車を廃車する機会は、あまり多くはありません。廃車をする方法や、廃車手続きを行う場所は地域によって異なりますが、それをご存知ないという方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、湯沢市で車を廃車する時の方法や、廃車手続きを行うところ、廃車する時にどちらの業者へ依頼すると煩わしい手間や労力を掛けずに行うことが出来るのかなどを詳しくご紹介します。湯沢市で廃車する予定があるという方はぜひ参考にしてみてください

トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

湯沢市での廃車業者の賢い選び方

湯沢市で車が必要なくなったり、買い替えたりする際に、現在乗っている車を廃車にしようと検討している人もいるでしょう。湯沢市で廃車を依頼できる業者は数多くありますが、損をしないように吟味して業者を選ぶことが大切です。

湯沢市の人はどこに廃車を依頼しているのか

車を廃車にする際に、たいていの人はその車を購入したところで依頼するでしょう。新車で購入した車ならディーラーに依頼し、中古で購入した車なら中古車販売店に依頼する人が多いです。
また、買い替えをするために現在乗っている車を廃車にするのであれば、新しい車の購入先で依頼するケースもあります。いずれの場合もディーラーか中古車販売店に依頼する人が大半です。
しかし、廃車手続きの依頼先としてディーラーや中古車販売店を選ぶのは、決して賢い選択肢とはいえません。ディーラーに廃車手続きを依頼すると、2,3万円程度はかかってしまいます。故障や車検切れなどで動かせない車の場合には、7,8万円程度かかることも多いです。
中古車販売店の場合には、ディーラーよりは安く済む傾向にありますが、やはりお金がかかります。
廃車でできるだけお金をかけたくない人は、ディーラーや中古車販売店ではなく、他の業者に依頼することも1つの方法です。例えば、行政書士事務所などで廃車手続きを受け付けています。行政書士事務所なら、比較的安い費用で済むため、ディーラーに依頼するよりは賢い選択肢かもしれません。

廃車手続きを依頼するのではなく廃車買取を依頼しよう

中古車としての売却が難しい車を手放す際には、廃車手続きをするしかないと思ってはいないでしょうか。
実は、廃車予定の車は中古車とは別に売却可能です。廃車買取を専門に行なっている業者がいくつかあるため、そのような業者に買取を依頼しましょう
廃車買取業者に買い取ってもらった場合には、お金を使って廃車手続きをしなくて済みます。そういったことから廃車費用を節約したい人にとって、廃車買取業者に買取を依頼する方法がもっとも賢い選択肢です。
もちろん廃車買取であるため、古くてもボロボロになっていても全く問題ありません。不動車や故障車などでも買取対象です。ほとんどの廃車買取業者は、無料での引き取りに対応しています。その場合には、利用者側は一切お金がかかりません。
そして、廃車買取業者によっては、0円以上の買取を保証と明言しているところもあります。つまり、車の状態がいくら悪くても、断られることがないということです。逆に状態が良ければ、数万円程度の買取額になることもあります。
さらに、大半の廃車買取業者は、廃車手続きまで代行してくれるのが嬉しいところです。申込みをして車を引き渡したら、あとはもう何もしなくて済みます。
買取後は解体してパーツが再利用される仕組みです。状態が良い車なら、海外へ輸出されて使われる場合もあります。ただゴミになるのではなく、有効に再利用されるため、地球環境にも優しいのです。
廃車買取業者も探してみると意外と多くありますが、その中でもおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

湯沢市のおすすめ廃車買取業者は?

廃車買取のカーネクスト

廃車買取を専門に行っているカーネクストは湯沢市内だけでなく全国対応の廃車買取業者です。『廃車引き取り費用無料』、『廃車手続き代行費用無料』、『廃車解体の費用は自社で負担』しているため、廃車の費用が一切かかりません。このため、お客様には廃車買取で買取がついた金額をそのままお支払いすることが出来ており、お得に廃車することが出来ています。

