トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車検は2年に1度(新車は3年)受けなければいけませんが、何らかの理由で車検切れになってしまう場合があります。大抵の場合は、以前車検をした業者などから「車検のご案内」といったようなDMが届き、忘れることはありませんが、全く乗っていない車や故障したまま放置した車などは、「どうせ乗らないから」などと車検の必要がないと思っている人が多いようです。車検切れになったために乗れなくなった車の税金はどうなるのでしょうか。

車検について

そもそも車検はどのような内容なのでしょうか。いつも車を利用している人にとっては当然のことばかりかもしれませんが、車検について改めてご説明します。

車検の内容

車検を行う場所やかかる費用について説明します。

車検を行う場所

車検は2年に1度(新車の場合の初回は3年目)、車のディーラーや所定の業者、整備工場などで受けられるほか、運輸支局にある検査場で係員の指導の下に自分で検査します。車の所有者に対して国が定めた検査項目に合格した車だけが更新手続きを取ります。車検を行う所はすべて同じ検査内容です。

車検といえば「高い」、「時間がかかる」などのようにあまりよいイメージがありませんでした。最近では、検査が1時間以内で済む所や運転者立会で行う所など、いろいろな所が増えました。

車検代金

車検代金は場所により費用に違いがあります。ディーラーやカー用品店、整備工場では手続き手数料や自賠責保険の他に車検料がかかります。また、運輸支局の車検場で行う場合は、自分で検査を行うため車検料はかかりません。国に支払う手数料や自賠責保険料のみが必要です。

車検と一緒にメンテナンス

2年に1回行う車検ですが、多くの人はこの機会を利用してオイル交換や部品交換などを行っています。特に、普段はあまりメンテナンスをしない人にとっては車検の時期に合わせて、メンテナンスもするドライバーが多いようです。

車検にはメンテナンスは含まれていませんが、カー用品店やディーラーでは車検のついでに洗車やワックスがけ、車内清掃、時期によってはタイヤ交換などといったメンテナンスもしてくれます。

大抵は別料金ですが、カー用品店などは車検のオプションプランになっている所や車検料金に組み込まれている所などもあるようです。

車検切れになるとどうなる?

うっかり忘れていた、また何らかの理由で乗らなくなったとしても、車検は絶対に受けなければいけません。大事なことは分かっていても、つい忘れてしまっていつの間にか車検切れになってしまった場合、どうなるのでしょうか。

その車には乗れない

車検切れの車で公道は「運転出来ません」。「道路運送車両法違反」が適用されます。ただし、自宅敷地内や駐車場、私道などでは運転しても構いません。ただし駐車場内や私道でも悪質な場合、罰金や免許停止などが科せられます。

また、公道に駐停車させていても違反になります。ちなみに違反すると、最高で「減点6点、30日間の免許停止、6カ月以下の懲役あるいは30万円以下の罰金」です。

車検切れの車に乗りたいなら

車検切れのままでは公道を走るだけではなく、駐停車もできません。しかし、このまま一生車に乗れなくなるわけではありません。仮ナンバーを取り寄せることで乗ることが出来ます

初めからついているナンバーの上に仮ナンバープレートを付けます。このナンバーが適用するのは自宅から車検場への区間だけと限られています。要するに、仮ナンバーは車を車検に出すための許可証と考えてください。つまり、仮ナンバーをつけて、そのまま速やかに車検を受けてください。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

仮ナンバーは近くの市役所などで申請することが出来ます。ただし、仮ナンバーの申請は自賠責保険に加入していることが前提です。

通常、自賠責保険は車検日より1カ月長く加入していますので、車検が切れてすぐに気づいた場合は、何の問題もなく仮ナンバーが申請できます。しかし、車検が切れて1カ月以上経っていると自賠責保険も切れている場合が多いため、改めて保険に加入してからでないと仮ナンバーは申請できません。

車検切れになったら税金はどうする?

車検切れの車は「廃車」も同然だから、と考える方が多いようです。もう乗らないから車検にも出していない車や、故障して乗ることもできずそのままに放置されている車なども時々見かけます。このような車の税金はどうなっているのでしょうか。乗らなければ払わなくていいものなのでしょうか。

自動車税の支払い

車に関する税金といえば自動車税のことを指します。自動車税は車のサイズにより税額が決まっています。車を購入したと同時に名義人が登録されます。この名義人が自動車税を支払うことになります。毎年春に名義人あてに納税通知書が送付されます。

原則として年1回の納税です。自動車税は、車を所有していることに対して課せられるもので、その車に乗っているかいないかは関係ありません。ほとんど乗っていなくても、日常的に乗っていても自動車税額は同じです。つまり、車検が切れてしまって乗れなくなったからと言っても、自動車税額は変わりませんし、車を所有している限り支払わなければいけません

全く乗らない車の税金を支払わなければいけないのは、納得がいかないかもしれません。決して安くはない自動車税です。しかし名義人自らが廃車届をしない限り、毎年春に納税通知書は送られてきます。

送られてくるからには、支払わなければいけません。たとえ故障して乗れない車でも、また何らかの理由で運転できなくても、車を所有している限り支払う義務があります。自動車税は名義人に対して課せられる税金ですので、車1台ごとに課税されています。支払わなくてすむ方法は、すぐにでも「手放す」ことです。

買取実績が豊富なカーネクスト

車を所有している限り、税金を支払う義務があるため、車検をとっても動かなかったり、今後も乗るつもりがない車の場合は、買取専門の業者に買取をしてもらうのがよいでしょう。買取専門の業者は車種の知識や相場の知識が豊富ですので、的確な査定額で買い取ってもらえます。廃車後の面倒な手続きもすべて受け付ける業者もあります。

一括査定サイト「カーネクスト」では、買取から諸々の手続きまでをすべて代行します。手続きに関する費用も無料です。ネットから申し込みが簡単にできる便利なサービスです。

参考:カーネクスト

乗らない車検切れの車は買い取ってもらおう

全く乗らない車の税金を支払わなければいけないのは、納得がいかないかもしれません。決して安くはない自動車税です。しかし名義人自らが廃車届をしない限り、毎年春に納税通知書は送られてきます。送られてくるからには、支払わなければいけません。

たとえ故障して乗れない車でも、また何らかの理由で運転できなくても、車を所有している限り税金を支払う義務があります。無駄な出費を抑えるためにも、買取業者を上手に利用して乗らない車は買取ってもらいましょう。

0円以上買取保証