トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車の購入は、人生でそうそう頻繁にあるものではない大きな買い物です。現在所有している愛車を買い替える決心をしたとはいえ、後から後悔するような手放し方はしたくはありません。愛車をできるだけ高く買い取ってもらい、その資金を有効に使いたいものです。

車の買い替えは、時期とタイミングが非常に重要となります。これから、今の車がより高く評価されるベストなタイミングをいくつか紹介します。各個人のライフプランや経済状況なども考慮しながら、この記事を参考にし少しでもお得に車を買い替えましょう。

車を買い替える際に基準となるタイミング

それでは、車を買い替えるときの基準となる5つのタイミングを紹介していきます。

「車検」のタイミング

新車を購入した場合、登録日から3年後に車検を行ない、その後は2年毎に行ないます。そのため、車検が訪れる際に愛車を買い替えることを考える人が多く、新車を購入してから3年後、5年後、7年後のタイミングで検討する場合が多数みられます。

また買い替えを車検の前にするか、車検を受けた直後にするかで悩んでいる人もたくさんいるでしょう。車検代が気になるところですが、車検直後の車は買い取り価格が高くなり買い替えのチャンスになることがあります。その際、車検における法定費用以外の整備費が安くつく車検業者を見つけることがポイントです。

車の価値や寿命に影響する「走行距離」や「年式」

車は機械製品であるため、走行距離が多くなればなるほど部品が消耗して劣化します。当然、車の性能は低下し、下取りや買い取りの査定に影響してきます。また1年間の適切な走行距離は8,000~1万キロといわれているため、一般的にはおよそ1万キロの走行距離に対し1年落ちになることになります。

これらのことをふまえた車の価値には、5年落ちまたは走行距離5万キロと、10年落ちまたは走行距離10万キロという2つの節目があります。

基本的に5万キロを超えると査定でのマイナスが大きくなり、4万キロ台の車とでは買い取り価格が大きく変わることもよくあります。また多くの国産車においては、10万キロを超えるとほとんど価値がつかないといわれています。

「新型モデルの発売」や「モデルチェンジ」

購入を考えているメーカーの車種が、新型モデルの発売やモデルチェンジをするときもおすすめのタイミングです。新しくなるたびに性能や装備などが進化していくのは当然のこと、燃費もよくなり満足感を感じながらのカーライフを過ごせるでしょう。一般的には新型の発売から半年後くらいが、納期と商品力が安定してくるといわれています。

車のモデルチェンジには、細かい修正のマイナーチェンジ(約2年で実施)と、全面改良のフルモデルチェンジ(約4~6年で実施)があります。

いずれのモデルチェンジ時も、その後は現車の買い取り価格が下がります。よってモデルチェンジ前に現車を売却した方が、高価格で買い取りをしてもらいやすくなります。メーカーが新型モデルの発売を公式発表する前に察知し、絶好のタイミングでの売却と購入を実現してください。

税金が高くなるタイミング

車に関わる税金は、車を所有していることにかかる自動車税(年に一度)と、車検時にかかる重量税(2年に一度)です。これらの税金は、新車登録から「13年以上と18年以上経過」という2つのタイミングで高くなります。

車の性能のことを考えると、買い替えを検討しなければいけない時期であるともいえます。なお車にかかる税金は基本的に、車の年式が古くなると高くなっていく制度になっています。

ちなみに、買い替える時期は3月末を避けた方がよいでしょう。なぜなら以前の車の自動車税の納付書と、新たに購入した車の納付書の両方が届いてしまう可能性があるからです。

毎年5月末までに支払う義務がある自動車税は4月1日時点での所有者に送付されます。よって3月中に済ませた売却と購入の手続き完了が、4月1日を過ぎてしまう場合があります。もし3月中に買い替えを検討している人は、購入前にディーラーや販売店に確認しておく必要があります。