秋田県について

秋田県は地域で、北陸地方と分類されています。北の方は青森県と東の方では岩手県と隣接しています。西は日本海、南の方は山形県、宮城県に隣接しているといった位置関係です。また秋田県は山間部が多く奥羽山脈(八幡平、秋田駒ヶ岳、栗駒山)などを有し、自然公園も多く、国立公園は十和田八幡平国立公園や国定公園では男鹿国定公園などがあり自然が豊富です。
また、県内は90%の地域が特別豪雪地帯として指定されていて、雪の多く積もる県です。冬の日照時間は日本一少ないといわれています
秋田県は米どころでも有名で、生産量は全国3位、天然秋田杉は日本三大美林の一つで樹齢200年を超え、生産量は全国4位です。日本酒の生産も全国では第6位です。
またスマートフォンなどの通信機器に必要な固定コンデンサの出荷額は全国で1位です。
秋田県は積雪地帯なのでスキー場も多く、また「乳頭温泉郷」を筆頭に温泉がたくさんあることから、今後も観光地として期待されています。
食ではきりたんぽ、秋田由利牛などの黒毛和牛も知られています。漁業では、ハタハタ漁が盛んです。
かまくらや、なまはげは有名で、祭りも多く「花輪祭の屋台行事」、「土崎神明社祭の曳山行事」、「角館祭りのやま行事」の3行事がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

空路は秋田空港や大館能代空港が整備されています。
陸路は鉄道ではJR東日本、秋田新幹線、など乗り入れています。私鉄では秋田内陸縦貫鉄道、由利高原鉄道、秋田臨海鉄道などが運行しています。
新潟県は東北自動車道や秋田自動車道などの高速道路や国道7号、県道があります。
また、路線バスでは羽後交通、秋北バス、秋田中央交通などが通っています。

公共交通機関が少ない秋田県

秋田県の中で、県庁所在地が置かれている秋田市は中核市で、秋田県の沿岸中部に位置しており、人口は約30万人です。秋田市は、久保田藩時代から城下町として栄えてきました。
秋田市は一極集中型の首位都市です。県内で主な活動を行っている企業の本社が集中しています。地域の行政、経済、産業が集まっています。
秋田県では若年人口と生産年齢人口が減少する一方で高齢人口は増えていています。そのため県内では高齢者が交通事故に合う割合が多く、県では様々な対策を実地しています。過疎化が進み、公共交通機関が充実しているとはいえないため、マイカーに頼らざるえないのが現状のようです

秋田県に住むなら車はあった方がいい?

秋田県の自家用車保有台数は約59万台です。1世帯あたりの台数は約1.39台と他の都道府県とくらべても比較的高く、1世帯で2台の車を所有している世帯も多いようです。
秋田県における県民の移動の手段は、車が多いでしょう。秋田県内ではビルや住宅が密集している土地の少ない東京都内や大阪市内などの都市部とは違い、郊外に住宅があるため、土地に余裕があり、自宅の敷地も広く取ることができるようです。
自宅の敷地内に駐車スペースを2台分確保することができ1世帯に2台の車を所有している県民も多いようです。
また、東京都内や大阪市内などの都市部のような、数分おきに電車やバスが駅、バス停に留まるほど公共交通機関が充実していません。
また、スーパーなども郊外にあることが多く、そのため車がなければ不便と感じる場合が多いでしょう。

どんな車でも0円以上買取保証!

湯沢市で廃車手続きを行う場合のご案内

湯沢市での廃車手続きには、様々な方法があります。また、一人で行うにも時間や労力が必要となり、大変です。お得にスムーズに廃車するためにも事前に確認しておきましょう。
湯沢市での廃車手続きの流れは以下の順番になります。

  • 廃車に必要な書類の準備
  • 廃車の車の解体 ナンバープレートを外す
  • 書類とナンバープレートを持参し廃車手続きを運輸支局で行う

まず廃車手続きに必要な書類(5つ)を準備します。書類は以下のとおりです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明証

上記の書類の準備が完了すると、次は解体業車に連絡して廃車の解体をお願いします。その後、ナンバープレートと書類を持参してを管轄するの運輸支局で申請を行なって下さい。
また、ここで廃車手続きの際に気を付けてほしい点が普通自動車と軽自動車で必要な書類などが異なるということです。※他にも、車の登録情報(自動車検査証所有者)によって廃車手続き内容は異なりますのでご確認ください。

