トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は長く使っていると劣化も進み、激しく消耗することも多いでしょう。完全に故障はしていないものの、運転中に不具合を抱えてストレスになるということも多いので、早めに手放す、処分するのもひとつの方法です。

車を処分する際には、買取がおすすめで、特に廃車買取に出すとスムーズに手続きが進められるでしょう。車は車体を処分するだけではなく、名義の抹消も必要であり、これには廃車手続きが必要です。廃車手続きは自分でもできますが、面倒なことも多いので、業者に代行してもらうほうが楽でしょう。

廃車買取業者は、買取と廃車手続きを一緒にやってくれる業者なので、積極的に利用すると、スムーズに愛車を手放せます。

廃車にするよりも買取に出そう

車の名義を処分する手続きを廃車手続きといい、車は解体して廃車するしか処分方法がないとイメージする人も多いでしょう。確かに解体を伴う廃車手続きは、愛車を処分する方法のひとつですが、やり方はそれだけではありません。

解体して処分しなくても、買取に出すことは可能であり、こちらのほうがお得になることも多いです。処分方法で迷っているなら、まずは買取に出すことを考え、少しでもお得に愛車を手放しましょう。

買取で解体費用がむしろプラスに

買取による処分がおすすめなのは、費用面での意味合いが強く、解体費用がプラスになる点にあります。そもそも車を解体するには手間がかかり、業者に依頼すると高い費用を請求されることも少なくありません。買取の場合は、自分で費用を捻出して解体する必要はなく、後の処分は全て業者が行ってくれます。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

仮に買取後に解体処分することになっても、手間も費用も全て業者が担うので自己負担はありません。加えて、買取金額に応じてお金ももらえるので、費用を支払ってマイナスになるどころかプラスになる場合も多く、金額的な差はかなり大きくなるでしょう。

廃車をすると5〜6万円かかることもある

解体、廃車を依頼して処分する場合、業者によって費用は違いますが、5~6万円程度かかることも少なくありません。これは不要な車両を引き取り、処分するための人件費に1万円程度、レッカー引き取りに1~2万円程度、解体に3~4万円程度かかるからです。

業者への依頼方法次第で、レッカー代は削減できる場合もありますが、それでもトータル3万円程度はかかることが多いでしょう。いかに費用を削減できても、少なからずコストがかかるのは確かです。これらは避けられる出費なので、無理に支払ってまで処分してもらうのは、かなり損といえます。

廃車買取業者に頼むと中間マージンがない

買取処分でも特におすすめなのが廃車買取業者で、これは車を解体処分する場合に中間マージンが発生しないからです。通常業者に廃車を依頼する場合、自社工場を持っていないディーラーや中古車販売店だと、車の処分をさらに他社に依頼します。

この時業者は手数料として儲けを得ており、買取による対応の場合は、この手数料分、買取金額が減額になると考えましょう。廃車買取業者は、自社で車を引き取り、そのまま自社で処分できるので、余計な手数料は発生しません。

つまり、浮いた手数料分が査定額に還元できるということであり、他の業者よりも買取時に高額査定が期待しやすいでしょう。

手続きは買取業者が全部やってくれる

買取によって処分した場合は、車の引き取り、処分だけではなく、名義を抹消する廃車手続きまで、全てやってくれることが多いです。廃車手続きはある程度知識がないと面倒であり、自分でやる場合は平日の日中に時間を取らなければなりません。

そもそも仕事の都合で平日に時間が取れない人は、自分でやるのは難しく、業者に頼ざるを得ないでしょう。業者に依頼すると、廃車手続きの代行手数料を請求されることもありますが、業者によっては無料サービスとしているところもあります。

売却先の選び方次第で、費用をかけず、スムーズに処分できるので、できるだけ買取を選択したほうがよいでしょう。

車のローンが残っている場合にお得に手放せる

ローンがまだ残っている車は、廃車や買取で処分する場合、所有権者から許可を得なければなりません。所有権者はローンを組んでいる先で、ディーラーやローン会社で契約している場合が多いでしょう。

廃車買取の場合、業者にもよりますが、ローンの組み替えにも対応してくれることもあり、残債があってもスムーズに手放すことができます。ローンが縛りとなって、なかなか手放せないという人も多いかもしれませんが、業者の選び方次第ではこの問題も簡単に解決できます。

