トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

衝突などの事故を起こした場合、車体のフレームが歪んでしまうなど、修理が必要になります。しかし、事故による修復歴がある車は事故車と見なされるため、価値が下落してしまいます。

また、修理やメンテナンスにかかる費用を考えると、廃車という選択肢もありますが、廃車には最低でも1万円以上かかってしまいます。このような場合、買取という方法がおすすめです。

ここでは、事故車の最適な処理方法に加えて、事故車買取のポイントについて解説していきます。

事故に遭った車はどう処理する

車で事故を起こしてしまった場合、ダメージによっては修理費用が高額になりがちです。また、事故車の価値は下落するため、どのように処理すれば良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。

事故車の処理方法は、主に修理するか廃車にするかの二択となっていますが、修理するにはそれなりの費用がかかることはもちろんのこと、廃車にする場合でも、最低1万円の費用がかかってしまうのが現状です。

このような状況の中、あるアンケート調査では事故を起こした車を修理するという選択をする人が、全体の約9割を占めているのが現状です。しかし、廃車買取サービスを利用すれば、決して金額は高くなくても買い取ってもらうという方法も選択できます。

事故車の処理方法を決める判断基準

車の事故は、車体を軽くぶつけてしまった程度の軽いものから車体のフレームにダメージを与えるほどの重いものまで幅広いと言えます。しかし、事故車の処理方法を決める場合、どのような基準で判断すれば良いのでしょうか。

車に特別な愛着があるなら修理を

事故車の処理方法を決める場合、車にどの程度の愛着があるかということが判断基準のポイントになります。例えば、事故車になった車に特別な思い入れがあり、どうしても手放したくないと言う場合は、修理してそのまま乗り続けるのがおすすめです。

なお、事故車を修理するとダメージに応じて費用は異なりますが、車体のフレームまで達していないダメージの場合は、修復歴が残らず、事故車扱いにならないケースもあります。

車の価値と修理費用を考える

戸建てやマンションなどの住宅と同様に、車の価値は新車購入から時間が経つほど価値は下がっていくのが現状です。そのため、事故車の処理方法は、車の価値と修理費用を考慮することがポイントです。

例えば、古い年式の車の場合、任意保険に加入していても修理代に対する保険金が支払われにくくなります。このようなケースでは、市場価値がほとんどない車に高い修理費をかけるよりは、新しい車に乗り換える方がメリットが大きいと言えます。

修復歴車のリスクが心配なら乗り換えを

車の修理歴によって事故車扱いとなる場合は、乗り換えの検討をおすすめします。その理由としては、修復歴のある車の場合、売却時の査定において、修復歴のない中古車よりも20~50%査定額を減額されるケースがあることが挙げられます。

また、軽い事故の場合には、修理をしても修復歴がつかないこともありますが、こうしたリスクを心配するのであれば、乗り換えて車を手放した方が良いと言えるでしょう。

事故車は廃車にするより売却した方が良い

事故車を処分して乗り換えを検討する場合、廃車にするよりも買取の検討がおすすめです。その理由としては、廃車にする場合でも、最低1万円以上の費用がかかることが挙げられます。

この金額には、車の引取手数料に加えて廃車に伴う書類手続きの費用も含まれており、業者によって金額は異なりますが、車の引取手数料を無料に設定している業者もあります。

廃車にする場合、少なからず費用がかかりますが、買取にする場合には、このような費用はかかりません。また、各業者が個別に修理工場を保有しているケースが多く、買取後に費用をかけずに修理した上で再販できるため、お得に処分できると言えるでしょう。

事故車でも買取してもらえるのはなぜか

日本では、修復歴のある事故車でも、買取業者によって買い取ってもらえます。しかし、なぜ事故車でも廃車ではなく、買取が成立するのでしょうか。

海外で中古車としての需要があるから

事故車でも買取してもらえるかというと、日本と海外との価値観の違いが挙げられます。具体的には、日本では廃車扱いとなって価値がなくなた車でも、海外では修理できていれば問題ないという考え方に加えて、価格が安いということでニーズが高い傾向にあります。

