車を廃車する機会は、あまり多くはありません。廃車をする方法や、廃車手続きを行う場所は地域によって異なりますが、それをご存知ないという方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、群馬県で車を廃車する時の方法や、廃車手続きを行うところ、廃車する時にどちらの業者へ依頼すると煩わしい手間や労力を掛けずに行うことが出来るのかなどを詳しくご紹介します。群馬県で廃車する予定があるという方はぜひ参考にしてみてください

群馬県について

群馬県は、北に新潟県、福島県、西に長野県、南は埼玉県、東は栃木県に囲まれ、自然が豊富な地域です。日本の関東地方の西北部に位置します。
群馬県は、人口約193万人で、海岸線を持たない内陸県です。
群馬県の多くは南部の平野に都市が分府しています。県北西部は利根川上流のダムが、県内だけでなく関東の電力や上水道の供給地となっています。
群馬県では、伝統工業の養蚕や繊維工業だけでなく、農業や畜産、機械工業が盛んです。農産物ではイチゴや嬬恋村のキャベツ、下仁田ネギなどが有名です。
観光業では、国際的な観光地、草津温泉や伊香保温泉、四万温泉などの温泉が多く、また、自然環境保護のため車の乗り入れが禁じられている尾瀬国立公園など、豊かな自然が広がりたくさんの観光客が訪れています。

群馬県内の交通は高速自動車国道では、東北自動車道、北関東自動車道が整備され、他、国道、県道も整備されています。
鉄道では、JR東日本が、東北新幹線、山形新幹線、秋田新幹線が乗り入れ、東北本線などが開通し、上信電鉄、上毛電気鉄道、東武鉄道、わたらせ渓谷鉄道が乗り入れています。
群馬県内では空港はヘリポートが整備されています。
路線バスは群馬バスやJRバス関東、日本中央バスなど11社が運行しています。
群馬県ではサイクリングロード整備されており、高崎伊勢崎自転車道線をはじめ、たくさんのサイクリングロードがあります。

公共交通機関が発達していない群馬県

群馬県の中でも、県庁所在地が置かれている前橋市は中核市です。
人口は約33万人で群馬県の中南部に位置しています。明治時代には製糸業で栄え、戦後は工場誘致と共に区画整理を進めました。
現在の市の中心街では商業地域が衰退し、主に市街地外周や郊外に多くの商業施設が立地しています。
群馬県は少子高齢化が急激なスピードで進んでおり、車を利用する人が多いとされています。100メートルの移動でも車を利用している人の割合が高いといわれており、増え続けるマイカー依存の生活が問題となっています。
そのため群馬県では、県民の公共交通機関の利用を促すため、様々な施策を検討しています。公共交通機関を利用することで健康増進や、医療費の抑制につながるなどの施策を挙げています。
県民が暮らすうえでの交通手段の確保や、基幹公共交通軸の強化や快適化、まちのまとまりの形成などを目指しています。

群馬県に住むなら車はあった方がいい?

群馬県は家庭における自動車保有台数は約135万台です。
全国の自動車の保有台数の平均が1.04ということから、茨城県の1世帯あたりの車の保有台数、約1.60台は他の都道府県とくらべてもかなり高く、全国では第4位です。
群馬県における県民の移動の手段は、主に車が多いといっていいでしょう。
東京都内や大阪市内などの都市部とは違い、土地に余裕があるため自宅の敷地も広く取ることができ、駐車スペースがあることも要因の1つです。
市街地では、スーパーなども郊外にあることが多く、買い物などは車がなければ不便と感じる場合が多いようです。

廃車CAR電話で完結バナー

群馬県のナンバー、運輸支局について

群馬県には陸運支局が1つあり、ナンバープレートに記載される地名は3つです。

前橋ナンバー

前橋ナンバーは、群馬県前橋市上泉町にある群馬運輸支局で新車登録した車に付けられます。群馬運輸支局は関東運輸局と呼ばれることもありますが、正式名称は群馬運輸支局の方で、どちらも同じ行政機関です。
管轄地域は、主に前橋市、北群馬郡(吉岡町)となります。
車を廃車にするときには、前橋ナンバーは群馬運輸支局で手続きを行いましょう。

群馬運輸支局の情報

  • 場所:群馬県前橋市上泉町399番地の1
  • アクセス:JR両毛線「前橋」駅下車(約4.1km)

高崎ナンバー

高崎ナンバーは、群馬県前橋市上泉町にある群馬運輸支局で新車登録した車に付けられます。群馬運輸支局は関東運輸局と呼ばれることもありますが、正式名称は群馬運輸支局の方で、どちらも同じ行政機関です。
管轄地域は、主に高崎市、安中市となります。
車を廃車にするときには、前橋ナンバーは群馬運輸支局で手続きを行いましょう。

