トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車の故障には数多くの種類がありますが、特に厄介なのが水没です。浸水、冠水した車は水没車として扱われ、価値が著しく低下してしまいます。

また、単に価値が下がって売却時に不利になるだけではなく、そのまま継続して使用するのが難しいことも多いです。

水没してしまった場合は、まずは修理か処分かを決め、その場に合った適切な選択肢をえらばなければなりません。水没車の処理で損をしないためにも、状況に合わせた最適な方法を知っておきましょう。

車が水没した時の対処法

車が水没した場合は、エンジンをかけずにすぐに業者に引き渡すことが大切です。水没した状態でエンジンをかけてしまうと、電気系統がショートして、最悪の場合発火し、ガソリンに引火して爆発する恐れがあります。

また、水濡れしているところに無理に電気を通すことで、完全に故障してしまうことも多いです。車には多くの電気製品が搭載されていて、それらを守るためには濡れている状態で通電させないことが大切です。

まずはしっかり乾かす必要があるので、使用は控え、レッカーを呼んで修理工場やディーラーなどに運んでもらいましょう。水没といっても、状況によって程度は違いますが、被害状況がよく分からない場合は、エンジンはかけないほうが無難です。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

もしすぐにでも動かす必要があるなら、どの部分まで水没したのか、車に残った水濡れの線や車内シートへの浸水具合で確かめましょう。

車内のシートに浸水しておらず、タイヤ位置くらいまでにしか水濡れの線がかかっていないなら、使用しても問題ないケースも多いです。概況を判断するだけなら、浸水の度合いがマフラーよりも上か下かで判断し、上なら使わないと考えても良いでしょう。

修理可能か判断しよう

水没車はまずは業者に引き取ってもらうことが大切で、そこから具合を見て修理すべきかどうかの判断をします。水没も程度によっては修理で直せることもありますが、無理に直さず処分したほうが良いケースも多いです。

また、あまりにもひどい水没の場合は、そもそも修理すらできない場合があることも覚えておきましょう。修理か処分かの判断は非常に重要で、どちらを選ぶかで損得は大きく違ってきます。

どちらの選択が絶対に正しいというものではなく、状況次第で選ぶべき選択肢は違います。どのような場合は修理、あるいは処分すべきなのか、複数の状況を想定して考えてみましょう。

修理するかどうかの判断はできるだけ早く

まず大前提として覚えておくべきなのが、修理か処分かの判断は素早く決めなければならないということです。水没の場合、被害の程度に関係なく、処理が遅れるごとに状態は悪くなります。

処分に悩んでいるうちにも少しずつ被害は広がっていて、いざ直そうと思った時には、水没時よりも状態が悪く、余計な修理費用が上乗せされることもあります。

また、処分する場合でも、状態が悪くなることで引き取りの条件も下がり、結果的にどちらを選んでも損をするでしょう。処分の決定は早いに越したことはないので、あらかじめ水没した場合はどのように対処するのか、ある程度算段を決めておくことが大切です。

修理費用が高額になるケース

水没した場合、浸水の具合が深刻だと修理費用は高額になります。例えば車体がどっぷり水に浸かってしまい、電気系統やエンジンが水に濡れて故障したとします。

電気系統は少しでも水に濡れると起動しなくなることが多く、全てを取り換えるとなると100万円程度かかる、あるいは修理自体ができない場合が多いです。

エンジンは載せ替えが可能ですが、作業工賃だけで10万円程度、エンジンの部品自体は10万円から高いものだと100万円以上することもあります。

修理費用だけで中古車や安い新車なら変える場合もあるので、高額になり過ぎるなら、処分して買い替えを選んだ方がお得でしょう。

車両保険を確認する

車両保険に加入しているなら、水没の修理費用を保険で賄える可能性があります。保険会社によって提供するプランは違うので、まずは補償の対象になるかを確認し、いくら負担してもらえるかも聞いておきましょう。

大雨や洪水などの水没は車両保険の補償対象ですが、津波の場合は補償はされません。別途特約に加入しているなら別ですが、通常は補償対象にならないので注意が必要です。

また、保険が適用できても、少額しか引き出せない、あるいは上限額まで引き出せても自己負担が大きい場合は、修理は諦めたほうが良いでしょう。保険は使えるかどうかだけでなく、使用して本当に得をするかまで考えなければなりません。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車の時価を考える