ライフスタイルの変化

現代社会において、車と人とのかかわりは非常に密接なものです。そして年齢や家族構成などにより、その時に自分に最適な車は変化していきます。よってライフスタイルの変化は、買い替えのタイミングになるといえるでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

子どもが生まれたり、巣立って行ったりなどの生活環境の変化は、おおよその予想ができます。ゆえに家族でファイナンシャルプランを立て、それをもとに車を買い替えていくことをおすすめします。計画的に考え、数年後に損をしてしまうことのないようにしていきましょう。

高いリセールバリューが期待できるタイミング

車の買い替えにあたり、高価格での売却が期待できるタイミングを紹介していきます。いずれにせよ、早い段階で車の売却を考えた方がよいでしょう。

初回車検前での買い替え

新車登録をしてから3年で初回の車検を受けずに買い替えると、購入価格のおよそ7~8割という高い売却価格を打ち出すことができます。なぜなら新車登録から3年の車は当然、故障のリスクとタイヤやバッテリーなどの消耗品代が一番少ない状態だからです。

また故障のリスクに関しては、メーカーの保証(3年または5年)によりそのほとんどを補えるので、自己負担なくきちんと整備をしてからの査定が可能です。マイナス面が限りなく少ない車を乗り継いでいくことにより、新車購入の際の負担が軽くなり、最先端モデルの車に乗り続けやすくなるでしょう。

無理のないスパンで2回目の車検で買い替え

メーカー保証期間をフルに利用して常に整備を整えている中、2回目の車検で5年5万キロ程度なら、十分な価値が期待できます。ゆえに、無理のない買い替えをすることができます。また、5年というスパンは国産車のフルモデルチェンジのタイミングと合っているため、情報をチェックして早めに売却をした方がお得になります。

車検を通すか買い替えかを迷っている場合

車検を通すか買い替えをするかで悩んでいる場合は、まずは現車の状態をしっかりと分析することが必要です。

年式や燃費から検討する

年式が古く燃費が悪い場合は、買い替えを検討した方がよいでしょう。年式が古いとそれだけ修理代がかさみ、車検時にかかる金額も増えていく一方です。ガソリン代のことも合わせての年間維持費が高くなるため、長い目で見ると燃費のよい車に買い替える方がお得であるといえます。

買い替えた車は年間の維持費が安くあがり、整備代が下がるため車検代を下げることができます。今の車に乗り続ける場合、また車を買い替える場合のシュミレーションをぜひおこなってみてください。何年先に元を取れるかを把握した上で、これからのカーライフがより豊かになるような決断をしましょう。

買い替えの場合に重要になる買取業者選び

買い替えの際には、サービス内容が充実したカーネクストを利用することをおすすめします。カーネクストの魅力は、事故車や廃車をはじめ故障車、水没車、不動車といった車でも0円以上の買い取りを保証している点です。

また自宅まで来てくれる車のレッカー引き取りや、廃車手続きの代行手数料が無料です。そのうえ最寄りの提携店舗へ持ち込みをすることも可能で、その際にはQuoカード3,000円分がプレゼントされます。

カーネクストは、実店舗がなくコールセンターとWEBのみの廃車買い取り仲介業者です。店舗運営費が無い分がユーザーに還元されており、それが良心的なサービス内容に現れています。また全国有数の大規模なネットワークを持っているため、安心して利用いただけます。

また海外販売ルートに強みを持つカーネクストは、海外での需要に着目しています。そのため国内では需要がないような車種でも、高額での買い取りができます。他社より20万円も高く売れることもあるようです。他社にて処分費用を請求された車でも、一度相談してみることをおすすめします。

参考:カーネクスト

ベストなタイミングで車を買い替えよう

いろいろな側面から考えたタイミングを紹介してきましたが、誰しもに当てはまる絶好のタイミングという正解があるわけではありません。

買い替えという大きな決断をする前によく考え、最適なタイミングを自分で見つけ出してください。そうすれば必ず、これからのカーライフがより充実したものになるはずです。

0円以上買取保証