トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は消耗品であり、どれだけ丁寧に扱っていても長年使うと故障します。故障した場合に考えたいのが、修理して使い続けるのか、処分して買い替えるのかです。修理と買い替えでは費用が大きく違い、断然修理のほうが安いと考える人もいるでしょう。

しかし、実際にはそうとは限らず、修理費が買い替えよりも高額になる、あるいは修理してもお金をかけるだけのメリットがない場合もあります。故障した時の判断の基準を知り、どのように対処するのがベストなのかを考えてみましょう。

故障した車を修理するか判断するポイント

故障した車の処分を決めるには、修理するかどうかを見極めることが大切です。ひとくちに故障といっても状況は異なり、どの場合は修理すべき、あるいは手放すべきというのは違います。絶対にどちらか一方が正しいとは限らないので、状況に合わせたポイントを知って、少しでもお得になるほうを選びましょう。

故障の程度と修理費用

修理か処分かを決める際には、故障の程度と修理費用は特に重要な指標になります。そもそも故障の程度がひどく、修理ができない、修理しても大きな不具合が残るなら、諦めて手放したほうが良いでしょう。

故障は修理しても完全に直るわけではなく、どうしても若干の不具合、劣化は残ります。その程度があまりにひどいと、修理してもすぐに悪くなって、さらに修理費用が上乗せされることも少なくありません。

また、一回の修理だけで済みそうな場合でも、それがあまりに高額なら買い替えを検討しましょう。修理費用は損傷の程度と故障箇所によって違い、数千円から数十万円、場合によっては100万円以上と幅が大きいです。

特に電気系統やエンジン、フレームの修理の場合は数十万円から100万円以上かかることも多いので、これらが故障したなら手放すことを考えましょう。

いくら補償されるか

修理費用を考える場合は、いくら補償が受けられるかも重要です。車両保険に加入しているなら、状況に応じて保険を適用させ、修理費用を賄ってもらうことができます。また、事故の場合でも相手方に非があるなら、賠償請求をして修理費用をもらうことも可能です。

しかし、これらの請求は車の時価によって決まり、故障時点での車の価値を超える金額は、基本的には補償してもらえません。つまり、修理費用が車の時価額を上回るなら、その時点で修理は諦めたほうが無難と言えます。

ただし、修理費用のほうが大きいものの、時価額がぎりぎり届きそうなラインなら、自己負担で費用を上乗せして修理するという手もあります。補償を受ける場合は、いくらもらえるかだけではなく、最終的な自己負担がいくらになるかも考慮しましょう。

年式と走行距離

故障時点での年式と走行距離も、修理するかどうかを判断する基準のひとつです。簡単に言えば、年式が古く、走行距離が長いなら修理費用に関係なく、故障したタイミングで買い替えを選んだほうが良いでしょう。

車は経年と使い込みによって劣化し、どれだけ念入りにメンテナンスをしていても、消耗を免れることはできません。古い車、使い込んだ車は修理しても、またすぐに故障してさらに修理に費用がかかるということも多いです。

故障の多い車を修理し続けるなら、新しい車に買い替えて修理なしで使ったほうが、金銭的、時間的にもお得です。最近の車は品質が向上し、20万km以上走るものも多いですが、基本的には10万kmを超えたあたりで、一度処分を考えたほうが良いでしょう。

年式は10年程度を目安にし、故障時点で10年10万kmなら、車全体の状態を見て処分も検討することが大切です。

車に対する思い入れの強さ

基本的には修理費用が高額になる、あるいは車が古く、劣化も進んでいるなら修理はせずに手放したほうが良いです。しかし、どれだけ修理費用が高額で劣化していても、思い入れが強いならコストをかけて修理しても構いません。

車は実用品でもありますが、同時に嗜好品の側面もあります。お気に入りの車を手放して後悔するなら、多少負担が大きくなっても修理して納得できるまで使い続けたほうが良いでしょう。

車はメンテナンス次第で長期間使うこともできるので、本当に修理ができなくなって寿命を迎えるまで、使い続けるのもひとつの選択肢です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を買い替えるなら買取を検討しよう