車の時価から、修理に値するかどうかを決めるのも大切です。車は経年によって少しずつ価値が下がり、大体10年でほぼ価値はゼロになります。

水没した時点で10年を迎えているなら、無理に修理する必要はなく、その場で手放したほうが良いでしょう。反対に新車で購入したばかりなら、多少費用が高くついても修理する価値はあります。

もちろん、車の時価よりも修理費用が高くなる場合は処分したほうが賢明で、あくまで修理をしてもお得かが重要であることは理解しておきましょう。車の時価は参考程度であり、そもそも自己負担の金額が大きいなら処分が無難です。

水没車は修理しても長期使用が難しい

状況によっては水没車も修理して使うということもあるでしょう。しかし、一度水没した車は、修理しても劣化はしており、長期的な使用が難しいことは理解しておきましょう。

電気系統は一度濡れると機能が大きく損なわれてしまい、修理しても何らかの不具合が残っていることも多いです。ある日突然使用できなくなるということもあるので、故障リスクが高いことは理解しておきましょう。

また、車内に水が入った場合は、車の内部の奥深くまで水が残り、見えない部分でカビが発生することもあります。サビは放置しているとどんどん広がり、腐食して部品に穴を開けることも多いです。

特に海水によって水没した場合は、劣化の進行スピードも速いです。水没から完全に綺麗に状態に戻すことはまずできないと考え、修理しても寿命が短いことは理解しておきましょう。

水没車を廃車にする場合

水没車を修理するメリットはほとんどなく、実際に修理して継続使用するケースはごく稀です。多くの場合で処分となり、手放すなら廃車の手続きをしなければなりません。水没車を廃車する場合も注意が必要で、やり方次第でメリットやかかるコストは違ってきます。

廃車費用は依頼する業者によって異なる

廃車の手続きは業者に依頼することでスムーズに行ってもらえます。しかし、廃車にかかる費用は業者ごとに違い、どこに依頼するかでコストが大幅に変動することは理解しておきましょう。

ディーラーや整備・修理工場、カー用品店など、廃車の代行サービスを請け負う業者は数多くあります。依頼先次第で代行手数料が変わり、場合によっては数万円程度の費用がかかることもあるので注意しましょう。

廃車買取ならお得に水没車を処分できる

できるだけ費用をかけずに水没車を廃車処分したいなら、買取に出すのがおすすめです。通常の中古車買取業者だと、水没車は状態が悪くて引き取ってもらえない可能性もあるので、廃車買取業者を利用しましょう。

廃車買取業者なら、状態の悪い車でも価値を見出してくれることが多く、加えて廃車の手続きまで代行してもらえます。

解体処分をすると、解体の費用を請求されますが、買取なら費用はかかりません。費用をかけず、反対に少しでも利益を得て処分できるので、廃車買取は非常におすすめです。

廃車買取に特化した業者を選ぼう

ひとくちに廃車買取業者といっても、選択肢は数多くあります。業者ごとにサービス内容は違い、買取の条件も異なるので、依頼先の選定は慎重に行いましょう。

少しでもお得な条件で引き取ってもらうには、廃車買取に特化した専門業者を選ぶことが大切です。充実したサービス内容で買取を行う業者を利用することで、お得かつスムーズに愛車を処分できるでしょう。

廃車買取ならカーネクスト

水没車を廃車買取に出すなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストはどのような状態の車でも0円以上で買い取ってもらえます。

また、車両の引き取りも無料なので、業者に持ち込む際のレッカー代を心配する必要もありません。廃車手続きも無料で代行してもらえて、売却から処分までの流れもスムーズに進められるでしょう。

参考:カーネクスト

水没車を賢く処分しよう

故障車、不動車の中でも、水没車は特に状態が悪いものが多く、中古車市場では敬遠されがちです。買取に出しても値が付かないことも多いですが、廃車買取業者ならどれだけ状態が悪くても値段を付けて買い取ってもらえます。

修理して継続使用する方法もありますが、水没車は劣化が激しいので処分したほうが無難です。費用をかけずに賢く処分して、水没車を上手に手放しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!