでしょう。状態がよく、最新モデルで人気といった条件のよい車ならよいですが、それ以外の場合はお得になりづらいことは理解しておかなければなりません。

廃車買取専門のカーネクストを利用する

どんな車でも買取ができる業者でおすすめなのが、廃車買取専門業者のカーネクストです。カーネクストは、車の状態に関係なく0円以上での買取保証をしています。文字通りどんな車でも買取ができるので、ボロボロの車を処分したい人におすすめでしょう。

また、車両の引き取りから廃車手続きの代行まで無料で、還付金もきちんと返してくれるので、信頼度も高い業者です。

参考:カーネクスト

どんな車でも価値をつけることができる業者を選ぼう

車はどんな状態であっても、何らかの価値は残されています。しかし、全ての業者がその価値を見出してくれるわけではありません。ボロボロの車をお得に処分したいなら、どんな車でも買取を行う業者、つまり、どんな車からも価値を見出せる業者を選び、売却しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!