トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

老朽化により故障してしまった車や事故で動かなくなった車は、永久抹消登録手続きを経て廃車になるのが一般的です。しかし、廃車手続きには、解体や運搬にかかる費用が発生し、車両販売店などに手続きの代行を依頼すると、代行手数料がかかる場合があります。

なお、廃車買取業者に手続きの代行を依頼すると、代行手数料が無料になるだけでなく、車自体を買い取ってもらえるのでお得です。ここでは、廃車手続きにかかる費用や還付金に加えて、廃車買取業者の特徴について解説していきます。

車の廃車手続きは2種類ある

車の廃車手続きには、二度と使用できなくなる「永久抹消登録」と、一時的に使用を停止する「一時抹消登録」の2種類が設けられています。ここでは、それぞれの手続きについて詳しく解説していきます。

車の処分を前提とした永久抹消登録

所有している車を処分するにあたって、道路運送車両法に基づいて、2種類の抹消手続きのどちらかを選択することになっています。また、普通車の場合は陸運支局軽自動車の場合は軽自動車検査協会にて手続きを行うことになっています。

2種類ある抹消手続きのうち永久抹消登録は、一度手続きすると、その車を二度と使用できなくなります。そのため、老朽化によって古くなった車や故障車、自然災害などによる水没車などを処分する際にこの手続きを行います。

一時的に使用を停止する一時抹消登録

一時抹消登録は、一時的に車の使用を停止するための手続きです。そのため、海外出張や長期入院などで一定期間車に乗らないという際にこの手続きを行うことで、税金や自賠責保険を支払う必要がなくなります。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

なお、一時抹消登録は、車が二度と使用できなくなる永久抹消登録とは異なり、再び車を使用したい時に「中古車新規登録」を行えば、これまで通り車を使用できることになります。

この中古車新規登録を行う場合、自動車保管場所証明書を手配し、車検証や一時抹消登録証明書などの必要書類を準備し、管轄の警察署にて手続きできます。

車の廃車手続きにかかる費用の内訳と目安

車の廃車手続きには、単に書類の提出を以って完了という訳ではなく、費用がかかります。また、以下のように、手続きの種類によって費用が異なり、業者に手続きの代行を依頼する場合は、代行手数料がかかるケースもあります。

永久抹消登録にかかる費用

永久抹消登録の場合、主に解体費用・運搬費用・リサイクル費用の3つを合わせた費用がかかります。このうち、解体費用は1万円~2万円程度、運搬費用は5千~1万円程度、リサイクル費用は8千~2万円程度が相場となっています。

なお、リサイクル費用については、車種によって費用が異なり、普通車では1万円程度、軽自動車では8千円程度、外車では2万円程度となっています。

また、平成17年以降に新車として購入した車の場合、リサイクル費用を先払いしているため、新たに支払う必要はありません。

一時抹消登録にかかる費用

永久抹消登録の場合、数万円程度の費用がかかりますが、一時抹消登録を自分で手続きする場合、廃車手続き代金としての350円で済むため、ほとんど費用はかかりません。

なお、ナンバープレートを外すために、業者を往復する費用として0~3万円程度かかるケースもあります。ただし、業者によって費用が異なるため、複数の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

代行を依頼する場合の費用

永久抹消登録や一時抹消登録は、自分で手続きすることもできますが、ディーラーや車両販売店に手続きの代行を依頼することもできます。ただし、無料で手続きを代行してくれる業者もあれば、代行手数料を請求する業者もあります。

また、依頼先の業者によって費用が異なるため、複数の業者の代行手数料を事前に調べておくことをおすすめします。なお、廃車と引き換えに新たな車の購入を検討している場合は、ディーラーや車両販売店に手続きの代行を依頼するとスムーズです。

車の廃車手続きで戻ってくるお金がある

車の廃車手続きをすると、数万円程度の費用がかかり、出費しかないというイメージが強いかもしれませんが、実は手続きすると還付されるお金もあるので知っておくと便利です。

自動車税の還付金

車の廃車手続きで戻ってくるお金の中に、地方税の一つである自動車税があります。自動車税は、毎年4月1日時点で車を所有している人が支払う税金のことで、自動車税の還付金を受け取れるのは、廃車手続きを行った時に限るので注意が必要です。