どんなに価値のなさそうな車でも買取してくれる

古い車や長く走ってボロボロの車は、価値がなくて買取に出せないと思う人も多いでしょう。確かに状態が悪いと売却はしづらく、条件も下がりますが、買取りができないわけではありません。どのような状態でも買い取ってくれる業者は存在し、特に廃車買取業者は、状態の悪い車にも強いです。

廃車処分しかないと思っていた車に、思わぬ値が付いて得をするということもあるので、諦めずに買取査定に出すことが大切です。

廃車の買取の手順

廃車買取をスムーズに行うには、手順を把握しておくことが大切です。どのような流れで進めるのかを知っておけば、次にやるべきことを判断して、滞りなく手続きを完了させられるでしょう。

査定依頼をする

車を買い取ってもらうにはまずは査定に出す必要があり、これは廃車買取でも同じです。査定は業者に持ち込んで行うだけではなく、ネットで簡単査定ができる場合も多いです。気になる業者を見つけたなら、ホームページを確認して、簡単査定が受けられないかチェックしてみましょう。

業者ごとに必要な情報は違いますが、年式や走行距離、車種、グレードなどの基本的な情報を入力すると、簡易的な査定を行ってくれます。ホームページがない場合は、電話で対応してくれることもあるので、聞いてみるとよいでしょう。

これらはあくまで簡易的なもので、この結果をもとに本格的な査定依頼を出します。簡易査定はあくまで目安で、実際に車を見て行う査定の金額とは、大幅に異なることも多いです。査定依頼を出した後は、業者から連絡がくるのを待ちます。

査定額の案内がある

業者に査定を依頼し、車を見てもらった後には詳細な査定額が案内されます。査定は数十分から長くても1時間程度で終わるので、その場で待って金額を聞くことも可能です。時間がない場合は業者に車を預けて、後日金額のみ案内してもらうという方法もあります。

業者によって対応は違うため、都合のよい方法を考え、相談しておくようにしましょう。査定額が案内されたなら、詳細な内訳を確認し、その金額で売却するかどうかを決めます。売却を決定するなら引き渡しの手続きへと移り、納得できないなら交渉するか、別の業者に査定を依頼し直すことになります。

査定を受けたからといって、必ずしもその業者に売らなければならないわけではないので、金額次第では断ることも大切です。基本的には査定までは無料ですが、業者によっては査定から有料の場合もあるので注意しましょう。

書類の発送

査定額に納得がいき、売却を決めたら手放すための書類の手続きを行います。売却時に必要な書類を集めて業者に発送すると、確認後手続きを進めてくれます。書類は郵送ではなく、自身で持ち込んで直接渡すことも可能です。

事前に用意して持参しておくと、査定から間をおかずに売却の手続きも進められるので、よりスムーズに手放せるでしょう。

車の引き取り

車の引き取りは、業者によって対応が違い、有料、無料が異なるので注意しましょう。有料の場合は余計な費用をかけないためにも、自分で業者に持ち込むのがおすすめです。自走できない車を買取に出すなら、廃車買取をし、かつ引き取りも無料の業者を選んだほうがよいでしょう。

廃車買取業者なら、状態の悪い車の引き取りを前提にしているので、車両の無料引き取りをしてくれる場合は多いです。

支払い

車を引き渡し、書類の手続きが完了したタイミングで支払いとなります。支払いの方法やタイミングは業者によって違うので、詳細は事前に確認しておきましょう。

後日振り込みでの対応となる業者もあれば、依頼すると先払いで振り込んでくれる業者もあります。また、振り込みではなく、当日現金払いに対応してくれる業者もあり、支払いの方法はさまざまです。

廃車(抹消)手続き

車は引き渡して終わりではなく、その後名義を抹消するための廃車手続きを行います。これは廃車買取なら業者が代行してくれることが多く、自分で行う必要はありません。万が一手続きを代行してもらえない場合は、引き渡した後に廃車手続きが必要なことは覚えておきましょう。

業者に代行してもらう場合は、廃車完了後に証明書を渡してもらう、あるいは連絡してもらえるよう事前に申し出ておくことが大切です。業者に依頼したものの、実は正しく廃車がされておらず、名義が残ったままというケースもあります。

名義が残っていると税金の課税対象になるだけではなく、他の人の手に渡った時に、トラブルに巻き込まれる可能性があります。廃車手続きは完了したことまできちんと知ることが大切なので、完了通知はしてもらえるよう、話を付けておきましょう。

