車を廃車する機会は、あまり多くはありません。廃車をする方法や、廃車手続きを行う場所は地域によって異なりますが、それをご存知ないという方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、滋賀県で車を廃車する時の方法や、廃車手続きを行うところ、廃車する時にどちらの業者へ依頼すると煩わしい手間や労力を掛けずに行うことが出来るのかなどを詳しくご紹介します。滋賀県で廃車する予定があるという方はぜひ参考にしてみてください

滋賀県について

滋賀県は日本の中心あたりにある、日本一大きい湖「琵琶湖」を抱えた県です。県庁所在地は大津市となっています。
京都や大阪にもJR1本で行くことができるため、通勤・通学圏内として住宅需要が高く、公共交通機関も比較的充実しています。

主な交通機関は鉄道になりますが、鉄道はJR西日本・東海、京阪電鉄、近江鉄道、信楽高原鉄道などがあります。
路線バスも複数の事業所が運行していますので、交通の便はかなりいいといえるでしょう。
特にJR路線の近くに住んでいる場合は、車が無くても不自由はありませんが、鉄道路線から少し外れると田んぼや畑が多く、車がないと不便な場合もあるようです。

地域によって交通機関の必要性が異なる滋賀県

滋賀県は、地域によって公共交通機関の充実性に差があります。
JR琵琶湖線沿いなどは交通機関も充実しており、付近に商業施設も多数配置しているため、車が無くても特に問題はありません。甲賀市や彦根市など、少し奥地に行くにつれて商業施設や交通機関の数も減少しています。

JRでも琵琶湖線や湖西線などは本数も多く移動しやすいですが、草津線など甲賀方面へ行く電車は本数も少なくなっていますので、滋賀県全体で考えると公共交通機関の利便性は低いともいえるでしょう。

滋賀県は車が必要?

公共交通機関の多いJR線沿いに住んでいる場合は、車が無くてもあまり困らないでしょう。
ですが、大きなショッピングモールやスーパーマーケット、ホームセンターなどは基本的に駅の近くにはないので、電車やバスを乗り継ぐ必要があります。
そういった商業施設でも、駅のすぐ近くにあることが少ないので、車があるほうが便利だということが考えられます。
駅付近に住んでいても、万が一の時に大きな病院が近くにないことが多いですので、生活する上で車を持っている家庭が多くなっています。

2019年の調査では、滋賀県の自家乗用車の保有台数は1世帯あたり1.405(全国17位)となっています。全国でも保有台数が比較的多くなっていますね。
特に、甲賀市や彦根市などは車がないと不便という声もありますし、滋賀県全体で考えると、快適な生活を送るために車は必要だといえるでしょう。

滋賀県のナンバー、運輸支局について

滋賀県の運輸支局は近畿運輸局の滋賀運輸支局のみです。ナンバープレートは滋賀ナンバーのみとなっています。

滋賀ナンバー

滋賀県で車を登録した場合は全ての地域が滋賀ナンバーになります。
滋賀運輸支局は滋賀県守山市に位置していますので、自動車登録等の手続は全て滋賀運輸支局で行う必要があります。

滋賀運輸支局の情報

  • 場所:滋賀県守山市木浜町2298番地の5
  • JR湖西線「堅田駅」下車→江若交通バス(②番乗り場、免許センター行き)乗車→「運輸支局」下車、徒歩3分 または JRびわこ線「守山駅」下車→近江鉄道バス(①番乗り場、免許センター行き及び佐川美術館行き)乗車→「運輸支局」下車、徒歩3分 なお、佐川美術館行きは一部運輸支局を通過しないバスも有り、その場合は「佐川美術館」下車、徒歩7分
  • 管轄地域:滋賀県全域

廃車業者の賢い選び方

特に車の必要性がない場合は車にかかる維持費なども考えるともったいない場合がありますよね。また、古い車などは故障でもう乗れないということもあります。
滋賀県でも草津市などに住んでいる方は、「車、いらないかな…」と思うことも多いのではないでしょうか。
今乗っている車を手放す際や車が故障してしまった場合にどの業者に依頼すればいいのかわからない方が多いのではないでしょうか?

多くの人が依頼している廃車業者は?自分でもできるの?