なお、還付金の手続きは、車の廃車手続きと同時に行われたことになり、廃車手続き完了後日の翌月から、月割計算した金額を受け取ることができ、数カ月後に還付通知書が送付されます。

ただし、自動車税の還付は、軽自動車に対しては行われないことになっているので注意が必要です。

重量税の還付金

自動車重量税は、地方税の自動車税とは異なり、自動車重量税法に基づく国税となっています。この税金についても、車の廃車手続きによって還付されることになっており、車検の有効期間が1カ月以上残っていた場合に月割りで還付されます。

なお、還付金を受け取るためには、運輸支局または軽自動車協会で抹消登録の手続きの際に、所定の用紙に自分の口座を記入する必要があります。運輸支局や軽自動車協会にて手続き後、数カ月を経て指定した口座に国税局から還付金が振り込まれます。

保険の還付金

車の保険には、自賠責保険と任意保険の2種類があります。各保険会社に申請することで、還付金を受け取ることができます。

自賠責保険の場合

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づいて加入が義務づけられており、車の廃車手続きを行った際には、還付金を受け取ることができます。

ただし、還付金を受け取るには、廃車手続きしたことを証明する書類の写しを準備し、加入している保険会社への申請が必要です。なお、還付金の算出については、保険会社に申請した日を基準とするため、廃車手続き後は速やかな手続きをおすすめします。

任意保険の場合

任意保険の場合、加入している保険会社によっては、還付金を受け取ることができます。また、自賠責保険と異なり、法律に基づいて義務づけられている訳ではないため、好きなタイミングで解約できます。

なお、還付金を受け取るには、自動車重量税や自賠責保険と同様に、加入している保険会社への申請が必要です。

廃車手続きの方法と流れ

廃車手続きには、永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があり、必要書類や手続きの流れが異なります。ここでは、それぞれの手続きに必要な書類と流れについて順に解説していきます。

廃車手続きの必要書類

廃車手続きを自分で行う場合、それぞれの手続き方法によって以下のような書類の準備が必要です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

永久抹消の場合

永久抹消登録を自分で行う場合の必要書類は、以下の通りです。

  • 印鑑証明書(所有者のもので、発行から3カ月以内であること)
  • 委任状(所有者の実印が押印されていること)
  • 車検証
  • ナンバープレート(2枚)
  • 移動報告番号と解体報告記録がなされた日がわかるもの
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

一時抹消登録の場合

一時抹消登録を自分で行う場合の必要書類は、以下の通りです。

  • 印鑑証明書(所有者のもので、発行から3カ月以内であること)
  • 委任状(所有者の実印が押印されていること)
  • 車検証
  • ナンバープレート(2枚)
  • 移動報告番号と解体報告記録がなされた日がわかるもの
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

なお、車検の有効期限が1カ月以上残っており、自動車重量税の還付手続きを同時に行う場合は、マイナンバーカードや口座番号がわかる金融機関の通帳などが必要です。

永久抹消登録の方法と流れ

永久抹消登録を自分で行う場合、以下のような手順で進めていきます。

  • 必要書類と費用を準備
  • 運輸支局の場所を確認
  • 運輸支局で用紙の入手と作成
  • ナンバープレートの返納
  • 運輸支局窓口に書類を提出
  • 税申告窓口に自動車税・自動車取得税申告書を提出

なお、自動車税・自動車取得税申告書の提出については、地域によっては申告が不要な場合もあるため、事前に調べておくことをおすすめします。

一時抹消登録の方法と流れ

一時抹消登録を自分で行う場合、以下のような手順で進めていきます。

  • 必要書類と費用を準備
  • 運輸支局の場所を確認
  • 運輸支局で用紙の入手と作成
  • 印紙販売窓口で印紙の購入
  • ナンバープレートの返納
  • 登録識別情報等通知書の交付
  • 税申告窓口に自動車税・自動車取得税申告書を提出

なお、永久抹消登録との違いは印紙の購入で、廃車手続き代金として350円を印紙を購入してい支払うことになっています。

お金がもらえる廃車方法も

車を廃車にすると、廃車手続きに費用がかかります。しかし、廃車買取業者を利用すると、廃車手続きを代行してくれるだけでなく、使用できなくなった車でも買い取ってくれるのでお得です。

