愛車を少しでも長く使いたいと考える人は多いですが、車は消耗品で使うごとに少しずつ劣化します。車の劣化具合を示す指標のひとつに走行距離があり、10万キロを目安に買い替える人は多いです。しかし、10万キロ走ったからといって、すぐに故障するわけではなく、まだまだ走れる場合もあります。

一般的な目安の10万キロを超えて、さらに倍の20万キロを目指すことは可能なのか、車の耐久性への理解を深めましょう。

最近の車は20万キロ走っても大丈夫

結論から言えば、20万キロ以上走行することは可能です。最近の車は品質が向上しており、10万キロが買い替えの目安とされていたのは古い話と言えます。昔の車だと、10万キロ走行したあたりで、故障や不具合も多かったので、寿命と言われていました。

しかし、最近では技術の発達も目覚ましく、かつての10万キロの寿命を軽々超えて走れる車も多いです。10万キロ以上でも余裕で走行できる車は多く、さらに倍の20万キロ以上走行しても、まだまだ使えるものは存在します。

ただし、走行距離に応じて、少なからず劣化していることは確かです。新車と20万キロ以上走行した車を比較すると、当然走っている車のほうが各種部品は消耗しています。20万キロ以上の走行は可能なものの、走りや車自体に多少の劣化が見られることは理解しておきましょう。

愛車で20万キロ以上走るためのメンテナンス

最近の車はほとんど手を加えなくても、かつての寿命と言われていた10万キロ程度なら、問題なく使用することが可能です。しかし、20万キロとなると話は別で、問題なくスムーズに走行するには、ある程度メンテナンスをしなければなりません。

車の状態はメンテナンスによって決まり、どれだけ丁寧に手を加えるかによって寿命は大きく変化します。20万キロ以上走れるポテンシャルを持っていても、メンテナンス次第では10万キロ以下で故障することも少なくありません。20万キロ以上走るには、どのようなメンテナンスが必要かを知り、愛車を大事に扱いましょう。

エンジン周りは念入りに

走行距離が伸びるにつれて不調が心配されるのは、エンジン周りです。20万キロ以上走らせたいならエンジン周りのメンテナンスは必須で、特にタイミングベルトやオイルには注意しましょう。タイミングベルトは10万キロが交換の目安とされており、切れないうちに交換することが大切です。

タイミングベルトが切れたまま走行すると、エンジンに大きなダメージを与えてしまい、故障を招くことが多いです。耐久性の高いタイミングチェーンのモデルなら交換は不要ですが、ベルトなら走行距離に応じて交換を考えましょう。

エンジンオイルはエンジンを円滑に動かし、正しく冷却するために必要です。こまめに取り換えることが大切で、ドロドロに汚れないうちに交換しましょう。この時、エンジンオイルの漏れがないか、細部までチェックすることもポイントです。

足回りもチェック

足回りのチェックも大切で、タイヤやサスペンション、ブレーキペダルなど、運転性能にかかわる各種パーツは念入りにチェックしましょう。足回りが劣化していると運転性能が落ち、安全に走りづらくなります。性能が落ちることで事故のリスクが高まり、故障の危険性を高めてしまうことも少なくありません。

愛車を事故から守るためにも、足回りの徹底したメンテナンスは必要不可欠です。走行距離が伸びるにつれて、足回りの劣化スピードも速くなるので注意しましょう。

愛車の走行距離が20万キロを超えたときに考えること

しっかりメンテナンスをすることで、20万キロ以上の走行距離を実現させることは可能です。そこからさらに30万キロ、40万キロと距離を伸ばすこともできますが、20万キロあたりで、一度車の処分について考えてみましょう。

そのまま継続して乗り続けるのもよいですが、劣化具合によっては20万キロを一つの区切りにして、手放したほうがよいこともあります。20万キロを超えた車はどのように扱うべきか、適切な方法を考えていきましょう。

修理して乗り続ける

20万キロを超えてもまだまだ走れそうなら、修理やメンテナンスを繰り返して、使用し続けるのもひとつの手です。

愛車に思い入れがあるなら無理に処分する必要はなく、多少費用をかけてでも乗り続けるのは間違った選択ではないでしょう。車は長く乗れるならそれに越したことはなく、買い替えの費用もかからないのでコスパが良い場合も多いです。

もちろん、修理やメンテナンスの費用が高く付く場合は注意が必要ですが、それにも自身で納得しているなら、修復できなくなるまで乗り続けてもよいでしょう。ただし、不具合を感じ始めたなら早めに修理して、安全性を確保しながら乗り続けることが大切です。

売却を検討する

保有や修理にかかるコストがあまりに高く、使用にも不便を感じ始めたなら、売却を検討しましょう。売却による処分なら費用はほとんどかからず、多少の値が付くことで利益にもなります。20万キロ以上走行した車は、なかなか値が付かないことも多いですが、業者次第では評価してくれることもあります。

どうしても値が付かないなら、解体業者に資源として売るのもひとつの手です。解体業者なら車を鉄の重量に応じた金額で買い取ってくれるため、状態に限らず数万円程度の利益にはなります。

年式も処分の目安に

車の処分を考える際には、走行距離だけではなく年式も目安にしましょう。車は経年によって少しずつ劣化します。年式の目安は10年と言われており、10年を経過した時点で一度処分を考えてもよいでしょう。また、年式が13年を超えると、税金が引き上げられます。税金引き上げのタイミングも、処分の目安のひとつです。

過走行車は廃車買取がおすすめ

20万キロ以上走った車は、過走行車に分類されることが多く、買取市場では価値が付きづらいです。しかし、どれだけ長距離走った車でも、廃車買取なら値をつけてもらえる場合があります。他の買取業者で値が付かないなら、廃車買取を検討しましょう。

20万キロ走った車はカーネクストに買取依頼を

20万キロ以上走った車でも、カーネクストなら0円以上で買い取ってもらえます。カーネクストはパーツや素材単位での買取にも対応しているので、使える部品が残っているなら高額査定になることもあるでしょう。査定は20秒で簡単に登録でき、かつ廃車の手続きも無料で代行してもらえるので、スムーズに処分したい人にはおすすめです。

20万キロ走った愛車はお得に処分しよう

中古車市場では、年式10年、走行距離10万キロで価値が大幅に下がると言われています。目安の倍走っている走行距離20万キロの車だと、さらに価値は下がりますが、全く値が付かないわけではありません。業者によっては高額査定が期待できる場合があるので、諦めずに査定に出して、少しでもお得に処分しましょう。