トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車が動かないと困り、焦ることもありますが、修理で対応可能な場合は多いです。動かなくなる原因は複数考えられますが、どの場合でも基本的に対処方法はあります。

業者に依頼して修理してもらうだけではなく、自分で簡単に対処できることもあるため、まずは焦らず状況を確認することが大切です。

ただし、修復はできても、コストや手間がかかり過ぎて、結果的に損をすることもあります。車が動かない場合は、直すべきかどうかも含めて、対処の仕方を考えましょう。

車が動かない主な原因

トラブルを上手に切り抜けるには、まずは車がなぜ動かないのか、原因を探ることが大切です。車が動かない原因は、主に以下のものが挙げられます。

  • 操作ミス
  • ガス欠
  • バッテリー切れ
  • エンジントラブル

操作ミスやガス欠の場合は、簡単に直すことができますが、バッテリー切れやエンジントラブルは業者に修理を依頼しなければならないことが多いです。

操作ミスでは、シフトレバーの位置が間違っている、エンジンをかける際にブレーキを踏んでいないなどが挙げられます。運転に慣れている人ほど、初歩的な部分に気づかず動かないと焦ってしまうことは多いので注意しましょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

ガス欠はガソリンスタンドまで押していったり、携行缶を使って簡易的に補給したりで対処できます。車が動かない場合は、可能性を一つずつ探ることで、おのずと何が原因なのかが判明するでしょう。

原因ごとの対処法

車が動かない場合の対処法は、原因ごとに違います。特に修復に手間がかかり、バッテリーとエンジンのトラブルは、詳細な対処法を知っておくことが大切です。それぞれどのように対処するのかを知り、不測の事態も上手に切り抜けましょう。

バッテリー関係のトラブル

バッテリー関係のトラブルの場合、まずは単にバッテリーが上がっているだけなのか、バッテリーそのものが故障したのかを考えましょう。ライトやハザードを付けたままだったり、エンジンをかけずに冷暖房を長時間付けていたりすると、バッテリーは上がります。

心当たりがあるなら、バッテリーのチャージだけで対処が可能です。バッテリーチャージなら充電するだけですぐに動かすことができ、バッテリーに繋ぐケーブルと車があるなら、その場で直すこともできます。

しかし、周囲に協力を仰げない場合は業者に持っていくしかないので、無理なら修理工場へ運んでもらいましょう。バッテリー上がりではなく、そのものが故障した場合は、いくら充電しても直りません。部品を交換してもらうか、諦めて処分するかを考えましょう。

どちらの場合でも、その場で対処できないことは多いので、バッテリー関係のトラブルと分かった時点で業者を呼ぶのが無難です

エンジン関係のトラブル

エンジン関係のトラブルには注意が必要で、特にオーバーヒートを起こしている場合はとにかく安全の確保に努めましょう。異常なくらいに変な音がする、車が熱くなっていると感じた場合は、すぐにエンジンを止めて使用を停止することが大切です。

冷却装置が上手く作動していないと、異音がしたり温度が高くなったりして、エンジンに負担がかかります。そのまま使用し続けると、温度が上がって発火する恐れもあります。ガソリンに引火して爆発する危険性もゼロではないので、すぐに止まってそれ以上温度を上げないようにしましょう。

エンジントラブルになった場合は、無理にエンジンをかけようとせずに、車を安全な場所に動かし、車から離れて待機することが大切です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

修理工場が近くにあっても、無理に運転して持ち込もうとせず、引き取りに来てもらったほうが安心でしょう。エンジントラブルは素人では対応できないことが多いので、すぐにプロに任せて状態を見てもらうことが大切です。

車が動かない場合は修理か処分か

車が動かない場合、原因にもよりますが、車自体が劣化していることも多いです。車は消耗品なので、どれだけ丁寧に使っていても、いつか必ず故障します。使い込むごとに故障する可能性は高くなり、今修理してもすぐに新たな故障が見つかることもあるでしょう。

車が動かなくなったなら、一度修理するか処分するかを考えてみることが大切です。修理と処分はどのように決めるのか、ポイントを知っておきましょう。

すぐ直せるなら修理

動かなくなってもすぐに直すことができ、その後の使用に問題がないなら修理したほうがよいでしょう。操作ミスやガス欠などなら、すぐに原状回復を目指すことができ、一時的に動かなかったからといって、性能が劣化することもありません。

また、バッテリー関係のトラブルでも、バッテリー上がりだけならすぐに対応は可能で、修理しても数千円程度で済みます。

安いコストで使用を再開できるなら、買い替えるよりはかかる金額も安く、お得になりやすいでしょう。すぐに修理できる、あるいは修理にかかる費用がほとんどないなら、修理して長く使うのもおすすめです。

保険が使えるかも確認

保険の加入状態や車が動かなくなった原因次第では、保険が使えることもあります。保険が使えるかどうかは重要なポイントで、保険適用でコストがほとんどかからないなら、修理もおすすめです。仮に修理代が高額になっても、保険で全額カバーできるなら、修理しても問題はないでしょう。

修理代がいくらかかるかではなく、実質自分が負担する金額はいくらかで修理か処分を決めることが大切です。ただし、保険を使うと等級が下がり、翌年度以降の保険料が増えます。長期的なコストが増えることも考慮して、保険を使うべきかを考えることも大切です。

車が古いなら処分を検討

保険の適用や自己負担の程度に関係なく、車が古くて劣化しているなら、動かなくなったことを機に処分するのもよいでしょう。車は時間の経過で少しずつ劣化していき、経過年数が増えるほど故障の頻度も多くなります。

修理してもすぐに別の不具合が発生し、修理が必要になってコストがかさむことも多いです。維持費が高く付きそうなら、修理を諦めて処分したほうが、結果的に金銭的なメリットに繋がるでしょう。

廃車買取業者は不動車にも対応

動かなくなった車を処分するなら、廃車買取業者に査定に出すのがおすすめです。廃車買取業者なら、不動車の買取にも対応しており、状態次第では高値が付くこともあります。手放す際には解体処分ではなく、売却による処分も検討してみましょう。

カーネクストは無料で車両引き取り

カーネクストは不動車や故障車の買取にも対応しているだけではなく、車両引き取りも無料で行っています。車両の引き取りにはレッカー代が1万円程度かかる業者が多いですが、カーネクストなら初期費用は不要で、よりお得に売却できます。

どのような状態の車でも、0円以上で買取保証をしており、全く値が付かないという心配もありません。

参考:カーネクスト

車が動かない場合も焦らず対処

車が動かないことには必ず原因があり、それぞれの原因ごとに対処法があります。動かなくなっても焦らず、なぜ動かなくなったのかを見極めることが大切です。修復が難しいなら、廃車買取による売却も視野に入れましょう。修理だけが全てではなく、買取に出して処分することが、金銭的なメリットに繋がることもあります。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!