故障しても修理はせず、処分を考えているなら買取に出して手放すのがおすすめです。故障した車でも積極的に買取を行う業者は多く、多少なりとも値段を付けてもらえることが多いです。費用をかけて処分するのはもったいないため、少しでもコストを削減し、お得になる方法を選びましょう。

廃車をするにはお金がかかる

車を廃車し、処分する際には費用がかかります。解体を伴う廃車の場合は、解体の費用から業者への運搬費用などで1〜4万円程度かかることも多いです。解体せずに名義だけを抹消する廃車方法もありますが、この場合も使えない車を保有し続けることになり、コストはかかってしまいます。

ガレージを借りているならその費用はかかり続け、結局解体して処分したほうが良いでしょう。廃車方法によって費用は違いますが、少なからずコストがかかることは覚えておかなければなりません。

廃車買取ならお得に車を処分できる

故障車を処分するなら、買取業者の中でも廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。廃車買取業者なら、ボロボロの状態の車でも引き取ってくれることが多いです。ディーラーや中古車買取店だと、故障車は値段が付かないどころか、処分にかかる費用を請求される可能性もあります。

廃車買取業者なら少なくとも費用を請求されることはなく、廃車手続きまで代行してもらえ、処分もスムーズです。状態が悪くても価値を見出して値段を付けてもらいやすく、一見価値がなさそうな車が、思わぬ高額で売れることもあります。

故障車でも買取可能な理由

故障車でも廃車買取業者なら値段を付けてもらえることが多いですが、なぜ買い取ってくれるのか、疑問に思う人もいるでしょう。故障車でも業者が買い取るのは、お金を出して引き取っても、業者に利益が発生しているからです。

海外では需要があるため

故障車といっても、状態は車によって違い、中には走行自体は可能なものもあります。日本ではただ走れるだけでは価値がないとみなされることも多いですが、海外では考えが異なります。海外では走りさえするならOKと考える人もおおく、日本では売れないような車も、海外でなら売却が可能です。

廃車買取業者は海外に販路を持っていることが多く、故障車も転売して利益を得る術を持っているので、積極的に買取を行っています。

部品としての再利用も可能

車は走れなくなっても、パーツ単位で見れば価値は残っています。故障車でも使えるパーツは残っていることが多く、廃車買取業者はパーツ単位での価値を査定して、買取を行っています。そのため、自走できない車でも、残っているパーツ次第では高額査定が期待できる場合もあるでしょう。

また、全てのパーツが故障していたとしても、素材単位で見てリサイクルをすることも可能です。車は無駄にする部分がひとつもなく、資源的な価値も残っているので、どれだけ状態が悪くても買取はしてもらえます。

廃車買取に特化した業者を選ぶ

故障車を廃車買取で処分するなら、業者の選び方が重要です。廃車買取を行う業者は数多くありますが、充実したサービス内容を求めるなら、買取特化の業者を選ぶのがおすすめです。

同じ車でも、利用する業者によって査定の金額は異なり、買取の条件が違ってくることもあります。サービス内容はしっかり吟味して、本当にお得に処分できる業者を探し、買取を依頼しましょう。

廃車買取ならカーネクスト

カーネクストは故障車、不動車の買取にも対応しており、0円以上での買取保証を行っています。どれだけ状態が悪くても、パーツ単位で見て評価をしてもらえるので、他の業者で値が付かなかったものでも、買取をしてくれるでしょう。

また、廃車手続きも無料で代行してくれるので、手放す際に余計な費用がかかることもありません。車両引き取りも無料サービスで、故障して動かない車でも対応してもらえます。

参考:カーネクスト

故障車を賢く処分しよう

車が故障した際には、修理か処分かの選択は非常に重要で、どちらを選ぶかで得られるメリットは異なります。また、買い替えを選んで処分する場合でも、どの方法で手放すのかを考えなければなりません。

処分の方法によっても、得られるメリットは違ってきます。車の状態に合わせた適切な方法を選んで、故障車も賢く処分しましょう。

0円以上買取保証