廃車買取に必要な書類

廃車買取の際には、廃車手続きは代行してもらえますが、手続きに必要な書類は自身で用意しなければなりません。自分で行う場合よりも集める書類は少ないですが、これらがないと手続きが完了しないので注意が必要です。また、必要書類は普通自動車と軽自動車で若干異なります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

普通自動車

普通自動車の場合は、以下の書類が必要です。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 印鑑登録証明書
  • リサイクル券

印鑑登録証明書は、発行から3カ月以内と期限が決まってるため、ぎりぎりで取得するのがおすすめです。また、委任状や譲渡証明書なども必要ですが、それらは業者で用意してもらえます。用意された書類に記載するだけで済むので、自身で集めるのは上記書類だけと考えましょう。

車検証や自賠責保険証は原本が必要で、なくしている場合は再発行しておかなければなりません。自賠責保険証の場合、申請から再発行まで1~2週間かかることも多いので、なくしているなら早めに手続きを行うことが大切です。

軽自動車

軽自動車の場合は、以下の書類が必要です。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 認印

普通自動車に比べると必要書類は少なく、手続きも簡素になるのが軽自動車の特徴です。印鑑登録証明書は不要で、認印で対応できます。また、認印は必須とは限らず、業者によって要不要は異なります。

必要かは事前に確認しておき、求められた場合のみ持参しましょう。自分で集めるのは上記書類だけですが、別途業者から記入を求められる書類もあります。

買取に出す際の注意点

同じ車を処分する場合でも、廃車処分と買取では費用が大きく異なり、手続きのスムーズさも違ってきます。総合的に見ても買取のほうが断然お得でおすすめですが、一部注意点があることは覚えておきましょう。スムーズに買取をしてもらい、お得に愛車を処分するためにも、注意点まで細かく理解を深めることが大切です。

解体認可を持っている業者を選定する

廃車買取に出す場合は信頼できる業者か見極めることが大切で、その指標として解体認可の有無を参考にしましょう。車の解体は法律で制限されており、都道府県から認可を受けた工場を持っている業者でないと、行うことはできません。

車の買取業者が全て法的に解体を認められているわけではなく、工場を持っていても許可が出ているとは限らないことは理解しておきましょう。無認可の業者の場合は、買取はしてもらえてもその後トラブルに発生する危険性が高いため、利用は控えなければなりません。

また、法律にも違反しているため、厄介ごとに巻き込まれないためにも、認可を受けている業者の中から利用先を検討しましょう。

廃車の買取相場を事前に確認しておく

同じ車でも業者によって査定の提示額は違い、場合によっては相場よりも安い値段を提示されることもあります。相場以下で売ってしまうのはもったいないので、少なくとも相場程度、できるなら相場より少しでも上の金額での売却を目指しましょう。

好条件での売却を目指すには、まずは買取相場がどれくらいかを知らなければなりません。廃車買取を行う業者のホームページでは、買取実績を公開していることが多いです。それをチェックして、手放す愛車の状態と似たものを探し、相場の参考にするとよいでしょう。

また、複数業者に査定に出して、平均額から大体の相場を考えるのもひとつの方法です。より好条件で売却できる業者を探すためにも、複数社に査定に出すのはおすすめです。最低3社を目安に査定に出して、相場を正しく把握しておきましょう。

還付金が受け取れる業者を選ぶ

車を廃車した際には、時期や廃車の方法に応じて還付金が受け取れます。これは業者に依頼した場合も同じであり、きちんと還付金の説明をしてくれる業者を選びましょう。還付金を受け取る権利はあるものの、業者によっては何の説明もせずに、勝手に業者の取り分にしてしまうこともあります。

そもそも還付金について何も触れてこない業者は、黙っていると取られてしまう可能性が高いので注意しましょう。業者から丁寧に説明してくれるようなら、信頼度は高く、安心して手続きを任せられます。

査定に出すタイミングも考慮する

査定に出すタイミングも重要で、車の状態によって適切な時期は異なります。まだ自走可能で、状態がそれほど悪くない車の場合は、1~3月あたりがおすすめです。これは4月からの新生活に向けて中古車を購入する人が増え、業者が在庫の確保に積極的になるからです。

一方で、ボロボロで解体するしか道がないような車の場合は、4月を超え、閑散期を迎えてからのほうがよいでしょう。車の名義を持っていることで課税される自動車税は、4月1日に課税対象者が決まるので、3月中に手放そうとする人は多いです。