群馬運輸支局の情報

  • 場所:群馬県前橋市上泉町399番地の1
  • アクセス:JR両毛線「前橋」駅下車(約4.1km)

群馬ナンバー

群馬ナンバーは、群馬県前橋市上泉町にある群馬運輸支局で新車登録した車に付けられます。群馬運輸支局は関東運輸局と呼ばれることもありますが、正式名称は群馬運輸支局の方で、どちらも同じ行政機関です。
管轄地域は、主に桐生市、伊勢崎市、太田市、沼田市、館林市、渋川市、藤岡市、富岡市、みどり市、北群馬郡(榛東村)、多野郡、甘楽郡、吾妻郡、利根郡、佐波郡、邑楽郡となります。
車を廃車にするときには、群馬ナンバーは群馬運輸支局で手続きを行いましょう。

群馬運輸支局の情報

  • 場所:群馬県前橋市上泉町399番地の1
  • アクセス:JR両毛線「前橋」駅下車(約4.1km)

群馬県での廃車業者の賢い選び方

群馬県で車が必要なくなったり、買い替えたりする際に、現在乗っている車を廃車にしようと検討している人もいるでしょう。群馬県で廃車を依頼できる業者は数多くありますが、損をしないように吟味して業者を選ぶことが大切です。

群馬県の人はどこに廃車を依頼しているのか

車を廃車にする際に、たいていの人はその車を購入したところで依頼するでしょう。新車で購入した車ならディーラーに依頼し、中古で購入した車なら中古車販売店に依頼する人が多いです。
また、買い替えをするために現在乗っている車を廃車にするのであれば、新しい車の購入先で依頼するケースもあります。いずれの場合もディーラーか中古車販売店に依頼する人が大半です。
しかし、廃車手続きの依頼先としてディーラーや中古車販売店を選ぶのは、決して賢い選択肢とはいえません。ディーラーに廃車手続きを依頼すると、2,3万円程度はかかってしまいます。故障や車検切れなどで動かせない車の場合には、7,8万円程度かかることも多いです。
中古車販売店の場合には、ディーラーよりは安く済む傾向にありますが、やはりお金がかかります。
廃車でできるだけお金をかけたくない人は、ディーラーや中古車販売店ではなく、他の業者に依頼することも1つの方法です。例えば、行政書士事務所などで廃車手続きを受け付けています。行政書士事務所なら、比較的安い費用で済むため、ディーラーに依頼するよりは賢い選択肢かもしれません。

廃車手続きを依頼するのではなく廃車買取を依頼しよう

中古車としての売却が難しい車を手放す際には、廃車手続きをするしかないと思ってはいないでしょうか。実は、廃車予定の車は中古車とは別に売却可能です。廃車買取を専門に行なっている業者がいくつかあるため、そのような業者に買取を依頼しましょう。
廃車買取業者に買い取ってもらった場合には、お金を使って廃車手続きをしなくて済みます。そういったことから廃車費用を節約したい人にとって、廃車買取業者に買取を依頼する方法がもっとも賢い選択肢です。
もちろん廃車買取であるため、古くてもボロボロになっていても全く問題ありません。不動車や故障車などでも買取対象です。ほとんどの廃車買取業者は、無料での引き取りに対応しています。その場合には、利用者側は一切お金がかかりません。
そして、廃車買取業者によっては、0円以上の買取を保証と明言しているところもあります。つまり、車の状態がいくら悪くても、断られることがないということです。逆に状態が良ければ、数万円程度の買取額になることもあります。
さらに、大半の廃車買取業者は、廃車手続きまで代行してくれるのが嬉しいところです。申込みをして車を引き渡したら、あとはもう何もしなくて済みます。
買取後は解体してパーツが再利用される仕組みです。状態が良い車なら、海外へ輸出されて使われる場合もあります。ただゴミになるのではなく、有効に再利用されるため、地球環境にも優しいのです。
廃車買取業者も探してみると意外と多くありますが、その中でもおすすめの廃車買取業者をご紹介します。

群馬県の廃車買取のカーネクスト

廃車買取を専門に行っているカーネクストは群馬県内だけでなく全国対応の廃車買取業者です。『廃車引き取り費用無料』、『廃車手続き代行費用無料』、『廃車解体の費用は自社で負担』しているため、廃車の費用が一切かかりません。このため、お客様には廃車買取で買取がついた金額をそのままお支払いすることが出来ており、お得に廃車することが出来ています。

全国の廃車手続きの情報一覧

全国都道府県別に、廃車手続きのための必要な情報や、廃車に関わる気になる情報などをまとめてご紹介しています。
廃車手続きを今後行う予定がある、移住する予定があるが廃車は必要か悩んでいるなど、様々な廃車にまつわるお悩みを持つ方へ向けてまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。