トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は丁寧に扱い、小まめにメンテナンスをすることで長く使えます。しかし、消耗品であることは確かで、どれだけ丁寧に扱っていてもいつか故障し、使えなくなります。完全に故障するまで乗り潰すのもひとつの手ですが、まだ価値があるうちに売却し、買い替えをしたほうがお得になることも多いです。

車の買い替えは、年数が大きな基準になります。どれくらいのタイミングで買い替えるべきか、目安を把握しておきましょう。

車の買い替え年数の平均

車の買い替え年数の平均は、8.5年と言われています。しかし、あくまで買い替えの年数であり、8年前後で車が使えなくなることを示したデータではありません。かつては車の寿命は10年と言われていましたが、現在では品質はさらに向上し、倍の20年以上使えることも多いです。

8年は買い替え年数の平均でしかなく、実際にはそれ以上の期間使用し続けることも可能なことは理解しておきましょう。必ずしも8年前後で買い替える必要はなく、自分にとってのベストなタイミングを探すことが大切です。

車の買い替え年数の目安

車の買い替え年数は人によって違いますが、ある程度の目安はあります。何を目安に買い替えを検討すべきか、大きく3つに分けて考えていきましょう。

故障のタイミング

故障は車の買い替えを検討するタイミングのひとつで、故障が増えた、あるいは重要な箇所が故障した場合に買い替えを考える人が多いでしょう。車は経年によって少しずつ劣化するので、丁寧にメンテナンスをしていても、使用年数が増えるごとにガタがきます。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

故障が多くなってくるのは、大体7~10年程度であり、この時期に買い替えを考える人は多いでしょう。故障といっても内容はさまざまで、走行にほとんど影響しない軽度のものから、走行性能を著しく下げてしまう重度なものまであります。

重度な故障だと、修理や部品交換にもかなりの費用がかかるので、修理代が高くなったタイミングで買い替えるのもよいでしょう。

車検のタイミング

車検のタイミングも、買い替えを検討する目安のひとつです。車検は一般的な乗用車なら、新車の初回で3年、以降2年ごとに更新をします。つまり、3年、5年、7年、9年…というサイクルで、買い替えを考えることになります。

車検のタイミングで買い替えを検討するのは、車検の更新にかかる費用が高いからです。車検時には保険料や税金の法定費用を始め、メンテナンスの費用や業者に依頼する場合は車検基本料という代行手数料がかかります。

必須の費用だけでも3~7万円程度かかり、全部合わせると10万円以上することも少なくありません。一度に多額の負担が発生するので、車検更新前に処分して買い替えを考える人は多いです。買い替えの平均の8.5年は、9年の車検更新前に買い替えていることを証明するデータともいえるでしょう。

最新モデル発売前

車を買い替える際には、保有している車を売却して処分することが多いです。買取に出すなら少しでも高値で売れるうちがよく、好条件で売れやすいのが最新モデルの発売前です。基本的に最新モデルがもっとも価値と人気が高く、新しいモデルが出るとひとつ前のモデルは一気に価値と人気が下がります。

最新モデルが発売されることで、型落ちのモデルを手放す人が多く、市場で在庫過多になることがこの理由でしょう。少しでもよい条件で手放し、買い替え費用の足しにしたいなら、最新モデルが売り出される前に売却することが大切です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車種やメーカーによってモデルチェンジのタイミングは違いますが、大体3~5年が目安でしょう。さらにもう一段階新しいモデルが発表されると、型落ちしたモデルもさらに値下げになりやすいので、2回目のモデルチェンジの6~10年前も買い替えの目安です。

お得な車の買い替え年数とは

車の買い替えを考えるなら、少しでも得をしたいと考えるのが普通ではないでしょうか。同じ買い替えでも、年数次第で損得は変わってくるので注意が必要です。いつ買い替えをするのがお得なのか、手放す車の価値や維持費に注目して考えてみましょう。

自動車税・重量税増税前

車に乗るには税金がかかり、長く使用し続けるごとに増税の対象となります。特に自動車税と重量税は、新車登録時から13年で増税になるため、コストが上がるぎりぎりのタイミングで買い替えるのがお得です。

増税の対象になると、以降高いコストを支払い続けなければならないので、保有年数が増えるほどにさらに費用負担は大きくなります。

また、重量税は18年が経過すると、もう一段階引き上げになるので注意が必要です。新しい車に買い替えて維持費の情報を抑えることで、よりお得に車に乗り続けられるでしょう。

10年10万kmよりも前に

車の買い替えを考えるなら、現在保有している車が高く売れるうちに手放すことも大切です。中古車は年式と走行距離が重要視されており、価値が大幅に下がる基準が10年10万kmです。この基準を超える前に売却することで、多少古く使い込んでいても、好条件で売りやすくなるでしょう。

10年と10万kmで価値が下がるのは、型が古くて市場での需要が低いこと、劣化が進んでいることが原因です。少しでも型が新しく、劣化していないうちに手放すことが、お得に売却するための秘訣といえるでしょう。

買い替え時には廃車買取業者を利用

車を買い替える際には、廃車買取業者を利用するのがおすすめです。廃車買取なら、車を引き取ってくれるだけではなく、廃車の手続きも代行してもらえます。また、車の状態が多少悪くても好条件で買い取ってもらえる場合もあり、目安の年数を超えていても思わぬ高値が付くこともあります。

カーネクストは低年式車でも買取

カーネクストは低年式の古い車でも買取に対応しており、条件次第では高値が付くこともあります。買取時には車をパーツ単位で見らもらうこともでき、使える部品、高価な部品が残っているなら、車自体が古くても高額査定が期待できるでしょう。また、廃車手続きも無料で代行してもらえるので、買い替えの手続きもスムーズに進められます。

参考:カーネクスト

車の買い替えは年数以外の指標も考慮

車の買い替えは年数が大きな目安ですが、指標はそれだけではありません。車の維持にかかるコストや売却時の価値、市場の動きなども考慮して買い替えることが大切です。

買い替えをする際には、少しでもお得に買い取ってくれる業者を利用し、好条件で売却して新しい車の購入費用の助けとしましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!