廃車を決めた場合に、多くの方はその車を購入した店舗に廃車依頼をします。
例えば、ディーラーやカーショップ、中古車販売店など様々です。
買い替えのために廃車にする場合は、次に車を購入する業者に依頼することが多くなっています。
また、自分での廃車手続きをすることも可能になりますが、車を販売している業者廃車依頼や自分で廃車手続きをすることはデメリットが多いことをご存知ですか?
車販売店での廃車や自分での廃車がオススメできない理由は以下の3点です。

  1. 料金が高くなってしまう
  2. 車を運ばなくてはならない
  3. 手続きが面倒な場合もある

この3点を、業者の特徴と合わせて確認していきましょう。

自分で廃車手続きを行う場合

自分で廃車手続きを行う場合は、料金や廃車にかかる手間が非常に多くなっています。かかる費用を以下にまとめました。

➀レッカー移動費

解体業者までのレッカー移動費です。自走可能な車の場合はレッカー車で移動する必要はありませんが、不動車の場合はレッカー移動費がかかってしまう場合があります。
こちらは、解体業者に依頼する場合と輸送専用業者に依頼する場合で料金が異なります。
解体業者に依頼する場合は10,000円前後、輸送専用業者に依頼する場合は20,000~30,000程度の費用が掛かります。

②解体費用

解体業者やリサイクル業者での解体費用です。
基本的に、個人的な廃車の解体を請け負ってくれる業者はほとんどありません。仮に解体を承諾してもらえた場合でも手数料として10,000~20,000円程度の費用が掛かります。

自分での廃車手続きにかかる費用総額は、約10,000~50,000円程度でしょう。
特に不動車の場合は、レッカー移動費が加算されてしまうためかなり高額な費用になってしまいます。
また、移動や手続きを自分で行わないといけないため、時間や手間が増えてしまうということが大きなデメリットといえるでしょう。

業者へ廃車依頼する

自分で廃車をする方法以外に、業者へ廃車を依頼する方法があります。業者への廃車依頼はメリットとデメリット、また依頼先による注意点がありますので、前もってチェックしてみましょう。

ディーラーでの廃車

ディーラーで廃車をする場合は上記にあるような手続きを全てディーラーが代行してくれます。
手間や時間がかからない点がメリットですが、あくまでも代行サービスですので廃車費用の負担はかかってしまいます。
ディーラーに廃車を依頼した場合の費用相場は10,000~20,000円程度になります。
不動車の場合は、ここにレッカー移動費がプラスされるため注意が必要です。
買い替えの場合は、ディーラーによって下取りをしてくれる場合もあります。しかしディーラーはあくまでも販売業者であるため、下取り価格は相場よりもかなり安くなってしまう場合がほとんどです。

中古車販売店での廃車

中古車販売店では、中古車買取を行っている店舗がほとんどですね。
中古車買取店のなかには、出張査定で自宅まで来てくれる業者もありますし、その場で契約ができた場合は、そのまま車を持って帰ってくれる場合が多くなっています。
ですが、これはあくまでも自走可能な車の場合であり、不動車は買取対象にはなりません。
また、中古車として販売できる車に限っているため、型番が古い車や走行距離が長すぎる場合なども買取不可になりますので注意が必要です。

行政書士事務所でも廃車依頼が可能

行政書士事務所でも廃車依頼を受けているところが多くなっています。
これは、行政書士が廃車にかかる手続きを代行してくれるというものです。
ですが基本的に、車の移動や解体業者への依頼は自分でする必要がありますし、行政書士の廃車申請手数料相場は5,000~15,000円程度になっていますので、あまり推奨はできません。

廃車手続きよりも、廃車買取がおすすめ

中古車として売却が難しい車の場合、廃車するしかないと考えている方が多いと思いますが、実はそうではありません。廃車専門の買取業者があるのをご存知ですか?
廃車買取業者を利用すれば、古い型番の車や故障している車の場合も買取をしてくれます。もちろん廃車手続きを自分でする必要もありませんので、楽な廃車方法といえるでしょう。
また、業者によっては、「必ず0円以上で買取します」などとうたっている業者もありますので、賢く業者を選べば得になることも。
お金を払って廃車をする必要がないため、廃車買取業者を選択するのが賢い方法といえるでしょう。
廃車買取業者は、部品の再利用のために廃車買取を行っています。状態が良い車であれば、海外などで再利用される場合もありますので、地球に優しいですよね。
廃車買取業者は滋賀県にも意外と多く展開している業者があるので、調べてみるといいでしょう。
依頼先を悩むというかたへ、その中でもおすすめの廃車買取業者をご紹介します

滋賀県の廃車買取のカーネクスト

廃車買取を専門に行っているカーネクストは滋賀県内だけでなく全国対応の廃車買取業者です。『廃車引き取り費用無料』、『廃車手続き代行費用無料』、『廃車解体の費用は自社で負担』しているため、廃車の費用が一切かかりません。このため、お客様には廃車買取で買取がついた金額をそのままお支払いすることが出来ており、お得に廃車することが出来ています。

全国の廃車手続きの情報一覧

全国都道府県別に、廃車手続きのための必要な情報や、廃車に関わる気になる情報などをまとめてご紹介しています。
廃車手続きを今後行う予定がある、移住する予定があるが廃車は必要か悩んでいるなど、様々な廃車にまつわるお悩みを持つ方へ向けてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。