そのため、解体待ちの車が溢れ返り、業者としてはこれ以上余計な車を抱えたくないと考える場合もあります。忙しくて買取の対応がずさんになることもあるので、解体が目に見えている車は、繁忙期を少しずらして売るのがおすすめです。

ただし、4月を迎えると自動車税は課税されるので、少しでもコストを削減するなら、事前に名義だけを抹消する、一時抹消登録をしておくと良いでしょう。解体されるかよく分からない状態なら、通常の繁忙期に合わせて査定に出すのがおすすめです。

純正品も一緒に査定へ

社外オプションに交換している車は、査定時にもともとの純正品パーツも一緒に出すことが大切です。パーツでもっとも評価されやすいのは純正品で、社外パーツはどれが評価されるかは業者によって違います。付け替える必要はないので、一緒に提出できるよう探してまとめておきましょう。

廃車する車両なのになぜ値段がつくのか

そもそも廃車買取が可能なことに疑問を持ち、本当に利用しても大丈夫なのかと心配する人もいるでしょう。廃車寸前のボロボロの車は、どう見ても価値がないようにしか思えない場合もあるでしょうが、それは素人目で見た判断です。

プロの業者からすると、どのような状態になっても、車には一定の価値が残っています。なぜ他の業者では値が付かない車でも、廃車買取なら値段が付くのか、理由は大きく3つに分けられます。

海外で中古車としての需要があるから

廃車にする車といっても、全てがスクラップ寸前なわけではありません。中には自走可能、あるいは少し直せば十分走れる車もあるでしょう。走りさえするなら、海外で売却することが可能で、中古車需要を見越して積極的に買い取る業者は多いです。

日本車は海外での人気が高く、多少状態が悪くても高値で取引される場合があります。廃車買取なら安く仕入れて、海外で高く売れるので、業者は多少値段を付けてでも、買取を行います。

パーツとしての価値があるから

自走できない車でも、パーツ単位で見るとまだまだ使えるものが残っていることは多いです。ボロボロの車でもパーツ取り用に買い取る業者は多く、中古パーツを販売することで利益を得ています。

パーツは分解して洗浄、修理すれば十分使えるものが多いです。中古品、リビルト品を販売するために、走れない車も積極的に買い取ってもらえます。

鉄資源としてリサイクルするため

走れない、パーツ単位で見ても使えるところがほとんどない車でも、最後に鉄資源としての価値は残ります。車は大部分が鉄でできていて、これをリサイクルして資源にすることで、売却利益を出すことができます。また、鉄だけに限らず樹脂パーツもリサイクルが可能です。

自動車リサイクル法という法律が定められているように、車は無駄にするところがほとんどありません。資源的な価値は最後まで残るので、どれだけボロボロでも資源としての買取対応はしてもらえます。

廃車買取を得意としている業者を選ぶ

廃車買取に出して、スムーズかつ好条件で愛車を処分するには、業者の選定が非常に重要です。廃車買取業者は数多く存在しますが、業者ごとにサービス内容や特徴は違います。それぞれの違いを把握して、本当に信頼でき、お得に売却できる業者を選びましょう。

廃車買取ならカーネクストがおすすめ

廃車買取ならカーネクストがおすすめで、どれだけ状態が悪くても0円以上で買い取ってくれます。買取保証があるので、少なくとも損をする心配がなく、状態が悪くても安心でしょう。加えて、車両の引き取りから廃車手続きの代行まで無料で、そもそも処分に費用がかかりません。

無料で処分してもらえるというだけでも、数万円分は得をしていることになり、そこに買取金額が加わるとさらにお得でしょう。分からないことがあっても、専門のスタッフが対応してくれるので、初めて愛車を手放し、廃車にする人でも安心して利用できます。

参考:カーネクスト

査定価格に惑わされず信頼できる業者を選ぼう

どれだけ状態が悪くても、車には価値が残っているので、買取に出して処分を検討するのがおすすめです。買取なら費用をかけずに処分できることはもちろん、査定額に応じてプラスが出ます。ただし、査定額は業者によって違い、金額だけに騙されないよう注意が必要です。

高額査定を提示するからといって、必ずしも信頼できるとは限りません。後で文句を付けて、最終的に金額を落として安く買いたたく業者もあります。

査定額は業者選定時の目安のひとつで、金額だけではなくその他の指標から見て、信頼度もチェックすることが大切です。本当に信頼できる業者を選んで買取を依頼し、愛車を賢く手放しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!