廃車買取ならお得に廃車手続きができる

廃車手続きは、車両販売店に代行を依頼したり、自分で手続きするのが一般的ですが、廃車買取業者を利用するのも選択肢の一つです。

廃車買取業者の魅力

廃車買取業車に依頼すれば、廃車手続きを代行してもらえるため、書類の記入などの手間が省けるだけでなく、利益を出すこともできるのでお得です。

また、どのような状態の車でも、買取保証してくれる業者も増えており、廃車手続きの代行手数料も無料にしている業者もあります。

廃車を買い取る理由

しかし、なぜこのような廃車買取という事業が成り立っているかというと、海外で需要があることが挙げられます。

日本では、老朽化によって使えなくなった車や事故による損傷の激しい車は、価値がないと見なされるのが一般的です。しかし、海外では、どのような車であっても、修理して走行できるのであれば価値があると考えられています。

従って、廃車買取業者は、日本で廃車を買い取り、修理を施した上で海外に流通させて利益を得ています。また、車としては使用できない状態であっても、解体することで使用できるパーツもあるため、さまざまな利用価値があります。

廃車買取ならカーネクスト

カーネクストは、全国対応の安心サポートと業界トップクラスのサービスが魅力の廃車買取業者です。車両販売店に廃車手続きの代行を依頼する場合、故障した車の運搬費用が5千円~1万円程度かかり、廃車手続きの代行手数料がかかってしまいます。

しかし、カーネクストでは、レッカーを使った運搬費用が無料であることに加えて、廃車手続きの代行手数料も無料なので、一切費用はかかりません。

カーネクストは高価買取が魅力

さらに、どのような状態の車でも、0円以上の買取保証を約束しており、年式や走行距離に関わらず、以下のような高価買取実績を誇っています。

メーカー車種年式走行距離買取価格
日産ブルーバード KT5101970年300,000km10,000円
マツダファミリア BF5P1985年156,652km30,000円
ローバーミニ1990年120,000km105,000円
トヨタハイエースバンLH172V2003年243,000km400,000円

このように、年式が古く、走行距離が多い場合でも、海外での需要が高い車種については、高価買取されているということがわかります。また、ユーザーの満足度も高く、カーネクストを実際に利用したユーザー満足度は95%と高く、満足度の高いサービスが行われていることがわかります。

お得なキャンペーンも実施

カーネクストでは、廃車予定日の56日以上前の成約で、クオカードがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。プレゼントされるクオカードの金額は、廃車予定日から遡った日数に応じて異なり、56日以上前の成約で5,000円分、28日以上前の成約で3,000円分、14日以上前の成約で1,000円分となっています。

また、カーネクストを過去に利用した人から紹介を受けて成約した場合、紹介者と成約者それぞれに4,000円がキャッシュバックされるキャンペーンも実施しています。

年中無休での対応

カーネクストでは、経験豊富な専門スタッフが年中無休で対応しています。また、電話とWebのどちらかで査定を受け付けており、電話の場合は8:00~22:00、Webの場合は24時間対応なので、忙しい人にも便利です。

なお、電話での受付の場合、スマホからの通話も無料で、全国対応しています。

海外への販路が広い

カーネクストは、独自の海外輸出ルートを保有しているため、海外への販路が広いという特徴があります。また、海外で需要の高い車種やメーカーを熟知しているため、ディーゼル車やバンタイプの商業車は高価買取が期待できます。

なお、日本のディーゼル規制で使用できなくなった車でも、海外での需要に合わせ、販路を的確に判断しています。

参考:カーネクスト

賢く廃車手続きをしよう

車の廃車手続きを自分で進めるには、揃えなければならない書類も多く、費用もかかってしまいます。一方で、車両販売店に手続きの代行を依頼しても、所定の費用に加えて代行手数料がかかってしまいます。

しかし、廃車買取業者に手続きの代行を依頼すれば、廃車に関する費用がかからないだけでなく、使用できなくなった車を高価買取してもらえるのでお得です。

また、業者によって特徴やサービスが異なるため、カーネクストのようなユーザー満足度の高い業者で賢く廃車手続きしましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!