エンジンは車の基幹部分であり、これが故障すると車としての機能が失われてしまいます。エンジントラブルといっても程度は車ごとに違い、エンジンのかかりが悪い、異音がする程度の場合もあるでしょう。しかし、トラブルを抱えたまま使用していると、いつか損傷して動かなくなります。

場合によっては突然エンジンがストップしてしまい、出先で困る可能性もあるので注意しなければなりません。エンジンが故障した場合は、載せ替えが必要です。エンジン載せ替えは修理の中でもハードルが高いため、故障した際にはどのように対処すべきか考えておきましょう。

エンジン載せ替えの費用はいくらかかるか

エンジントラブルが起きた際には、素早く修理、メンテナンスをすることが大切です。しかし、修理をするには当然費用がかかり、これがいくらするかによって直すかどうかを決める人も多いでしょう。

修理代があまりに高価になるなら、無理に直さず処分して買い替えたほうがお得になるケースも多いです。エンジン載せ替えの場合はいくらかかるのか、大体の相場を知っておきましょう。

10万円以上が基本

エンジン載せ替えの費用は修理の中でも特に高く付きやすく、最低でも10万円以上が相場と考えましょう。エンジン載せ替えには高い技術が必要なため、作業工賃だけでも10万円以上することが多いです。

つまり、最低価格で済ませられるのは、載せ替えようのエンジンをすでに持っている場合のみで、購入が必要ならさらに部品代もかかると考えましょう。

ひとくちにエンジンといっても値段はピンからキリまであり、新品か中古品か、故障した部品を修復したリビルト品かで違います。

新品だと50万円以上かかり、特に費用が高額になるので注意が必要です。中古品でも安くて10万円程度のことが多く、エンジンの購入と作業工賃の両方が必要なら、最低20万円程度はかかると考えましょう。

100万円以上かかる場合も

業者ごとに作業工賃は違い、購入するエンジンによっても費用は異なります。そのため、高いものにあたってしまうと、エンジン載せ替えだけで合計100万円以上かかるケースも少なくありません。同じ作業でも、業者によって作業工賃が違っている場合は多いため、法外な費用を請求する業者は避けることが大切です。

また、エンジン自体も高価なものを探すときりがなく、パーツだけで100万円以上するものもあります。基本的には新品がもっとも高価ですが、その中でもメーカー純正品やプレミアがつくようなレアな部品、外車のエンジンなどは特に値が上がりやすいです。

特に海外から取り寄せなければならない場合は、部品の購入代に輸送費も含まれ、さらに割高になります。業者と使用するパーツの選び方によって、エンジン載せ替え費用は大きく変わると考えましょう。

エンジン載せ替え車でも車検は通るか

エンジントラブルがあって故障した場合は、載せ替えによって不具合を解消します。エンジンは高価なため、基本的には故障時に限って載せ替えをすることが多いですが、人によってはカスタムの一環で行うこともあるでしょう。

カスタムをすることで車の魅力は増し、奥深い楽しみを味わうことができますが、問題は車検が通るのかということです。カスタムを改造と捉え、違法だと考える人も多いでしょうが、実際はそうではありません。

法律で定められた保安基準の範囲内なら、どれだけカスタムをしても問題はなく、法的に認められた改造車は数多く存在します。エンジン載せ替えは車を根本から変える改造ですが、これは車検時にどのように扱われるのかを知っておきましょう。

同じ車種のエンジンならOK

エンジン載せ替えを行っていても、同じ車種のパーツを使用しているなら問題はありません。同じ車種のエンジンなら、馬力や排気量が変わることはなく、載せ替え以前と以降で保安基準上の変更点はほぼないと考えましょう。

むしろ不具合があった場合なら、少しでも状態の良いものに載せ替えをすることで、車の品質も上がるくらいです。車種が同じならエンジン載せ替えに何ら問題はないため、車検時に特別な申請をする必要もありません。

別車種のエンジンは構造変更申請

別の車種のエンジンを載せ替えて、排気量が変わってしまう場合は注意が必要です。この場合は構造変更申請を出して、改造車であることを法的に届け出なければなりません。エンジンを全く別物に載せ替えてしまうと、車の根本的な部分からの改造に該当します。