このような事情から、日本で買い取った廃車を海外に輸出し、利益を出すことができるため、廃車買取サービスという事業が成り立っているということになります。

パーツとしての価値があるから

中古車の買取の場合、新たな買い手のもとで車として使用されることが前提であるため、安全に乗れる状態であることが求められます。しかし、事故車の場合は、通常の中古車に比べて価値は低く、安全に乗れない状態であっても、分解すれば再利用できるパーツが残っています。

そのため、車自体の価値はなくてもパーツ自体の価値はあるため、買取業者は、こうしたパーツをリサイクルして再販することができ、事故車でも買取をしているということになります。

事故車の買取査定のポイント

事故車は、ダメージが軽いものから重いものまで幅広く、ダメージによっては分解しても使えないパーツもあります。このような状況を受けて、事故車の買取査定では、以下のようなポイントを重視しています。

修復歴の有無が重要

中古の買取査定でも同様のことが言えますが、修復歴の有無が買取査定に影響を及ぼします。具体的には、車のフレーム部分の交換や修理した形跡があることが重視されます。

また、中古車を購入した場合、自分が所有している期間にこのような修復歴がないと思っていても、実は前の所有者で修復歴があったという可能性もあるので注意が必要です。従って、査定に影響するのは事故車かどうかよりも修復歴があるかどうかが重要なポイントとなります。

パーツごとの需要

事故車の場合、分解された上でパーツごとに買取されることもあるため、どのパーツが買取できるかが重要なポイントです。具体的には、エンジン・マフラー・アルミホイール等のパーツは、高額買取に繋がる可能性が高いと言えるでしょう。

また、近年では標準装備されていることが多いカーナビは、故障していない場合を除いて買取してもらうこともできます。ただし、事故によって全体的にダメージが酷い場合は、パーツごとの買取すらできない可能性もあります。

小さな傷やへこみはあまり影響しない

言うまでもなく、新車に近い状態であるほど車の価値は高く、高額な買取が期待できます。しかし、小さな傷やへこみ程度であれば、修理していなくても買取は可能です。

しかし、買取査定を受ける前に、市販の研磨剤などを使用して自分で修理しておくと、査定額がアップする可能性も期待できると言えるでしょう。また、バッテリー切れでエンジンが作動しない状態でも、出張買取をしている業者もあるので安心です。

年式は新しい方が有利

車の年式は、古いほど価値が下落し、同じようにパーツの価値も下落します。そのため、年式の古い車の場合は、査定額が低くなる傾向にあります。

ただし、年式の古い車の場合でも、希少価値があるなど人気の車種であれば、相場よりも高く買取してもらえる可能性も期待できると言えるでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

事故車をできるだけ高く買取してもらうには

事故車を買取査定に出す場合、車体フレームの部品交換などの修復歴の有無が重要なポイントとなります。それでは、事故車をできるだけ高く買取してもらうためには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

車の市場価値を把握しておく

車の価値は、年式が古くなるごとに下落するのが一般的です。しかし、買取の依頼を検討している場合は、先ずは愛車にどれくらいの価値があるのか相場を調べることが重要です。

その理由としては、相場を把握することで適正価格がわかり、売却を有利に進められるようになることが挙げられます。そのためには、複数の業者で査定を依頼し、査定額を比較することをおすすめします。

プラスとなるポイントはしっかりアピール

買取業者としては、できるだけ安く買取して高く売りたいという心理が働きます。また、査定時には、車の良いところが見逃されてしまう可能性も考えられるため、オプションパーツや禁煙車だったことなど、プラスとなりそうなポイントはしっかりとアピールしておくことをおすすめします。

また、買取業者から提示された査定額が事前に知らべた相場よりも低い場合、担当者に査定額の根拠を聞き、優良な業者を見極める目安にすると良いでしょう。

査定額がアップしそうな時期を狙う

各業界には繁忙期があり、そのタイミングを見極めることで、より高値での買取が実現しやすいと言えます。

新車の発売やニーズの高い時期

車買取においては、新型車などが発売される4~7月と9月頃が高く売れる時期と言われています。

また、新年度が始まる直前は、新社会人や大学生が初めて乗る車として軽自動車を購入する傾向があるため、このタイミングを狙うと軽自動車は高く売れやすいと考えられています。