湯沢市で廃車する方法は3つ

廃車にするとは「自動車登録ファイル」を消去して日本国内の公道を走れなくすることです。自動車の廃車手続きを行うことは、自動車税を払わなくていい!というメリットが発生します。
また、廃車手続きを申請し、申請してから遡って払い過ぎた自動車税は還付されるので、この知識があるかないかでは大きく差が出ます。
それでは本題ので廃車手続きする方法は3種類です。

  • 永久抹消登録
  • 一時抹消登録
  • 解体届出

上記はそれぞれで役割が異なるので、内容についてご紹介します。

<永久抹消登録>

永久抹消登録を行うと、車は二度と使用できません。そのため、解体を大前提とした手続きになります。
例えば、事故車、台風や地震などの自然災害で水没してしまい自走できなくなった車、また修復不能な車や、経年劣化した車など、処分が必要な際に行います。
永久抹消登録の申請には、印鑑証明書などの書類を持参してを管轄している運輸支局で手続きを行ってください。

<一時抹消登録>

一時的に車を使用しなくなるが、今後また使用する可能性がある場合にこの手続きを用います。一時抹消登録を手続きすると一時的に廃車の状態となり、日本の公道を走ることはできません。その代わり、一時抹消登録されている期間は自動車税は必要ありません。
再び、自動車を使うことになった場合は申請を行うことで一時抹消登録を解除できます。
また、やはり解体したいとわかった場合は、一時抹消登録から永久抹消登録に変更することが可能です。この場合は「解体届出」を提出することで申請ができます。
※一時抹消登録を申し込む際は、印鑑証明書などの書類を持参して、を管轄している運輸支局で手続きしてください。

<解体届出>

永久抹消登録を行うと、車は二度と使用できません。そのため、解体を大前提とした手続きになります。
例えば、事故車、台風や地震などの自然災害で水没してしまい自走できなくなった車、また修復不能な車や、経年劣化した車など、処分が必要な際に行います。
永久抹消登録の申請には、印鑑証明書などの書類を持参してを管轄している運輸支局で手続きを行ってください。

上記のとおり、一時抹消登録を永久抹消登録に変更する際には解体届出が必要です。車の解体の完了と同時に手続きを行います。注意点として、申請を行う際は車の解体が完了してから15日以内に行う必要があります。
解体届出には以下の書類5つが必要になります。

  • 所有者の委任状(所有者の押印があるもの)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 登録識別情報等通知書あるいは一時抹消登録証明書
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書および解体届出書

上記を持参してを管轄する運輸支局で申請してください。

湯沢市でお得で簡単に廃車手続きを済ませる方法

「業者に頼んだら無駄なマージンとられかねない…」「自分で廃車を行った方がいい!」「廃車手続きが初めてで不安…」と思っていらしゃる方も多いのでは?
実は安心・簡単でお得な方法があるんです。下記に記載したので是非ご覧ください。

自分で廃車手続きをすると…

廃車手続きを自分一人で行うとなると、(一時抹消登録の場合はまだ良いですが…)永久抹消登録の場合はそれなりの費用や手間がかかってきてしまいます。
廃車手続きは、たくさん書類も必要。ナンバープレートも処理しないといけない。運輸局に行ったら、待たされて時間をロスして心身共に疲れたなんて考えたくもないですよね。
特に、所有者が本人以外の車屋やディーラー、ローン会社の場合のほか、故人であるご家族様などの場合はもっと大変!!用意する必要書類も増えるため、さらに手間がかかります。
廃車というのは、何回もするものということもないでしょうから、慣れてない方が多いのですよね。無駄なストレスを感じるより、ストレスのかからない自分で行う以外の廃車手続き方法もありますので、ご自身に合った廃車手続き方法を検討されてはいかがでしょうか?

実はディーラって廃車にはお金がかかる?

ディーラーなら車扱ってるし、まだ親近感あるし、廃車してくれるのでは?と思ってディーラーを廃車に利用される方がいらっしゃいます。
でも、ちょっと待ってください!ディーラーは売り買い専門で「廃車専門」ではありません!!ですから、廃車処理する販路ルートを確保していないので、ディーラーにとってメリットがないのです。そのためレッカー代や手続き代行費用など無駄な手間賃がかかってしまします。
お金がかかってもいいから、時間削減ですぐに廃車したい方にはお勧めですが時間も削減したいがお金をかけたくない方にはディーラーはお勧めしません。

やっぱり廃車買取業者へが簡単でお得!