大幅な変更の場合は構造変更申請で車検証の記載自体を変えてもらう必要があり、申請をせずに公道を走ると違法改造車として処罰されます。構造変更申請を行うと、車検自体も更新され、車検の有効期限はそこから2年です。

通常の車検を更新した後すぐに、別車種のエンジン載せ替えをすると、また車検を更新することになり手間と費用がかかります。余計なコストを抱えないためにも、別車種のエンジン載せ替えなら車検更新時期に合わせて行ったほうが良いでしょう。

改造許可が下りるハードルは高い

カスタム・改造は保安基準の範囲内で行うこと、そして申請して許可が下りることが大切です。どれだけ大幅な改造でも、基準を守って許可さえ出るなら、全く問題はありません。しかし、エンジン載せ替えの場合、改造許可が下りるハードルは非常に高く、簡単には許可してもらえないことは理解しておきましょう。

構造変更申請は、申請すれば必ず許可が下りるというものではありません。申請後に厳密な検査を受け、その後許可の有無が決定します。エンジン載せ替えは大幅な改造なので、特に厳しい審査となり、許可が下りるハードルは高いです。

エンジン載せ替えをする際の注意点

エンジン載せ替えをする際にはいくつか注意点があり、それを守って行うことが大切です。注意点を守れていないと、載せ替えで失敗したり、余分なコストがかかったりすることも少なくありません。

エンジン載せ替えは費用も高く、作業のハードルも高いだけに、他のパーツをいじるよりも注意が必要なことは覚えておきましょう。

エンジン以外が劣化している可能性

エンジントラブルによって載せ替えを検討している場合は、エンジンやその周辺だけではなく、車全体の劣化具合を確認しておきましょう。エンジンは経年によって劣化しますが、トラブルが出るほどに使い込んでいるとなると、別のパーツも同じように劣化している可能性があります。

仮にエンジンを新しいものに載せ替えたとしても、別のパーツの劣化によって、性能がダウンし、使い勝手が悪くなることも少なくも多いです。エンジンは重要なパーツですが、車の性能はそれだけで決まるわけではなく、その他のパーツの状態も大きく影響します。

せっかく高い費用をかけてエンジンを載せ替えたのに、他の部分の劣化で結局処分しなければならないということもあります。エンジントラブルは車の処分を決めるひとつの機会なので、載せ替え以外の選択肢も考慮することが大切です。

工賃が高くても素人作業は危険

エンジン載せ替えのネックとなるのはコストの高さで、特に作業工賃は高額になりやすいです。少しでも費用を抑えるために、業者に依頼せず自分で載せ替えをしようと考える人もいるでしょうが、これは非常に危険です。

エンジン載せ替えは難易度が高く、素人作業では上手くできないことも少なくありません。よく分からないままに手をつけ、かえって状態を悪くしてしまう危険性もあります。また、仮に載せ替えが完了しても、本当に正しく取り付けられているかは分かりません。

間違った取り付け方だと、またすぐにトラブルを起こし、余計にコストがかかる可能性もあるため、載せ替えは無理せずプロに依頼したほうが無難です。

廃車買取もおすすめ

エンジンに問題があるなら、無理に載せ替えをせず、この機に処分するのもひとつの方法です。エンジン載せ替えの費用を考えれば、新しく中古車を買ったほうが安い場合も少なくありません。

エンジンが故障していても、廃車買取業者になら売却は可能です。高いコストを抱えるよりも、売却処分で利益を得て、新しい車を購入したほうが、安く、長く使えて良いでしょう。

カーネクストは不動車でも買い取れる

カーネクストは、不動車や故障車の買取にも対応しています。パーツ単位で見て査定をしてくれるので、エンジン以外の部品が綺麗に残っているなら、高額査定も期待できるでしょう。また、車両の引き取りも無料のため、自走できない車もスムーズに買い取ってもらえます。

参考:カーネクスト

エンジン載せ替えのコストは高い

エンジン載せ替えは、車の全修理の中でもコストが極めて高いです。修理するよりも買い替えたほうがお得になるケースは多いので、エンジンが故障したなら処分も検討しましょう。

廃車買取なら、エンジンが故障しているような状態の悪い車でも、積極的に買い取ってくれます。修理にかかる費用と買い替えのコストを比較し、よりお得になるほうを選ぶことが大切です。