トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

自動車やバイクを持つのなら、強制的に加入を義務付けられるのが自賠責保険です。車の購入時と車検時にどんなことがあっても次の車検までの期間分前払いをしなくては、車検を通すことができません。

しかし、車を手放すタイミングというのは、ちょうど車検や自賠責が切れるタイミングとは限りません。自賠責は2年分前払いするものですが、廃車にするときに残り期間があればその分は還付を受けることができます。しかし、その手続きは自分でしなくてはなりません。

この記事は、車を廃車にすることを考えているけれども、自賠責保険の還付方法がわからないという人のために、手続きのやり方を解説します。

自賠責を還付してもらうには

自賠責を還付してもらうためには、車の廃車手続きを完了してから還付を申請します。確実に廃車したことが確認できないと、自賠責の還付を受けることができないので注意が必要です。まずは自賠責の還付を受けるために必要な準備について見ていきましょう。

廃車になった証明が必要

自賠責の還付を受けるためには、車を廃車にしたことの証明書が必要になります。廃車の証明書には一時抹消登録証明書、登録事項等証明書、自動車検査証返納証明書の3種類あります。

一時抹消登録証明書というのは、一時的に乗らなくなったけれど、またいつか乗る機会があるという場合に自動車の登録を一時的に抹消することができます。この場合に陸運局で発行してもらうのが一時抹消登録証明書です。軽自動車の場合には軽自動車検査協会が発行する自動車検査証返納証明書になります。

車を完全に廃車にした場合に、解体したことを証明する書類が登録事項等証明書です。通常は廃車業者が手続きを行い、廃車が完了した時点で業者から送られてきます。

保険会社に申請する

廃車の証明書が手に入ったら、次に保険会社に還付の申請を行います。廃車すると自動車税や自動車重量税は廃車手続きを行うときに陸運局や軽自動車検査協会から還付されます。しかし、税金とは違い自賠責は保険会社との契約なので、自分で保険会社に申請しないと還付されないので、申請を忘れないようにしましょう

申請するためには、まずは自賠責を契約している保険会社に連絡をします。代理店や営業所を通している場合にはそちらに、連絡先が分からない場合には各保険会社のコールセンターやサポートデスクへ連絡をしましょう。

そうすると手続きの流れを教えてもらえます。郵送で手続きが大丈夫なら、必要書類を送ってもらえるので書類を送ってもらうようにお願いしましょう。

自賠責保険の残り月数が1カ月以上であること

自賠責保険の還付を受けるためには、自賠責保険の残り月数が1カ月以上あることが条件になります。自賠責保険の終了日は廃車が完了した日ではなく、必要書類を保険会社が確認した日になります。

郵送でのやり取りの場合、廃車完了から保険終了まで2週間程度はタイムラグが生じてしまいます。還付を確実に受けられる余裕があるかどうかを確認してから手続きに入りましょう。

自賠責の還付方法

自賠責の還付を申請する方法について具体的に見ていきましょう。手続きの流れがわかれば、還付手続きは難しいことは全くありません。

廃車手続き後すぐに保険会社に連絡

廃車手続きが完了して、廃車を証明する書類が届いたらすぐに保険会社に連絡をします。保険の終了日は保険会社が必要書類を確認した日になり、その翌日の分から還付金が計算されます。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

廃車してから時間が経ってしまうと、その分だけ還付される金額が少なくなってしまいます。廃車手続きが終わったらすぐに保険会社へ連絡を入れましょう。

必要書類を提出する

保険会社から手続きに必要な書類が届いたら、そちらを記入して、必要な書類を添付して提出します。自賠責の還付を受けるために必要な書類は次の通りです。一時抹消登録か永久抹消か、普通自動車か軽自動車かによって必要書類が異なるので用意するものを間違えないようにしましょう。

普通自動車(一時登録抹消)普通自動車(永久抹消)軽自動車
必要書類
  • 一時抹消登録証明書
  • 自賠責保険所の原本
  • 所有者の認印
  • 還付金を受け取る口座情報
  • 登録事項証明書のコピー
  • 自賠責保険所の原本
  • 所有者の認印
  • 還付金を受け取る口座情報
  • 自動車検査書返納証明書のコピー
  • 自賠責保険所の原本
  • 所有者の認印
  • 還付金を受け取る口座情報

指定口座に振り込まれる

必要書類を提出してから、書類などに不備がなければ2週間ほどで還付金が指定した口座に振り込まれます。書類を提出してから2週間ほど経ったら、銀行口座を確認して、振り込まれているかどうか確認してみましょう。

手続きが面倒だと感じたら

自分で還付金の申請を行うのが面倒くさいと感じた時には、どうしたらよいのでしょうか。そんな時には、廃車業者に車を売却してしまう、というのもひとつの方法です。廃車の証明書を受け取る手間も、還付金が振り込まれているかどうかを計算する手間もなく、車を引き渡すだけで業者がすべて行ってくれます。

原則売却時に還付金が上乗せされている

自賠責保険の還付を受けるための条件というのは、廃車か一時登録抹消が条件です。売却では還付はされません。売却では自賠責を解約して還付を受けることはできません。しかし、通常、中古車の売却では、買い取り金額に自賠責の残り月数の保険料も上乗せされています。

廃車にするために売却する場合でも、同様に還付金を上乗せした金額を査定金額として出してもらえることが一般的です。売却を検討するのなら、査定金額の内訳に注意して、自賠責の還付分が入っているかどうか確認してみましょう。入っていない業者は選ばない方が無難です。

還付金まで査定に含めてくれるカーネクストに相談

廃車する車を買い取ってくれる業者はいろいろとありますが、自賠責の還付金までしっかりと計算して査定してくれる業者を探すのは大変です。

しかし、カーネクストなら手間を掛けるのが面倒な、自賠責の還付手続きや、陸運局での廃車手続きや税金の還付手続きもすべて買い取った後に行ってくれます。もちろん、買い取り金額の中に自賠責や重量税や自動車税の還付金も含まれています。

廃車手続きを代行してもらえて、還付金も確実に受け取ることができる廃車業者なら、カーネクストが絶対におすすめです。

参考:カーネクスト

戻ってくるお金は手続きを忘れずに

廃車したことを証明する書類が滞りなく手に入るのであれば、意外に還付手続きを自分で行うのも簡単なことがわかります。自分で陸運局や軽自動車検査協会に出向いて、手続きを行う手間を掛けるのが億劫ではない人は、自分で手続きをしてみましょう。

自分でやるのは面倒くさいと感じる人は、カーネクストに売却して手続きを代行してもらうと、戻ってくるべきお金がしっかりと戻ってきます。戻ってくるお金は確実に手に入れられるように、上手に手続きを進めましょう。

0円以上買取保証