このようなタイミングを狙うと、必ずしも査定額がアップするとは言い切れませんが、高く売れそうなタイミングを見極めて売却するのもおすすめです。

自動車税還付の手続きをする

4月1日時点での車の所有者に対しては、4月1日から翌年の3月31日までの1年分が自動車税として課税されます。しかし、年度の途中に廃車にすると、自動車税は前払いしているため、余分に支払った自動車税が還付されます。

そのため、廃車手続き完了後、税務署から届く還付通知書を郵便局に持参し、還付金を受け取ることができます。このように、自動車税還付の手続きを忘れずにすることによって、買取代金と併せて税金の還付金を受け取ることができます。

修理はせずそのまま査定に出す

事故車を買取してもらう場合、修理をせずにそのまま査定に出す方が良いでしょう。その理由としては、修理をした上で査定に出すと、査定額よりも修理費用の方が上回ってマイナスになる可能性があることが挙げられます。

また、修復歴がついてしまう程度の事故車では、修理をしても査定額がアップすることはほとんどないため、先ずは修理せずに査定に出してみることをおすすめします。

廃車買取を得意としている業者を選ぼう

車の買取業者は数多く、業者によって査定額が異なるため、サービス内容を確認して自分に適切な業者を選ぶなど、損しないようにしましょう。また、近年では、店舗に出向いて査定してもらわなくても、業者の公式サイト上で査定できるケースも増えています。

廃車買取ならカーネクストがおすすめ

廃車買取サービスのカーネクストは、日本全国をサービスエリアにしており、年中無休での対応しているのでおすすめです。

カーネクストの特徴

カーネクストでは、無料で査定を行っていることに加えて、以下のようなサービスが特徴です。

  • 0円以上の買取保証
  • レッカー引取り無料
  • 書類代行無料

このようにカーネクストでは、廃車処分に伴う手続きが全て無料で追加費用も一切かからないため、廃車処分が初めての人でも安心して利用できます。

さらに、独自のネットワークを駆使して海外で販売を行っているため、他社の廃車買取サービスに比べて販路が広いことがメリットとして挙げられます。

カーネクストの買取実績

カーネクストでは、トヨタ・レクサス・日産などの国産車を始め、キャデラック・クライスラー・アルファロメオなどの外車の買取実績が豊富です。

また、これらのメーカー以外でも、国内外のあらゆるメーカーの買取に対応しており、車検切れや多走行などの状態に関わらず買取を行っています。

廃車受付

カーネクストの買取査定は、電話かメールのどちらかで受け付けています。どちらの方法でも年中無休で受け付けていますが、電話の場合は8:00~22:00、メールの場合は24時間対応しています。

なお、車種や年式などの状況を確認後、最短で5分以内に回答があるなど、スピーディーな対応が魅力です。

成約後

電話やメールで詳細を確認後、成約となった場合、車を引き取る日程を打ち合わせします。カーネクストでは、車の引き取りを最短当日でも実現でき、土日や祝日にも対応しているため、休日が利用できるので便利です。

なお、事故車や故障車の場合は、無料でレッカー引き取りを行っておりますが、成約後にキャンセルすると、違約金として30,000円が請求されるので注意が必要です。

廃車手続き

車の処理に応じて、必ず車の所有者本人が必要書類に記入します。廃車の場合は、永久抹消の手続きが行われますが費用はかかりません。書類に不備がないことが確認されると、指定した金融機関の口座に買取金額が振り込まれます。

なお、抹消手続きが完了後、手続きが正式に完了したことを知らせる書類が郵送で届きます。このようなカーネクストでの手続きは、公式サイトでも詳しく掲載されており、廃車手続きが初めての人にもわかりやすく解説されています。

参考:カーネクスト

事故車の買取を有利に進めよう

事故車を買取に出す場合、事故車ということで査定額が低いと考えがちです。しかし、事故の状態によっては、通常の中古車と同様の査定額になる可能性もあるため、事前に相場を調べた上で査定に出してみることをおすすめします。

また、車体に大きなダメージがある場合は、自分で修理することは難しいですが、小さい傷れあれば、自分で修理して良い状態で買取に出すことができます。

そして業者によっては低価格の査定になる可能性もあるため、カーネクストをはじめとした複数の業者に査定を依頼し、優良な業者を見極めて買取を有利に進めていきましょう。

0円以上買取保証