お得な廃車手続き方法としておすすめしたいのが、廃車買取業者へ依頼をするということです。
廃車買取業者では、車の所有者が廃車手続きに必要な車検証等の書類を揃えるだけで、廃車の引取から解体、廃車手続きの代行まで、廃車に関するすべてを行ってくれます。しかも、「廃車の専門家」なので確実に無料でしてくれます。
あわよくば、高価買取してくれるかもしれません。
廃車買取業者であれば、廃車をするのが初心者や廃車に関する不安や疑問がある方などでも、安心して相談することができてあんしんですよね?是非、廃車をお考えの方は、「廃車専門」の買取業者へのご相談をおすすめいたします!

 

湯沢市で普通自動車の廃車手続きを行う運輸支局

湯沢市で普通自動車の廃車手続きを行うには、管轄の運輸支局で行う必要があります。
秋田市泉字登木にある秋田運輸支局で新車登録した車に付けられます。秋田運輸支局は東北信越運輸局と呼ばれることもありますが、正式名称は秋田運輸支局の方で、どちらも同じ行政機関です。
車を廃車にするときには、秋田ナンバーは秋田運輸支局で手続きを行いましょう。

東北運輸局 秋田運輸支局 

  • 場所:〒010-0816 秋田県秋田市泉字登木74番地の3
  • 電話番号:050-5540-2012
  • ナンバープレート:秋田ナンバー
  • 管轄区域:秋田県全域

 

湯沢市で軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会

湯沢市で軽自動車の廃車手続きを行うには、管轄の軽自動車検査協会で行う必要があります。
湯沢市で秋田ナンバーの軽自動車の廃車手続きを行う軽自動車検査協会は、秋田事務所です。

車を廃車にするときには、秋田ナンバーは秋田運輸支局で手続きを行いましょう。

 軽自動車検査協会 秋田事務所 

  • 場所:〒011-0901 秋田県秋田市寺内字三千刈463番地3
  • 電話番号:050-3816-1834
  • ナンバープレート:秋田ナンバー
  • 管轄区域:秋田県全域

事故車、故障車など車でも廃車買取OK!

湯沢市で廃車するのに必要な費用

湯沢市で廃車手続きに必要な費用は以下のとおりです。ちなみに廃車費用は管轄外ナンバー、管轄内ナンバー共に費用は変わりません。

廃車に必要な費用の内訳

廃車手続き書類の準備費用
印鑑登録証明書などの書類の取得手数料
約500円~約1,000円
廃車の運搬費用

廃車を解体施設まで運ぶレッカー費用
約5,000円~約15,000円
※持ち込みの場合無料

廃車の解体費用
廃車の解体を行う専門の業者へ解体を依頼費用
約8,000円~約10,000円

廃車手続き登録費用
廃車手続きの登録を運輸支局で行う時の費用
約350円~

で廃車する時に必要な費用平均は、約20,000円~約30,000円となります。

湯沢市の廃車手続きまとめ

湯沢市で愛車を廃車する際の手続き方法や流れ、申請場所、費用の目安などをご紹介しました。いかがでしたか?
そもそも廃車手続き自体は自分で行うことも可能です。しかし、たくさんの面倒な手続きや処理が多いのが現実です。時間もかかってしまいます。そこで、廃車専門の代行会社や解体業車に依頼することが時間も手間も省ける一番の方法です。
湯沢市には0円で廃車手続きを行える業者が数多くあります。業者にはそれぞれ特徴がありますので、ご自身にマッチした業者を選びましょう。

秋田県内の廃車手続きの情報一覧

秋田県で廃車手続きのための必要な情報や、廃車に関わる気になる情報などをまとめてご紹介しています。
廃車手続きを今後行う予定がある、廃車は必要か悩んでいるなど、様々な廃車にまつわるお悩みを持つ方へ向けてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

秋田市 大仙市 潟上市 鹿角市 北秋田市 にかほ市 能代市 大館市 男鹿市 仙北市 横手市 由利本荘市 湯沢市