トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

故障した車や動かなくなった不動車でも、持っているだけでコストはかかります。名義を持っているなら毎年自動車税が課税され、ガレージに置いているだけでも場所を取ります。

また、駐車場を借りている場合その費用もかかるため、早めに手放すことが大切です。ボロボロの車なら解体して処分する方法があり、手順を知ってスムーズに愛車を手放しましょう。

車を解体処分する手順

車をスムーズに解体処分するなら、大まかな手順を知ることが大切です。全体の流れは大きく3つに分けられます。

業者の選定

車の解体は個人ではできず、自分で行うと法律違反になってしまいます。これは自動車リサイクル法という法律で、車の解体処分について取り決めがなされていることが理由です。車は有効な資源になるので、プロに任せて解体してもらわなければなりません。

まずは車の解体業者を見つけて、解体処分の依頼をしましょう。業者によっては連絡の取り方は違いますが、最近ではネットから申し込みができるものも増えています。いきなり業者持ち込みで対応してくれる場合もありますが、事前に連絡をしておいたほうがトラブルがなく、その後の手続きもスムーズです。

車両の引き渡し

解体業者とコンタクトを取った後は、車両の引き渡し方法を決めます。引き渡しは自身で持ち込みか、業者引き取りかのどちらかになるので、都合の良い方を選びましょう。業者引き取りの場合は、別途運搬料でレッカー代が発生する可能性が高いです。

業者によってはレッカー代が無料で引き取ってくれる業者もあるので、サービス内容は細かくチェックすることが大切です。レッカー代は車の種類や移動距離によって違いますが、1万円程度が相場です。解体にも数万円程度の費用がかかるので、コストを抑えたいならできるだけ自分で持ち込んだ方が良いでしょう。

廃車登録の手続き

車の処分は解体して終了するわけではなく、その後廃車登録をして、名義を抹消しなければなりません。解体を伴う廃車は、永久抹消登録、軽自動車なら解体返納と呼ばれる手続きを行います。解体の報告を受けてから15日以内に手続きをする必要があるので、廃車登録の準備も並行して進めておきましょう。

廃車登録は普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会と場所が違っています。業者によっては廃車登録まで代行してくれる場合もありますが、費用が発生することも多いです。自分でするか、業者に代行してもらうかを考えておきましょう。

車の解体業者の選び方

ひとくちに車の解体業者といっても数が多く、業者ごとにサービスの内容が違います。そのため、同じ車を解体してもらう場合でも、利用する業者によって得られるメリットは異なります。

業者選びで間違えると、損をしたりトラブルに巻き込まれたりする可能性もあるので、注意しなければなりません。上手な業者の選び方を知って、スムーズに愛車を解体してもらいましょう。

自社工場がある

車の解体処分を請け負う業者全てが、自社で工場を持っているわけではありません。解体処分は受け付けているものの、窓口としての機能だけで、実際の解体は別の業者に依頼している場合もあります。自社工場を持っていない業者だと、解体の費用に中間マージンが発生するので、費用はやや割高になりやすいです。

余計なコストをかけず、かつスムーズに解体してもらうなら、自社でリサイクル工場を持つ業者を選びましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

認定を受けている

車の解体は法律で制限されていて、個人ではできないのでプロに依頼する必要があります。しかし、解体業者を名乗っていても、全ての業者が解体処分をしてよいわけではありません。車の解体ができるのは、都道府県から認可を受けている業者に限られるので、認可の有無で業者の信用度を測ることも大切です。

認可を受けていない業者だと、違法な解体となります。法律に違反するだけではなく、何らかのトラブルに巻き込まれる危険性もあることは理解しておきましょう。法外な費用を請求されるといったトラブルも多いので、業者の信用度は慎重に見極めなければなりません。

買取を行っている

解体業者を選ぶ時には、買取を行っているかどうかをチェックするのもおすすめです。通常解体処分には費用がかかりますが、買取の場合は別です。解体業者は車を鉄の重量に応じて金額を決め、買い取ってくれるのでボロボロの車でも値をつけてもらえます。

解体業者は車そのものの性能を見るわけではなく、リサイクルできる素材の量を見て、買取金額を決定します。他の業者では値段が付かなかった場合でも、解体業者なら値段をつけてもらうことが可能なため、買取で処分をしてくれる業者は利用価値が高いです。

車を解体業者に売却する際の注意点

解体業者に売却することで費用を抑え、かつ利益が得られますが、車の状態には注意が必要です。解体業者は車を資源と見て買い取るため、よくも悪くも車の状態は関係ありません。つまり、故障車や不動車と買ったばかりの新車でも、同じ車種なら買取金額はほぼ同じです。

状態がよいものを解体業者に買取に出してしまうと、ほぼ定額でしか買い取ってもらえず、損をします。解体業者に売却するのは、どこに出しても値が付かなかった場合の最終手段です。少しでも高値で売って処分したいなら、別の業者の利用を検討しましょう。

解体ではなく廃車買取もおすすめ

不要な車を少しでも高値で売って処分したいなら、廃車買取に出すのがおすすめです。廃車買取なら、通常の買取業者では値が付かない車でも、価値を見出して買い取ってもらうことができます。

一見、無価値に見える故障車や不動車にも、秘められた価値は存在します。解体業者よりも高値で売れることが多いので、ボロボロでも一度買取査定に出してみるのがおすすめです。

カーネクストなら0円以上の買取保証

カーネクストはどのような車でも、0円以上での買取保証をしています。どれだけ状態が悪くても値が付かないということはないので、故障車や不動車でも査定に出してみましょう。カーネクストは車をパーツ単位、素材単位で見て評価するので、ボロボロの車でも価値を見出してくれます。

また、廃車にかかわる手続きも無料で代行してもらえるので、自身で廃車登録をする手間もなく、よりスムーズに愛車を処分できるでしょう。

参考:カーネクスト

車の状態に合わせた処分方法を

車の処分方法は、解体から廃車買取まで複数あります。どの方法で処分するのが適しているかは、車の状態によって違います。車の状態をしっかりと見極めて、適切な方法を用いて少しでもお得に愛車を処分しましょう。

0円以上買取保証