トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は必要性に応じて処分を決めることが大切で、不要なら手放すことを考えましょう。不要な車をいつまでも持ち続けてもよいことはなく、マイナス面が大きくなる一方です。

なぜ不要な車を持ち続けるのは良くないのか、理由や処分方法などに触れていくので、参考にしていただき賢く手放しましょう。

車はなくても生活できる

そもそも車が不要になるのは、必要性がそれほど高くないためです。生活環境にもよりますが、都市部に住んでいて、車以外の移動手段が充実していると、不要な場合が多いでしょう。

場所によっては、車での移動のほうが不便になることもあり、環境や状況次第で必要性は大きく変動し、不要になることも多いです。

不要な車を所有しておくデメリット

今は車が不要でも、いつか使うかもしれないので、念のため車は持っておきたいと考える人もいるでしょう。しかし、普段遣いしないなら、持っていても邪魔でデメリットになることは多いので、注意しなければなりません。

税金を払わなくてはいけない

車は使用の頻度や有無に関係なく、持っているだけで税金がかかります。自動車税は、名義を持っている人が課税対象で、仮に1年間全く動かしていなくても、支払いが必須なことは覚えておきましょう。

使わない車の税金や保険料を支払うことは無駄で、費用面でのデメリットは大きいです。さらに、何年も積み重なると、不要な支払いだけでもかなりの金額になるので注意が必要です。

車検を受けなくてはいけない

普段は乗らなくても、もし何かのタイミングで必要になった場合、車検が切れていると公道を走れません。継続使用には車検の更新が必要で、これに手間やお金がかかることも、デメリットのひとつでしょう。

たまにしか使わない車のために、わざわざ車検を更新するのは面倒で、出費も大きくなりやすいので注意が必要です。

車が不要になったら廃車手続きを行う

不要な車に余計なコストをかけないためには、廃車手続を行うことが大切です。廃車手続きは、車体そのものを手放すとは限らず、名義だけの抹消もできます。少なくとも名義だけでも抹消しておけば、余計な税金はかかりません。

将来的に、使用を再開するかもしれないという場合でも、長期間使わないようであれば、まずは廃車手続きをして、コスト削減を図ることがおすすめです。

廃車の種類と手続きの仕方

廃車手続きには種類があり、どの方法を用いるかによって車の処分方法は異なり、どう処分したいかによって、廃車の種類は変えなければなりません。廃車の種類は大きく2つに分けられるので、それぞれの違いとやり方を把握しておきましょう。

永久抹消登録

今後、車を使用する予定がなく解体処分をして手放すなら、永久抹消登録を行います。永久抹消登録は、先に解体を済ませてから、その後運輸支局にて名義の抹消手続きを行う方法です。

解体業者に車を引き渡し、解体報告を受けてから15日以内に手続きを済ませなければなりません。そのため、手続きに必要な書類は、事前に用意しておく必要があります。

一時抹消登録

将来的に使う予定があったり、名義抹消後に譲渡や売却する予定があったりするなら、一時抹消登録を行います。これは車の解体はせずに、名義だけを抹消する廃車方法です。手続き後も車体は残るので、再登録して使用を再開することも可能です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

一時抹消登録は、事前の解体が不要なので、必要書類を揃えた時点で運輸支局に行き、窓口で申請すると廃車は完了します。

軽自動車の廃車手続きについて

廃車手続きは、普通自動車と軽自動車で若干異なるので注意しなければなりません。共通する部分もありますが、全く異なる部分もあります。よって、軽自動車ならではの特徴をチェックしながら、廃車手続きについてさらに理解を深めましょう。

軽自動車は普通自動車と異なるので注意

軽自動車も、廃車の種類は大きく2つに分けられますが、名称が違うので注意が必要です。廃車手続きは永久抹消登録に該当する「解体返納」と、一時抹消登録に該当する「自動車検査証返納届」に分けられます。

ただし、手続きの名前が違うだけで、基本的なやり方は同じです。解体返納は事前の解体が必要で、自動車検査証返納届は、書類の提出のみで廃車が完了します。

手続きはすべて軽自動車検査協会で行う

軽自動車の廃車は、軽自動車検査協会で行います。普通自動車の場合は運輸支局なので、手続きの場所を間違えないように注意しましょう。それぞれ場所を間違えてしまうと、必要書類が揃っていても、廃車の申請は受け付けてもらえません。

運輸支局、軽自動車検査協会ともに、平日の日中しか空いておらず、後日時間を取り直すことも面倒なので注意が必要です。

廃車手続きは廃車買取業者に依頼すると便利

廃車の際には事前に車を解体したり、必要書類を揃えて申請手続きを行ったりと、面倒なことが多いです。廃車をよりスムーズに済ませたいなら、廃車買取業者に代行依頼を出すのがおすすめです。業者を利用すると、高く付くイメージがありますが、利用先次第では自分でやるよりお得に処分できる場合もあります。

書類手続きから車両の解体までを無料で代行してもらえる

通常、廃車手続きの代行には、手数料を請求されることが多いのですが、廃車買取業者の場合は無料が多いです。無料で、手間をかけずに手続きが完了することは大きなメリットで、それだけでも利用する価値は高いでしょう。

加えて、解体処分も無料で引き受けてくれることも多く、処分に関する費用はほとんどかかりません。他の業者に依頼して解体してもらう場合は、数万円程度の解体費用を請求されることが多いです。本来かかるはずの費用をかけずに手放せるので、業者を利用したほうがお得になりやすいです。

買取業者はカーネクストがおすすめ

廃車買取に出すなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストなら、車両の引き取りから廃車手続きの代行まで、各種費用が無料なことに加え、好条件での買取も実現できます。費用がかからないだけではなく、査定額に応じて買い取ってもらうことで、金銭的なメリットはさらに大きくなるでしょう。

カーネクストは、0円以上での買取保証を実施していて、どのような状態の車でも価値を見出し、買い取ってくれます。古い車から過走行車、故障車まで対応しているので、長く放置していた不要な車も、査定に出してみるとよいでしょう。

参考:カーネクスト

車が不要になったら廃車の手続きを行う

不要になった車は、持っているだけでもコストがかかり、デメリットになります。余計な負担を増やさないためには、廃車手続きを行い、ひとまず名義だけでも抹消することが大切です。

車が必要なシーンは限られていて、不要になるケースは増えています。今の環境で車は本当に必要なのかを考え、不要と判断したら素早く廃車して、賢く処分しましょう。

0円以上買取保証